« 井上ひさし作詞、避難所の山田小学校の校歌 | トップページ | ナカムラユウコウの絵とコトバ展 »

ナカムラユウコウ写真展 同時開催:ナカムラユウコウの絵とコトバ展

写真展・作品展開催します。案内ハガキが出来ました。

ナカムラユウコウ写真展
=日常の研究と被災地の非日常の報告=
Dmimg5160656070001_2 2011・5・27(金)-6・12(日)
10:00-18:00
木曜日・6.8(水)休み
フォト&カフェ ソルナ
盛岡市稲荷町5-4
TEL&FAX019・601・2091

同時開催:

ナカムラユウコウの絵とコトバ展
CDジャケット「ここから」の原画及び近作

6・1(水)-6・15(水)
11:00-21:00
日曜日休み
喫茶ママ
盛岡市本町通1-8-10
TEL019・622・5576

ーテーマ『日常と非日常と復興』ー

日常の中に非日常を感じ
非日常の中に日常を発見する。

日常と非日常の拮抗によって
あぶりだそうとしているのは
奇跡の連続としての日常のしあわせ。
「私は思いのほかしあわせだったのか。」
という人生の感想文。

我々は努めて日常の中に
非日常を見つけ感じ
負の非日常の中にさえ
時に安らぎを、一時の幸せを、
そして希望を見出そう。
そうでなければ、神経をやられ
疲弊し伸びきってしまう。

たとえどんなことがあっても
生き続ける限りにおいて
人は少しでもしあわせでありたい。
楽しくあって欲しい。

日常を見つめ非日常と出会う中で
日常と非日常はボーダレスとなり
幻のような非日常を越えて
むしろ日常こそ、そもそも日常こそ
幻想ではないかという思いに至る。

どこに日常なるものがあるか。
日常の正体こそは
非日常の集合なのだ。
この世界は一度きりの出来事と
たったひとつのものでできている
まぶしく輝くところなのだから。

そのことを忘れて生きている我々の心は、人生は
実は延々と瓦礫に覆われた被災地だ。

復興は、人類史上稀有な大津波に
飲み込まれ破壊しつくされた
この国半分の海辺の街々だけじゃない。
我々自身と我々の人生も
復興しなければならない。

目を閉じて心に
巨大津波を感じよう。
我が家も全ての記録も愛する人も
失ってしまった悲しみに包まれたら
何度か深呼吸をして
我々も復興開始だ。

だらしのない自分から
理想の人格も人生も見えながら
怠慢さゆえに、不誠実さゆえに
本当の挑戦から自分を
ごまかし続けてきた今日までの自分から
成り行き任せの偽ものの人生から
実はやさしくない自分、随分と冷たく
本質、薄情な自分から
感動、感謝の少ないぼんやりとした
マンネリ、万年、随分長く曇り空の人生から

人生を、自分をもう一度ここで
勇気を持って復興しよう。
人はどう思おうが
自分にとって本当の復興を。
誰よりもこの自分を大切にし
しあわせを感じながらの
人間らしい、自分らしい本当の復興を。
100年、200年通用する自分を、
結果、長く人々に賞賛され
人々の憧れとなるその人生を!

|

« 井上ひさし作詞、避難所の山田小学校の校歌 | トップページ | ナカムラユウコウの絵とコトバ展 »

人生」カテゴリの記事

コメント

私も時々、ぞっとするくらい冷たい心とさめた目でじっと一点を見つめている自分を感じることがあります。
先日そんな気持ちでいたときに、ふと行き着いた思いがあります。

いままでに自分が感じた心の痛みや苦しみは、すべてしっかり昇華して、他者の痛みや苦しみを受け止めるためのクッションにしよう、と。

それが自分にとっての復興かなと思います。

投稿: toughgirl | 2011年5月18日 (水) 15時47分

なかなか、先生のアトリエにご挨拶に行けなく申し訳ありません。
今日フォト&カフェ ソルナの場所を探しに行ってきました。
ばっちり見つけましたので、写真展に行きたいです。友達に連絡したら、
友達も見たいと言っていたので友達と二人で行きたいと思います。

投稿: 張飛 | 2011年5月18日 (水) 18時01分

toughgirl さま

運命とか、成り行きとかでなく
意思によって
私は自分人生を創っているという
実感を持って生きて生きたいものです。

深い反省と総括、自省の元に
行われる自己創造を
復興と言いたいです。

投稿: nakamura | 2011年5月19日 (木) 19時54分

張飛さん

ソルナのリサーチ
ありがとうございます。

是非、見に来て下さい。

投稿: nakamura | 2011年5月19日 (木) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナカムラユウコウ写真展 同時開催:ナカムラユウコウの絵とコトバ展:

« 井上ひさし作詞、避難所の山田小学校の校歌 | トップページ | ナカムラユウコウの絵とコトバ展 »