« 熱い二つの「100億円の寄付」 | トップページ | 日本中、それぞれの義援金物語「母のこと、弟のこと」 »

この震災で世界が驚いた数ある日本人の凄さの二つ

Jpg 世界中で日本人への
驚きと敬愛が溢れている。

巨大地震直後
いっせいに停止した電気系統。

信号機が突然停止し
異常な渋滞状況の中
大混雑になっても
日本中どこでも
怒声、罵声をあげるもの
喧嘩するものもなく
譲り合い、冷静に
事故も皆無という
国は驚異であり
世界中どこを探しても
これを可能にするのは
日本人と日本国だけだろうと
世界中のメディアと人々が
賛嘆した。

聴く所によると
ある所では、おばさんや
ヤクザさん?まで
自主的に交通整理をした
所があるという話だ。

いずれ、日本人のお品位は
世界に賞賛されている。

また、もう一つ
世界が賞賛していることがある。

大東京、首都圏でも同じように
電車がストップし、停電した
暗い街中を帰宅難民が延々と
徒歩で行列を作り皆、4時間
5時間、6時間と歩いて帰ったのだが
その列が整然としていて素晴らしい
という話ではなく、コンビニや
さまざまな商店、事務所はもちろん
驚くことは道路沿いの一般家庭が
「どうぞおトイレお使いください。」
マジックで紙に書いて貼り
名も知らぬ帰宅難民に
トイレを提供していたのだ。

誰かがラジオやテレビや拡声器で
指示していたわけじゃない。
そんな余裕は、あの時
行政もマスコミもなかった。

大都会に住む人々の
都会生活者への同志愛でり
日本の都会人の良識の高さと
センスだ。

東日本の被災地の被災民の
素晴らしさばかりが
話題になるが、大都会の
日本人も捨てたもんじゃない。

日本人は、みな、素晴らしい。
100点満点花マルをあげたい。

|

« 熱い二つの「100億円の寄付」 | トップページ | 日本中、それぞれの義援金物語「母のこと、弟のこと」 »

人生」カテゴリの記事

コメント

本当にすばらしいと思います。
海外でハリケーンや竜巻などで街が大きく被災すると物の値段が2倍3倍4倍と跳ね上がるそうですね。僕もスーパーに列びましたが、数少ない商品もいつもと変わらない値段で売られていたし、津波で被災した各地でお店の人達が残った商品をみんなに無料で分けている光景がたくさん報道されてましたね。釜石の銭湯が営業再開したというニュースを見ました。なんと当分は無料だそうです!自分が店主だったら果たして出来るのだろうか?そう思ってしまいました。
日本人はおとなしすぎる!!とよくいわれてきました。確かにそうかもしれないけど、それはどんな時もどんな相手も思いやる気持ちなのかもしれないですね。
がんばれ日本!!そして世界に幸せを!!

投稿: ダーキ | 2011年4月 7日 (木) 00時04分

ダーキさん

日曜日、釜石に行ってきましたが
新日鉄前の被災を免れた
ぎりぎりのあたりに立っていた
大きなローソンのドアに
張り紙がありました。

「店内商品を全て町内会と
 行政の方に寄付しました。」

みんなコンビには
ロイヤリティー払い
経営している個人業主であり
ローソンという大企業では
ありません。

江戸っ子だけでなく
みちのくの浜っ子だって
江戸っ子に負けない
粋と心意気です。

私たちも一人一人日本代表として
世界に胸を張って、張れる生き方
行動をしたいものです。

投稿: | 2011年4月 9日 (土) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この震災で世界が驚いた数ある日本人の凄さの二つ:

« 熱い二つの「100億円の寄付」 | トップページ | 日本中、それぞれの義援金物語「母のこと、弟のこと」 »