« 本当に映画はいいですね。学びます。 | トップページ | ナカムラユウコウ写真展 同時開催:ナカムラユウコウの絵とコトバ展 »

井上ひさし作詞、避難所の山田小学校の校歌

Inoue2 井上ひさしは
やさしいコトバで
哲学を語る
小説・戯曲においては
奇才・鬼才。

三谷幸喜、別役実
野田秀樹、虻川幸雄などなど
井上を父と呼び、なり得なかった
憧れのライバル、世界の最先端の天才
とその賛辞を惜しまない。

仙台出身だが岩手の釜石での
生活もあり、国民的人気を
誇った「ひょっこりひょうたん島」は

岩手県釜石市の三貫島や
大槌町の蓬莱島がモデルとも
言われる。

今回の大震災で
釜石小学校は避難所になった。
体育館は避難民で溢れていた。

毎朝、ラジオ体操の後
被災者全員でこの小学校の校歌を
皆で歌ったと言う。

この校歌の作詞が、井上ひさしだ。

やさしい言葉で哲学を語ると
言われるゆえんのまさに
そういう歌詞だ。

素晴らしい歌だ。

この惨状の中卒業式が敢行。
小さな反射式のストーブ4台の
寒い寒いこの避難所の
山田小学校の体育館で
先生方、父母、避難している方々と
そしてボランティアの皆さんで、この校歌の
涙、涙の大合唱が行われたと言う。

釜石小学校校歌

一、いきいき生きる いきいき生きる
  ひとりで立ってまっすぐ生きる
  困ったときは目をあげて
  星を目当てにまっすぐ生きる
  息あるうちはいきいき生きる

ニ、はっきり話すはっきり話す
  びくびくせずにはっきり話す
  困ったときはあわてずに
  人間についてよく考える
  考えたならはっきり話す

三、しっかりつかむしっかりつかむ
  まことの知恵をしっかりつかむ
  困ったときは手を出して
  ともだちの手をしっかりつかむ
  手と手をつないでしっかり生きる

|

« 本当に映画はいいですね。学びます。 | トップページ | ナカムラユウコウ写真展 同時開催:ナカムラユウコウの絵とコトバ展 »

人生」カテゴリの記事

コメント

確かに小学生でも理解できる力強い歌詞ですね^^
いかにも校歌っぽくないし、被災されて方たちを励ますためのような歌詞です。

私の母校は小学校も中学校も統合されちゃいましたし、高校は別な場所に移転。。。
母校がひとつも残っていないのは寂しいものです。
我が薮神中学校の校歌は、堀口大学作詞・団伊玖磨作曲で
数少ない誇れるものだったのに。。。

投稿: ビバ | 2011年5月15日 (日) 22時02分

ビバさん

本当にそうですよね。

まるでこの震災の
避難所用に作った
元気の出るテーマ曲の
ようですね。

学校はなくなっても
歌う人、聴く人、
記憶する人がいれば
歌は永遠です。

投稿: | 2011年5月17日 (火) 06時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井上ひさし作詞、避難所の山田小学校の校歌:

« 本当に映画はいいですね。学びます。 | トップページ | ナカムラユウコウ写真展 同時開催:ナカムラユウコウの絵とコトバ展 »