« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

くじゃくの花

Sabotennp1370120美しい、ゴージャスで
気品のある花だ。

隣の山菜取りの師匠である
日本料理の大将は
花にもめっぽう詳しい。

自転車で、横切ると
引き留められた。

クジャクサボテンが
きれいに咲いている
という。

自転車を止めて
駐車場を入り込んで
奥の庭をみた。

みごとな花だ。

サボテンの花だ。

このサボテンはよく見るが
花は全く記憶していなかった。

クジャクサボテン
その名にふさわしい
気品あるゴージャスさを
持った美しい花だ。

花も不思議なものだ。
この複雑さ、造形美。

感嘆、詠嘆。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

耳鼻科でのギョとなるほど

Mennbou_jpg耳鼻科の先生が
私の前の患者さんに言ってました。

耳掃除すると
綿棒でいじくり回すと
ガンになると言っている。

ガンと来た。

私は随分な耳掃除魔だからだ。

今日からやめよう。

掃除は耳鼻科でやってもらおう。
月一は来るのだから。

先生は、なかなか
おもしろいこと言いながら
治療しているものだ。

南極探検隊は
風邪ひかないという。
ウィルスがいないからと言う。

確かにそうだ。

寒いとウィルスを除去する
免疫機能やその他の生理作用が
低下して上顎からウィルスを
侵入させてしまう。
だから風邪をひく。
しかし、ウィルスがなければ
風邪のひきようがないのだ。

私たちは、ある問題の原因の
原因を考える必要がある。

何事においても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一足早い「暑中お見舞い」

Img6190550280001 全国的に暑い日が続いています。
観測史上6月の最高気温を
更新する場所が日本中に
あふれています。

日本は、すでに
気候帯として温暖でなく
亜熱帯だいう専門家もいます。

熱中症は外ではもちろん
家でも危ない
特に高齢者は、要注意で
室温管理、水分補給に
心を配らねばならない
ようです。

節電にも配慮しなければならない。
放射能にも気を配らねばならない。
あらたな大地震、大きな余震にも
気を配らねばならない。

史上、最高に難しい夏が
やってきました。

ともどもに、この夏を乗り切るよう
健闘しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌社のアドレスを書店でメモる。

Photo 友人の自主制作CDの
営業、宣伝のお手伝いに
書店に、これはという
雑誌社の住所と
編集長の名前を
メモりに行く。

ワクワクするな。
私も雑誌にイラスト描きたい
イラストレーターの仕事をしたい
なんて思って、こうやってリストを
作った頃を思い出す。

この努力の果てに
本当に期待したものが待っているか
期待していることが起こるか
分からないけれど
そうわからなかったけれど
強がりと妄想癖こそ
エネルギーなのだな。

そう、過信、妄信、勢いなしでは
創造は、飛躍は、新しいステージは
開かれない。

さらに大切なのは
強がり妄想し続ける
ことだろう。

自分も人も夢のかけらを
夢のしっぽをつかんだと
思えるまで。

夢は諦めた時に終わる。

健闘を祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災・福島原発式大掃除・大整理

72_2jpg東日本大震災の津波で
跡形もなく家を
流された方たちのことを
思えば

福島原発被災の方々が
袋一つ二つにしか
家財を持って帰れない事を
思えば

思い切った、掃除も整理も出来る。

一つ一つ
これを捨てるか、取っておくかでなく
絶対捨てられないもの
大切なものだけ
箱に、別室にとっておき
後は捨てるという思い切った
やり方だ。

この掃除・整理のやり方は
津波で家を流された多くの人たち
原発で家から、一袋二袋しか
持ち帰られない人たちの思いに
思いを馳せながら
今しかできない
思いっきり掃除、断捨離だ。

と、心にひそかに決意している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイディア豊富とか個性的とかの正体

1 そんなに複雑じゃない。
ちょっとした変換
ちょっとしたつなぎ方
組み合わせでしかない。
それを天才というのなら
誰もが天才になれるのだ。

大きいものを小さく
小さいものを大きく
固体を液体に
液体を気体に
気体を固体に
明⇔暗
散⇔集
太⇔細
赤⇔青
白⇔黒
緑⇔赤
1⇔100
1⇔1000
1⇔10000
長⇔短
丸⇔四角
柔らかい⇔硬い
海にあるものを山に
空にあるもを草原に
夏を冬に
春を秋に
アフリカの大地ににあるものを
ニューヨークに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しあわせになるための2つのポイント

72i3jpg しあわせが何たるものか
分からなくていい。

しあわせは
どんどんどんどん変化し
進化し変わるものなのです。

しあわせとは何かを
詳細に突き詰める作業を
やめなさい。

しあわせになるとだけ
決めてください。

不幸を受け入れる
不幸と言う安定に引き込まれる
無意識の心の流れ、誘惑を
断ち切るだけでいいのです。
不幸に落ち着く、落ちつこうとする自分を
断ち切るのです。

しあわせがなんたるかわからなくていい。
しあわせになるとだけ決めることです。

どうせ、しあわせなんて
答えがない。

あなたが拡大すればしあわせは拡大する。
あなたが進化すればしあわせも進化する。
あなたが高まり、深まればしあわせも
高まり深まり、そんなふうに
しあわせなんて化け物ののように
変わるのだ。

だから、あそこを目指せなんて
固定した場所や状況なんてない。
ゴールはもっと神秘的で
単純でダイナミックで
感動的で大きな大きな
広い広いものなのだ。
所なのだ。

もう、ひとつは
なんども、なんども言ってきたが
それでも何度でも言う。

あなたが今現在どんな人間であろうと
あるいは本当はどんな人間であろうと
そんなことは、まったくどうでもいい。

本当の自分なんてそもそも
一生分からないのだ。

今の自分の延長上にあるちっぽけな
制約をそのイメージにつけてはいけない。

あななたが考えられる最高の人間
最高にしあわせな人間を
気まぐれに考えなさい。

まかり間違っても、自分の目指すとか
理想の人とかを考えてはいけない。

そう考えるとちっぽけなイメージに
なっちゃうから要注意。

そうして、あななたが考えられるだけの
最高の人間、最高にしあわせな人間を
気まぐれに考えたなら

その人間の心のあり方、行動の仕方を
パクリなさい。

その人間の出来る分の出来ることから
出来るやり方で部分を実行し
全体イメージを演じなさい。

演じるのです。

演じたい役を演じるのが人生。
本当の自分はどうでもいい。
本当の自分なんて分からないし。
本当の自分で生きる必要はないし。
本当の自分で演じるより
自分の演じたい自分で生きる人生の方が
価値的だし、真実だし、おまけに
楽しいし、しあわせだし。

そんな気持ちの小さい
嫉妬深いいじいじとした
すっきりとしない
妬んだり恨んだり怒ってばかりいて
気持ちよくない、すっきりとしない
笑ってない、呼吸が小さく
息の詰まった楽しくもない
自分なんかで生きる必要は
まったくない。

まったくないんだ。

そして、また、なんども言おう。

あなたの正体についてだ。

あなたは、あなたが考えられる
最高の人間自体が
本当のあなたなのだ。

だから、あなたは
考えられるだけすばらしい人間
しあわせな人間を考えることに
まじめにエネルギーを使ってください。

このイメージがないと
命は向かうべき場所の見えない
しけで荒れ狂う真っ暗闇の海に浮かぶ
木の葉のような自分、人生に
なってしまいます。

このイメージを持たないと、
目指すべきパラダイスが見えないと
不幸という安定感の居心地に
甘んじてしまい、生きてりゃ時々は楽しいこと、
感動もあるさ、でもベースはじんわり不幸、
全体的に不幸っていう人生なってしまい
気持ちよく、爽快で、わくわくで
毎日楽しくたまらんわという
生活はやってこない。

考えられるだけすばらしい人間
しあわせな人間を考えることに
真剣にまじめに取り組んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日は突然の芸術鑑賞会開催

P1360898 今日はこの冬、美大受験のため
上京しそのまま長く東京に
暮らしていた教え子が
帰って来た。

昨晩、深夜バスに乗り
早朝、盛岡着で
一度家に戻り
今日、木曜日の午前のアトリエに
顔を出すと言うのだが
積もる話もあり制作にならんだろう
P1360860 と言うことで、報告会かねて皆で
西根と沼宮内の二つのギャラリーの
展示会を見がてらドライブしながら
話を聞こうということになり
今日は急遽、芸術鑑賞会に変更。

高速の安比ジャンクションを降りて
すぐの旧荒谷小学校を改装した
西根ステーションギャラリーで
出町隼人君の版画作品。
ゴトウ・シュウの絵画作品。
小学校の校舎を白いペンキで
塗り手作り感のある
なかなかいい所だった。

沼宮内の石神の丘美術館で
三河渉君たちのプリン展。
P1370108 プリンをモチーフに
たくさんの作家さんが
作品を発表。

頭の体操、あるモチーフの
展開の可能性、展開の仕方の実験
として面白いのではないか。
馬鹿くさすぎて楽しめると思います。
何人かいいイラスト描いてましたね。

P1370080

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憧れの安田成美さんと2+1=3秒、映画で共演!?

朝日新聞で2007年1月から11月まで連載され、
単行本としても発売、第139回直木賞候補に
選出された荻原浩の同名作品『愛しの座敷わらし』が
水谷豊主演で映画化される。

4月末に発表になりこの6、7月に撮影が
行われ、2012年GWの公開を予定しているとのこと。

今日は、主人公水谷豊さんは来なかったが
奥さん役の安田成美さんが来て
Photo_2 盛岡城後公園前の亀ヶ池前商店街で
2シーンのロケ。

私は地元の映画関係者に声をかけられ
最近着ることのない背広姿で
サラリーマン風出で立ちで
通行人のエキストラをしてきました。

通行人もきちんとエキストラを立てないと
一般客ではちょうどいい人通り具合
賑わい活気と言うのは出せませんし
エキストラでなければ有名女優を前に
立ち止まらず普通には通れないのです。

私は、若い時、寺山修二の
天井桟敷で一緒にやっていた昆明夫さんが
本を書いていた、地元の赤い風という地方
アングラ劇団で舞台美術をやってました。
この劇団、中央から、テレビ、映画の
話が来ると、ちょい役やエキストラの手配
をしていて、私も、テレビの
火曜サスペンスや、映画寅さんシリーズで
関わりました。

火曜サスペンスでは、緒方拳さんが出るやつで
検死官役で良かったのですが、寅さんシリーズでは
悲しい思い出があるのです。

盛岡城公園の祭りのロケで
渥美清が叩き売りをするシーン。
その周りで、その講釈を聞いている
お客のエキストラでしたが
いざ本番と言う段階になって
あの有名監督から直接
「キミ、ちょっと個性強いな!
 ちょっと外れて!」
と言われてしまったのです。

ーおいら渥美清を喰ってが~!?-

とても悲しい気分になったことを
数10年経った今でも
鮮明に覚えています。

それでも、ちらりとどっかに映るかな
盛岡の風景が映画になるとどうなるかなという
思いとで、母親と弟を映画館に連れて行った記憶が
ありますが、あいにく、その日は何かの理由が
あって寝不足で上映中、ほとんど睡魔との
戦いで中身も何も分からず
おまけに慢性寝不足の母親には
映画館の暗さは子守歌のようだったようで
親子そろって映画館に眠りに行ったようで
最後まで散々な記憶があります。

そういう、つらい思い出があり
当時よりもっヒゲ面でより濃い顔をしているので
背広は着ているものの、なんか、まともな
サラリーマンには見えそうもなく
せっかくこの暑さの中、映画のロケの
季節設定も分からぬからと汗掻き掻き
上着も着て頑張ってきたのに
悲しい記憶の再現も脳裏に蘇ったのですが
今回は、とても、監督との相性が良かった。

十数名いたエキストラで
2シーンしか撮らないのに
その両方で最も安田成美と
クロスし同画面に収まる
入り方をいただけた。

しかし、しかし
100パーセントは安心できない。
今の映画技術はすごい。
映像から特定のものを消去することも
登場させることもできる。

真実は、来年のゴールデンウィークに!

生きてる楽しみが増えました。

ちなみに、ネットでは、主演の水谷豊、原作者、監督が
それぞれ下記のようにアピールしている。

原作に目を通した水谷は、
「荻原さんのキャラクター作りは実に巧みで、
僕はこの本を読んでいる間、常に登場する
誰かになっていました。
それは(自分が演じる)主人公の晃一に限らず、
どの登場人物も演じられるほどです。
読み終わって感じたものは、まるで清々しい風でした。
幸せとはこういうことなのかと思わせる」と
コメントしている。

“家族の再生”がテーマの本作に和泉監督は
「今、こういう優しくて温かい映画が
なくてはならないという気持ちでいます。

本作のクランクインを前にし、
水谷は「岩手県が舞台の作品です。
目に見えない幸せがテーマですが、
幸せが全国に届きますように。
そんな気持ちで取り組みたいと
思っています」と語る。

荻原は「あれこれ楽しんでもらって、
終わった後には小さなお土産を
手渡せるという物語を目指して書いたので、
そんな映画になってほしい」と、
完成を心待ちにしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

街から本屋が無くなると

3jpgその本屋に同居する
喫茶も無くなってしまう。

それが、寂しく残念だ。

とても本がぐいぐい読め
ペンを持つと文章が
沸きあふれる
喫茶店というものが
あるものだ。

今日は、久々に
さわや書店の2階の
喫茶に入った。

盛岡一番の繁華街
ここ大通り商店街に
さわや書店さんと第一書店が
通りを挟んで向かい合わせで
営業していた。

今はもう無き第一書店。
ここの2階の喫茶が良かった。
上品なクラッシックやジャズが流れ
イスからインテリア
座席の配置、大きな水槽まで
お気に入りだった。

今、街の本屋は危機的状況だ。
盛岡の書店文化を支えてきた
東山堂書店も、ここ、さわや書店も
なんか品数が少なく棚の空白が
目立って気になる。

大手のジュンク堂や
郊外型大型書店のエムズエキスポなどが
集客を独占し新たな状況が生まれ
さらにここに来てipadやスマートフォンでの
小説、漫画、雑誌の講読がじわりじわりと
押し寄せてきている。

強いと言うことは
適応力、順応力、変化力のことだ。


この状況の中で、街の書店は
この新しい状況とニーズにどう
適応し、変化していけるか。

喫茶と一緒に何らかの
価値を維持し、価値を付加して
生き残って欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「大人の流儀」愛する人を失った人の悲しみ

P1370118_2 数年前に観た映画でのチェチェンの
老婆のセリフを紹介します。
「あなたはまだ若いのだから
 知らないでしょうが、
 哀しみにも終わりがあるのよ。」

 
<「大人の流儀」最終ページ最後の2文>

という言葉の意味を本全体と
文脈から正確に読み取り
検証するため本書を購入した。

この大震災、大地震で
あまりにも多くの方たちが
非業の死を遂げられ
その死が鮮明でもある今日日
ー悲しみにも終わりがあるー
と言う言葉は、何か
「はい」と素直に承服できないものが
あった。記者による部分的
取出しでは、作家の真意は
分からない。わからないものに
いちゃもんをつけては失礼と
せめて本を買って
当たってみた。

夏目雅子と彼との出会い
闘病生活も含め
文字にしてみれば
素敵なものであり
夏目雅子の深い優しさと
強さにただただ
敬服するばかりだ。

癌で亡くならなければ
どれほど女優として
功績を残し、一人の
人間、女優としても
どれだけの感動を
残し私たちの心によりいっそう
刻まれたであったろう。

本書を読み夏目雅子を失ってからの
彼の途方に暮れた様、茫然自失の苦しみの激しさ
そして彼が、完全に自分と自分の人生を
コントロールできなくなり
人の援助と愛なしでは帰還できなかった所まで
落ち行ってしまい、そこを超えた筆者
と言うことを知り、その上で

「あなたはまだ若いのだから
 知らないでしょうが、
 哀しみにも終わりがあるのよ。」

と映画の中でのチェチェンの老婆のセリフとは
言うものの伊集院静自身の今現在の
愛する人を失ったものへの
最高の哲学でありメッセージであろうから
幾分、本を読み共感、理解は増した。

しかし、たとえば、この震災、大津波で
なくなった人たちの遺族にとって
今は無力であろう。

しかし、もうしばらく
時間が経ち、時が流れていく中で
この言葉は、幾人か人たちの
心を安らかにさせ、救うかもしれない。

私の小説から一部抜粋。

主人公の彼にある女性が言う。
それは、恋人なのか
担当の女医なのか、はたまた母親なのか
祖母なのかわからない。
彼女が言う、その最後のセリフは
こうだ。

=人は鉄砲やナイフがなくても
 悲しみで死ぬのよ。

 ウサギだけじゃないの。

 生命体は自分を生かそうと
 あらゆる手を使って
 自己存在の維持に全力で
 稼動しているの。

 悲しみ続けているあなたを
 死なせないため
 脳はあなたを休ませるため
 ちょっぴり悲しみに反応する感度を下げさせ
 宇宙は時の流れというやさしい子守歌を
 静かに一時も休まず歌い続けているわ。

 あなたが新しい何かを始められるよう
 あなたが未来に向かっていけるよう

 生かされた命をこう使ったと
 あなたが誇り高く言える日が来ることを
 祈っている。=
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久慈の麦生に絵を届け、野田で泥洗いのボランティア。

P1360731 本日、午前7時。
絵描きの弟と
久慈の合併合理化廃校となった
麦生中を使ってこの4月
震災の混乱の中
オープンした
「あーとびる麦生」に
寄贈の絵を届けに行ってきた。

前回、野田に支援物資を
届けに行った際
この市民による美術館と
P1360745_2 出会い寄贈の運びとなった。

運営されている地元
久慈方面の作家さんたちが
とても喜んでくれ
恐縮もし、コーヒー一杯の
時間だったが楽しくもあった。

私どもの絵も
この美術館も復興の何らかの
励みになればありがたい。

早々に、美術館は引き上げ
野田に向かう。

津波で泥を被った商品の
水洗い作業のお手伝い。

P1360754 10人ほどだろうか。

やはり、ここも
地元、盛岡を初め地元県内の人は
いない。

どの被災地もその傾向は強い。
昼休憩に一休みに入った喫茶食堂も
他県のボランティアの方たちで
一杯だった。ロゴ入りお揃いの
ウィンドブレーカー等で分かる。

喫茶店には全国から集まる
ボランティアのために
ハンドソープが企業から
届けられていた。

私も最初、どうしたものだろうと
驚いたり寂しかったりしたが
P1360751 やはり、被災地である地元の
市町村、県の人たちは
思った以上に心がやられている。
自分は被災してなくても
取引先や仕入先。卸先
営業先がやられたり
また、友人、知人、親戚が被災したりとか
現実的に仕事面で、生活で
心やられている人が多い。
エネルギーがやはりないのだ。

外での作業で肩から出るTシャツを
着ていたので、すっかり焼けて
しまった。やばい、普段から白くて
もち肌、やけどを起こした。

暑いと体も疲れる。
泥運びや瓦礫撤去などは
ちょっと、血圧の件もあるので
体を鍛え体調を整えないと
厳しいだろう事を知った。

出来ること、自分の得意なことで
貢献していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇ヲ見る。舞台に望むもの。

Jpg今日は、仕事を
夕方までに調節し
夜は空けて演劇を見た。

小劇場ライブだ。

ライブ空間を楽しませて
もらいました。

ご招待券ありがとうございます。

今日は、演劇に対して独り言のような
一言願いを、私の理想を
申しましょう。

演劇は、静かでも
うるさくて激しくても
そこに爆発がなくてはなりません。

それはやはりこの世界と
人生の縮図であり
大真面目な実験だからです。
大真面目さゆえの悲劇であり
喜劇なのです。

日常と同じテンポと色では、いけません。
そこにはやはり舞台としての
賢い日常のマジックとトリックが
仕込まれていなければなりません。

その1時間半が2時間、3時間が
祭りになっていなければなりません。

表現と芸術は
少なからず祭りです。
いや、祭りでなければならない。

表現することを神から
分業、権限委譲されたものたちの
表現することの
生きていることの
感謝祭でなければならない。

一人ひとりめっぽう
格好良くなければなりません。
憎たらしくなければなりません。
悲しく惨めでなければなりません。

観客は二度三度、しびれなくてはなりません。
役者たちは、本書き、監督・演出家たちは
二度三度、しびれさせなくてはなりません。

やはり、それが1000円、2000円払う意味
払わせる最低限のお約束事でしょう。

観客と言う魔物が
ライブと言う魔物が
役者を魔物にさせる瞬間に
舞台は時々、舞台はあちこち
輝いていなければなりません。

どうぞ、演劇人の皆様
益々、ご精進され
しあわせな苦悩をされて
観客の何人も感電死する
舞台をお作りください。

ご期待、申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮沢賢治的、宮沢賢治風の悩みと願い。決定的「詩」への憧れ。

72jpgああ、もっともっと
コトバの力が欲しい。

多種多様な心の病に苦しむ人。
存在する事自体に対する苦痛、激痛。
そして存在し続けることに
自分が自分であり続けることの緊張に
苦悶する人

そういう苦しむ人を安らかにする
しあわせにする力ある一遍の詩を
書きたい。

世界の意味や、人生の意味や
自分の意味などどうでもいい
熱い一つの熱情で
その瞬間から生き始める
魔法の詩を書きたい。

「世界の意味や、人生の意味や
自分の意味」の答えの出し方には
二つある。

「世界の意味や、人生の意味や
自分の意味」を一つひとつ
丁寧に説明し答えるやり方と
「世界の意味や、人生の意味や
自分の意味」なんかどうでもよくなる
熱情をその人生に吹き込むやり方だ。

「世界の意味や、人生の意味や
自分の意味」を理路整然と
分かりやすくある程度の感動をも
持って書き上げ語りきる
そのことは知性の挑戦として
興味はあるものの
私は早急な課題として
実は理屈詰めより根本的解決として
「世界の意味や、人生の意味や
自分の意味」なんかどうでもよくなる
一人ひとりの人生に人それぞれの
熱い熱い熱情が生まれる
一遍の詩を書きあげたい。

それは、私のこの人生の
この星へのプレゼントになる違いない。

ああ、どうぞ

世界の意味と自分の人生の意味を
100パーセント、いや200パーセントの
感動と確信と悟性を持って
実感を伴い征服することのできる

人類史上、画期的、傑出的
10行、20行の一遍の
決定的な詩を書く力を
この宇宙にサムシンググレートが
存在するなら、その力を、どうぞ
この私に、この私に
与えてください。
私に降りて来てください。

あまりにも多くの愛する人たちが
私の過去にも今にも、はたまた
このままではこの先、未来においても
誰にもいじめられても
殴られてもいないのに
地獄にいる如くに
朝から晩までへとへとになって
一人悶々と誰にも気づかれず
自分で自分に苦しめられ
苦悶しているのですから。

そして、この星には
肌の黒い人間
黄色い人間、白い人間
いろんな人間が
おそらくは、同じ苦しみで
数十、数百、いや数千
数億人と今もその苦しみに
もがき苦しんでいるのです。

どうぞ私に決定的その救済力のある
一遍の詩を書かせてください。

無限無辺の広大な地獄の原野を一瞬にして
楽しみ喜びの花咲き乱れ、愛すべき者たちが
歌い踊るパラダイスに変えることの出来る
一遍の、たった一遍の詩を書かせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天国の北口デレクターさん、ごめんなさい。

723jpg昨日、IBCラジオの
故・北口デレクターの凄さを
聞く機会があった。

若い時、一時、お世話になった。

私は今日の今日まで
昨日の昨日まで
まったく知らなかった。

中央の俊腕デレクター、
業界人の方々も一目置く
知らない人はいないという
有名、有能デレクター
だったようだ。

五輪真弓がパリから帰って来て
一番最初に日本のポップス
音楽状況を聞きアドバイスを求めたのが
北口さんだったと言う。

ブレーク前の吉田拓郎は
よくIBCに来た。
北口さんが番組も持たせていたのかな。
いずれ、北口さんが応援した。
拓郎の才能をいち早く見出していた。
やがて拓郎はブレイクしていった。

松山千春は北海道から
日本全国のラジオ局を
回っていた。
どこの局のどのデレクターも
相手にしてくれなかったという。

しかし、そんな中、北口さんは
松山千春の才能を見抜いていた。
貴重なある全国放送の時間枠45分を
まるごと千春に好きなようにやらせたという。
ギャンブラーだ。いや、天才デレクターだ。
千春は、次々ヒット曲を生み出し
ブレークした。

高橋克彦氏も高校時代から北口さんに
自分の書いたラジオ劇を送り
そしていつだって北口さん褒めて
もらいたくて頑張って小説書いて
いたという。

高橋克彦氏が江戸川乱歩賞を受賞した時
北口さんは誰よりも喜んで数十年前の
高校時代に高橋克彦氏より受け取った
放送劇のテープを取り出して
乱歩賞受賞のお祝いに
ラジオで流したと言う。

岩手発の「夕暮れ時はさみしそう」のN・S・Pも、
「遠野物語」のあんべみつとしも
どぢらも、全国版になったシンガーソングライターだが
みんな北口さんに褒められたくて頑張り
北口さん育てられた。

何年前だろう。8年、10年前?
北口さんの葬儀で、一番最初に
松山千春が弔辞を読んだ。
感動的、心のこもった、立派な
弔辞だったと言う。

その方は、目をうるうるさせて話してくれた。
自分は松山千春の次に弔辞を読んだが
泣けて泣けて読めなかったと言う。
本当にいろいろ教えて頂いたと言う。

スケールの違う人だったという。
才能を発見し見抜き育てるのが生きがい
私欲のまったくない大人物だったという。
怪物のような読書家で、いくらか自信もあり
生意気な自分だったが、追いかけようとか
追い越そうとか、目指そうとかも
思いもしない、思いも出来ない
凄すぎる人だったと言う。

私は二十代初めあるライブハウスの
オープンに伴ってのシンガーソングライター募集の
公開審査があり、私は採用となる3位までの
2位となってめでたく、そのライブハウスで
歌えることになった。

1位の方は、ギターもうまく
声も高音がきれいで歌もうまかった。

しかし、北口さんは
私に近づいて来ると

「レコーディングがしたい。
 これから時々スタジオの方に来て欲しい。」

と言われた。

レコーディングと言うことが凄いのか
北口さんに名刺を渡され声をかけられた
ことが凄いのか、当時の私は
そのどちらの意味の凄さも
よく分かっておらず
その場に居合わせた人たちの
賞賛の言葉を、「あっ、そう」
見たいないやな野郎だったかもしれない。

そしてそれ以来、北口さんは
いろいろと声をかけ面倒を見てくれた。

「人の曲、聞かないで。曲が出来たら
 いつでも持って来て。」

何度かIBCのスタジオで録音し
ラジオでも流してもくれた。
「愛は地球を救う。」にも出さしてくれた。
IBC放送局前の駐車場特設会場で
雪降る中、ギターかき鳴らし
歌った。

歌っている最中、弦が切れたこと。
千昌夫本人と取り巻くスタッフが
うわっ、どこの業界の人たち!?と
思うちょっと怖い人たちと感じたことだけ
記憶している。

千昌夫、新沼謙治だってみんな
北口さんにお世話になった。

ある日は、北口さんから
ヤマハポップコーンの県大会の審査員を
自分と一緒にやろう、明日お出でと
電話があったりもした。

審査員はヤマハの人と北口さんと
私の3人だった。二組最終に残ったが
どっちがいいと、私に決めさせた。

そのことを話すと、その方は
びっくりして、北口さんの
そのアプローチ、その関わり方
相当に私を信頼し、才能を買っていたんだと思うと
在りし日の師匠とも言うべき
北口さんに思いを馳せていた。

あの頃の私は、少し、才能があるように
見えたのであろうか。

ちなみにポップコーンというのは
シンガーソングライターの登竜門で
中島みゆきは全国優勝、グランプリ。
「時代」で世界的デビューを果たした。
吉田拓郎は広島県代表となり
地方大会代表どまり。

本当に今思えば、声かけ目をかけ
心を頂いていた。

それでは、なぜ私は
NSPやあんべみつとしさん
吉田拓郎や松山千春の弟分に
ならなかったのだろう。

ある日、新幹線開通に向け、私は
「啄木の青春の街、盛岡に」という
曲を持って北口さんのところに行った。

北口さんは、全国のご当地ソングの
レコードをいくつも見せ、歌詞を読ませ
見せて私の歌詞は
1番、2番で長さが違うので
揃えなさい、整えなさいと言う。

しかし、私はこの

「北上川のせせらぎはケラケラと笑っている
 人生はそんな喜劇だろうか。」

の歌詞が歌いたくて前後の詩を、そして
1番、3番の他の歌詞を埋めたのだ。

ここは譲れない。私は検討しますと
その日は、引き下がったが
その歌詞は変えるつもりはなかった。
この歌を作る、歌う意味と
魂が無くなるから。

そこで、時期を同じく
盛岡市が募集していた市民愛唱歌の
募集に応募した。
最優秀となりレコーディングした。
もちろん歌詞は変えずそのままだった。

今思えば、私は、もっと強く北口さんへ
その歌詞に込めた思いを熱く語り
理解を得る努力をすべきだった。
それでも、理解を得れなかったら
仕方がないが、それをしなかった私は
人の道に反れる行為を
人の思いを踏みにじることを
してしまったと思う。

あの頃の私はセンチメンタルだった。
あきらめたり、いじけたり、
思いを中途半端に飲み込んでしまったり
ああ、いやだいやだ。
そんな自分がいやで、今は、喧嘩をするのでなく
受け入れられることを目的とし、願いながら
理路整然とはっきりと主張する人間に
自分を変えた。

北口さんは、情熱を持って思いを語れば
「そうか、ナカムラ君が、そこまで言うんなら
 少し編曲や何かで工夫してみるか。」
などとも、言ってくれたかもしれない。

今思えば、そんな気もする。
そうしたら、がっぷり四つで
いろんなことが進んでいたかもしれない。

もちろん人生にifはないし
今の人生に、満足している。
この人生を、愛してもいる。
この人生と、この自分で
戦おう、生き抜こうと思っている。
そして、今だって、いい年して
この先の自分の人生を
楽しみにもしている
めでたいやつだ。

そう、悔いはないし、
そもそも私に悔いは存在しない。
私は、そのような人間的感情は
もはやない、消滅している。
薄情になった、心がなくなったわけじゃないが
私にあるのは、反省と総括と分析と、
そこからの対処、対応、未来への努力しか
意識的にも生理的にも存在しない。
センチメンタルは最も嫌いな感情の一つだ。

まっ、いずれ、何はともあれ
それ以来、私は、少々ばつが悪く
北口さんから疎遠になって
しまった。

そんな凄いすばらしい人だったのに
その凄さにも気づかず知らず
そして若者や才能や人に気持ちいっぱいの
慈愛いっぱい、思いいっぱいの方だったのに
あの頃の私は随分と生意気だったのだと思う。

それでも北口さんは
あの白髪交じりの長い髪を掻き分けながら
司馬遼太郎や養老孟司などの人たちと
同じ知的な芳香を漂わせ

「ナカムラ君、ナカムラ君」と
いつも笑顔でやさしかった。

北口さん、ゴメンナサイ。

昨年、久々に作った
「あの日あの頃のオレたちは」は
北口さんと出会い、関わりを
持たせて頂いていた頃の時代と
重なります。

今日は遅いので、明日、心を込めて
北口さんの魂にピアノの弾き語りで
歌いましょう。

4日前に作った新曲は、北口さんと
初めて会い、名刺を下さった時のように
ギターで歌いましょう。

もうすっかりおじさんに
なってしまいましたが
若き日に、北口さんに
目をかけてもらった者の誇りで、
これからも、時々
歌を作って生きますね。

はい、生きて行きます。

PS

北口さん、あなたが見出し育て愛した才能の一人
高橋克彦さんのお手伝いをしましたよ。

高橋克彦氏の直木賞受賞作「緋い記憶」が映画化された時
私はまったく違うところからの依頼で、イラストレーター
として映画の中で使う絵を3~4枚描き、その映画の
主人公の最近NHKの連続朝ドラで陽子の幼馴染役の農家の
青年役をやっている柄本明君に絵を描く演技指導し
撮影でも監督と一緒に、その部分の、演出・演技指導
をしました。

ぐるぐる回って、あなたの育てた方のお手伝いが出来た事は、
私の北口さんへの不義理の小さな罪滅ぼしの一つとさせて
くださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

伊集院静氏「悲しみに終わりはある。」というが・・・・・・・

大人の流儀 Book 大人の流儀

著者:伊集院 静
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日で絵画とコトバのポスター展も
終了。

ここ会場には、スポーツ紙含め
新聞4紙置いてあるので
退屈しない。

お客さんがいない時は
隅から隅まで読む。

伊集院静氏の「大人の流儀」
が売れているらしい。

彼は仙台市泉区在住の作家。
あの絶世の美女、故夏目雅子さんの
の旦那さんだ。

本書の最終章でも
彼女との出会いと永遠の別れについて
詳しく触れているという。

そして、ある外国映画に登場した
年老いた女性の

「悲しみにも終わりがある。」

というセリフで締めくくって
いるとのことだ。

読もうとは、思うが

本当に「悲しみに終わりがある。」

というのは正解だろうか。
正しい表現だろうか。
何か腑に落ちないところがある。

この大震災の、大津波で亡くなった
数万、数千の魂に思いを馳せた。

このコトバの不正確さを感じてしまう。
私の思い過ごしだろうか。

このコトバの真偽についてはしっかり究めたい。

確認のため、私は今晩
夜の12時まで開いている
歩いて10分の東北最大の
書店、エムズ・エキスポまで
散歩する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月14日現在の報告

Jpg 東日本大震災の被害状況の発表が
マスコミ各誌で発表になった。

死亡  15,429人
行方不明 7,781人
避難者 83,951人

震災から3ヶ月経ち
事務処理的な死亡認定の
時期を経過しその意味での
死亡認定者は
23,210人となる。

国会を聞くに、官僚を使いこなせない
機能を最大限活性、活用できない
この首相と政府によって
なすべき対応が出来ずにあらゆる
対応が長引いているということにおいて
状況は悪化していると言え
また、福島原発事故も足かせとなり
復興は遅遅として進んでいない。

発言力、影響力のある知性人
また、国よりもスピーディーに
賢い対応、復興作業を
優秀で行動力のある
地方自治の市町村県の首長が
推し進めながら、逆に国へ世論に
どんどん発言し、この閉塞状況に
突破口を開いてもらいたい。

2011年6月現在
国民は皆、そう思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展、無事、終了。ありがとうございました。

Jpg写真展、無事、終了。

テレビ、ラジオ等の
おかげでたいへん多くの方に
御来場頂きました。

ありがとうございました。

また遠路はるばる県外、東京からも
来て頂き本当にありがとう
ございました。

生きていることの感動としあわせの再認
そして被災地支援への思いの高揚という
当初の意図は、ご来場の皆様と
語る中で、また、芳名のコメントで
期待以上に達成されたものと
私自身は総括し感じることが
出来ました。

多くの出会いもあり
新しいお友達もたくさん
出来ました。

私が撮った被災地の非日常の写真は
これまで撮りためた日常の写真と同じく
私の人生の現実です。

被災地支援という行動の中で
目の当たりにした心揺さぶる
ひとつの現実の衝撃の風景であり
被災地の写真を撮ることは
毎日心震わせ写真を何十枚も撮り続けている
人間にとっては、とても自然で
特別な行為ではありません。

しかも、その写真を公表し展示し
そのことで、そこに支援の輪が広がり
支援の思いを高める機会になりうるのなら
少しでも支援の必要なこの状況の中では
意味のあることだと思っています。

また、写真展をやるかは
まったく今はわかりません。
今回が最初で最後になる
かもしれないし、いずれ、少なくとも
今回は、本当にやって良かったと
思っています。

生きていることのしあわせの瞬間を記録し
しあわせな生き方、しあわせな人生のあり方の
研究と何らかの形での研究発表は
今後もさらに一生懸命取り組む
つもりです。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生時代のイメージソングとイメージポエム

Cg昨夏の大学の同窓会的
ミニコンサートで
書き下ろしオリジナル曲
「あの日あの頃のオレたちは」を
歌う前に一遍の詩を読んだ。
学生時代のボクとボクらの
イメージだ。

ジェームス・ブラントの 
All the lose Souls を聴いていたら
自動書記で書き上げていた詩だ。

拝啓 1976年様  

1976年。キミにぞっこんのあの頃の僕は、
キミのハートを射止めようと朝から晩まで
詩を書いていた。

タバコの煙でいっぱいの喫茶セザンヌで、
僕は、一杯のコーヒーで何時間も居座った。
窓の外の通り過ぎていく人々を、
ぼんやり見つめながら、
コトバや詩が訪れるのを待って、
やってくるとノートに、書きとどめた。
1976年の僕は、そうやって生きていた。

町一番の大きな図書館にもよく行った。
本棚の詩や小説を片っ端から読み漁り、
世界中のステキなコトバや、言い回し、
文体を調べ研究した。

世界には、ステキなコトバは無数にあっても、
コトバとコトバをつなげる接着剤は、
調べることも真似ることにも限界があって、
それは、自分が自分という存在や
「今」というものとの心地良い向き合い方、
距離のとり方が必要なのだ。

たまたま背負ったこの自分と
この自分の人生に対して、
具体的に頭を使い心を砕き、
ステキな生活、
素晴らしい人生の創造のため、
現実にこの自分が積み重ねた経験と実績からしか、
すぐれた接着剤は生まれはしないことを、
僕はまもなく知った。

僕は、接着剤と世界との距離と向き合い方を、
混ぜこぜににし壷に入れて発酵させ、
自分独自の文体とリズムを作り出そうと、
とにかく僕は、書きまくった。

それにしても、キミの水玉模様のスカートは、
格別キミに似合っていて、水玉模様というものは、
神様がキミのためだけにデザインした
オリジナルな模様のように思えた。

ビスケットをいっぱいリックに詰め込んで
列車を乗り継ぎ、三日も旅すれば、
キミへの思いを綴った100編の詩が出来た。

5枚や10枚のスケッチも出来あがっていた。
そこに、居るわけもない君が夕日に沈む砂浜に
ちょっぴりさびしそうに立っていたり、
地平の彼方まで続く、風に揺れる深い草原の中にうずもれ、
青い大きな空を見上げているキミがいた。

キミの心を完全に射止める詩は、
そう簡単ではなかった。
すぐに悩みくじけがちの弱い弱いこの僕を、
一生、完全に幸せにし続ける
決定的コトバとの出会いと発見との同じ難しさで、
僕を苦しめていた。

それでも、1976年、あの頃の僕は、
たぎる情熱に溢れ、武者震いしながら
鉛筆を走らせ続けていたのだ。

キミをフォールするコトバと、
一生僕を幸せにし続けてくれるるコトバと、
世界を一夜にして平和にしてしまう魔法のコトバを求めて。

そう、あれからもう30年。僕は、その3つのうち何一つさえ、
手にしてはいない。 だから、僕はまだ戦士のままで、
青二才のままで、戦闘開始のままなんだ。

それは、恥ずかしいことじゃない。
それが、僕であり、僕の人生なんだ。

ジェームス・ブラント 
All the lose Souls ~を聞きながら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一夜限りのライブハウス「喫茶ママ」

723jpg今日は絵画展の会場
喫茶ママで歌を歌った。

なぜか、そういうことになった。
常連客の紳士、淑女が
約束の夜7:30には
テーブルを埋めて
待っていた。

20代の初め頃
私は盛岡のライブハウスで
オリジナル曲と
人の歌をギターを伴奏に
歌ってバイトをしていた。

今日のライブの感じは、懐かしい。

まずは昨年の夏に作った
オリジナル曲から歌った。

昨夏、大学の美術科の
同級会的な食事つき
ミニコンサートをやったが
それに向けて書き下ろした曲だ。

やっぱり一応かってプロなので
オリジナルで行かないと。

タイトルは
「あの日あの頃のオレたちは」

譜面台とギター一本。
バックバンドありもいいが
やはりこれもいい。

調子こいてオリジナルと
中島みゆきのナンバーなど十数曲
1時間歌いまくった。

また、いつかやりたい。

「あの日あの頃のオレたちは」

作詞・作曲 ナカムラユウコウ

      1

あの頃のオレは気持ち悪かった
夢ばかり語り自分なんか無かった
夕日に背中を押されて歩いた帰り道
おまえもオレも天才気取りで浮かれていたね
あの日あの頃のオレたちしあわせでしたね
誰もが必ずしあわせになれると信じてた


あの時のあいつらは今しあわせでしょうか
どんな人生を生きてますか、しあわせでしょうか
あの頃のボクらが信じていたように 

      2

あの頃のオレと言えば斉藤真一と村上春樹とニーチェで出来ていた
朝からサ店や図書館で何かを読み何かを書いていた
頭の中はいつだって女の娘のことばかり考えていた
それでも渋い顔してコーヒーを飲んでいた

**

1978年の夏にはうれしいことがあり
1983年の秋には耐え難い悲しみがあり
1994年の冬にはつらい別れがあり
1998年の春にはしあわせな出会いがあり
そんなふうに そんなふうに人生は流れていく

*→**  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

復興

Img6102201390001青いカワセミだ。
いや、カワセミは青いのか?
鳥のことは、よく知らない。

いずれ私はこの写真を見ると
凛とする。

一目惚れだ。

私の写真じゃない。
友人の鳥の写真家のもので
「復興」というタイトルの
展示会で買い求めた写真だ。

しっかりと
被災地を、
この自分とこの自分の人生を
復興しようと
この写真を見ると
凛とする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Dscf2413 5時起床、ワラビ取り。
今年で3年目。

向かいの割烹屋さんのご主人から。
夕べ、突然、

「明日、ワラビ取ろう!」と

電話があった。

おいしいウルイも
収穫。

いつもの山だが
相変わらず急な傾斜だ。
あまり急で斜めに
あがっていくので
膝に来る。

朝もやの中
山は美しい。

緑の平面、立体構成の
芸術だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思考実験「究極の男性、究極の女性」

Imagecaymvpoc こんなこともいいだろう。

例えば、あなたが男性なら
考えられるだけの
ありったけの理想と希望の
女性を考えてみよう。

よくよく気ままに贅沢に
考え抜いたら
今度は、そんな女性に見合う
男性を思考、イメージしてみよう。
やっぱり具体的に書き出すのが
いいだろう。

そんな男、そんな人間いるわけ
ねーじゃんというくらい
やっぱり気ままに
すんごい人間、男性を
考えてごらん。

さあ、もし、あなたが女性なら
考えられるだけの
ありったけの理想と希望の
男性を考えてみよう。

よくよく気ままに贅沢に
考え抜いたら
今度は、そんな男性に見合う
女性を思考、イメージしてみよう。
やっぱり具体的に書き出すのが
いいだろう。

そんな女、そんな人間いるわけ
ねーじゃんというくらい
やっぱり気ままに
すんごい人間、女性を
考えてごらん。

この思考実験は、新たな何らかの
新鮮な指標を、指針を、キミの進むべき
航海の地図を与えてくれるだろう。

あなたがもし男性なら
そんな女いる分けないとあなたは言うかもしれない。
そうかもしれない。でも、いるかも、いないかもしれない
そのすばらしい女性、人間に見合う
あなたが男性になることは構わないのだ。
いつかやがてあなたに見合った女性が
この世界のどこからか引き寄せられて
やってくるかもしれない。

あなたがもし女性なら
そんな男いるわけないとあなたは言うかもしれない。
そうかもしれない。でも、いるかも、いないかもしれない
そのすばらしい男性、人間に見合う
あなたが女性になることは構わないのだ。
いつかやがてあなたに見合った男性が
この世界のどこからか引き寄せられて
やってくるかもしれない。

いずれこれが、私の発明し提唱している、
人科の男という生物、女という生物の、
嫉妬と性欲を超えた
ゆいつのもっとも美しい
進化システム
である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

究極の課題、一番大切な宿題

Photoあなたの語彙力、思考力、表現力、
想像力、飛躍力、集中力、などの
全能力をフル稼働して
あなたが考えられるだけの
すばらしい人間を
100円ショップでノート
買ってきて具体的に
書けるだけ書いてみてください。

たとえば
「やさしい人」とか
でなく、具体的に
こんな、やさしさと
こういう時にこういうことが
こういう行動が出来る人とか
なるべく具体的に書いてください。

具体的に書くだけで
今まで観念的だった抽象的だった
「やさしさ」自体のあなたの
哲学的定義が深まり
やがて回りまわって
あなたの本当の優しさ
深さとして拒絶しても
否応なしに具現化
されるでしょう。

そのように、「強い人」「賢い人」
「明るい人」「人に尽くす人」という
今までの大雑把な観念的言葉が
あなたが想像できる場面を
具体的想定しながら書くことで
「強いということは、本当に強い人間とは?」
「賢いということは、本当に賢い人間とは?」
「明るい、明るさとは、本当に明るい人間とは?」
などなどたいへんに、深く深く思索され
自分というものがその思索、この作業の中で
どんどん自然に深まって行きます。

それでは、どうぞ
あなたの考えられるだけの
出来るだけ、すばらしい人間を
100円ショップのノートに
書きまくってみてください。

この課題のやる意味と効果について
ここでは言いませんが
この課題は、学校で出された
あるいは職場で出された
あらゆるどんな課題よりも
重要なものです。

より楽しく充実して生きていくために
必須、最重要な課題ですので
是非やってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PTSD<心的外傷後ストレス障害>とは

Ptsd友人のさらに友人の
20才前後の息子さんが
この震災の瓦礫処理などの
ボランティアに参加し
わずか一日の日帰りのもの
だったが、それから数日
瓦礫化した廃墟となった海岸の町が
相当にショックで強烈だったようで
それから、気持ちが沈み
しばらく家に篭るようになって
しまったとのことだった。
その後、さらに悪化し今現在
精神科の病院に入院して
居ると聞いて、驚きもし
残念で心配である。

確かに万年躁状態のような私でさえ
海まで延々と瓦礫に帰した
陸前高田を見てから
少し不安やむなしさなどの何かが
心の深層に宿し、心を侵食して
いるような状態を感じた。

ボランティアは尊いが
精神的にデリケートな人は
注意をし、違う形での
被災地支援を考えた方が
いいかもしれない。

ちょっと前は、DVや幼児虐待の話題と共に
最近は、この震災と共に話題になる
PTSDについてまとめておきたい。

PTSD<心的外傷後ストレス障害>

人の対応能力を超えた強い衝撃的な体験が
心に傷を残し引き起こされる精神障害
 PTSDとは災害や事故、犯罪、戦争など
の強烈な非日常体験、DVや児童虐待など
の近親者を主とする人間関係内における
傷害体験など、人間本来の想像を超えた体験が
きっかけとなって、脳が生理的な変化を起こし、
精神障害を引き起こすこと。

幼児などの脳の成長過程で
そのような体験をすると脳の発育に
障害を引き起こすことが判っており、
成人の場合も、検査で判別が出来るかどうかに
関わらず何らかの
機能障害が生じると考えられている。

脳の機能障害によって起こるため、
意識的なコントロールが難しく
治療は非常に難しくなるとのこと。

 症状として、代表的なものが3つ。

・フラッシュバック
事故・災害などの体験を突然鮮明に思い出し追体験する。

・回避行動
原因となった出来事・人物に関する事物を回避したり、
記憶の呼び起こしを回避する。

・覚醒亢進
ささいな刺激にも過敏反応する。イライラや不安感 
注意力散漫、感情のたかぶり回避行動が過剰になると、
悲しみなどの苦痛から逃れるために心理的な機能を
低下させて抑うつ状態になることがある。

 治療方法としては、薬物治療による精神的な安定
を図った上で、自己の体験を自由に語らせる
ナラティブセラピーが主流となっているとのことだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

震災が起こした民族の集団突然変異

22040306_03_2 テレビの街角アンケートで
震災による心の変化をリサーチしていた。

1.人をたいせつに、やさしくなった。

2.いつどうなるかわからない。
  一日一日をたいせつ。

3.「なんのために生まれてきたか?」
  など、いろいろ深く考えるようになった。

というのが、もっとも多い
数値の項目であった。

確かに3月、4月ごろ
道路を走っていても
道を譲ってくれたり
やさしくなった感じを
私も記憶している。

しかし、震災から3ヶ月と
ならんとする今日この頃は
どうか。

ちょっと、はっきりしない。

しかし、この1-3は
非常にたいせつなことだ。

「なんために生まれてきたか?」から
「なんのために生きているのか?」
「なんのために生きて行こう!」が
心に定まることは、しあわせな人生の
基本でありスタートであり、
全てかもしれない。

「一日一日をたいせつ」というのは
抽象的であり、そもそも一日とは
何ものであろう。

一日一日をたいせつにするということ
自分が一番たいせつにしたい感情、気持ちを
たいせつにした生活をするということであり
一番価値があると思っていることに
時間と心身とお金を投資する生活を
することである。

一人の人間である自分をたいせつに生活し生きて初めて
他人も一人の人間として愛おしくもなり
本当に人をも、たいせつに出来る人間になる。

これが、ここ数ヶ月や半年でなく
根本的に私たち日本人の精神土壌になったのなら
それは精神革命であり、すごい民族が
この星に集団突然変異を起こして
出現したことになる。

それは、哲学的気質のドイツ人や
カフェで哲学論を語り遊ぶことが好きなフランス人や
特異で特殊な生活を強いられる仏教国の人々でもない
きらきら輝くもっとも柔軟で深くて強い覚悟の民族の
誕生である。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

国民の一番大切な仕事が、いい政治家を選ぶこと。

連日の報道や新聞や雑誌で言われている
東日本大震災で明らかになった負の面を
まとめると

Photo 1.日本は危機管理がまったく出来て
  いない国であること。

2.原発安全神話の崩壊、
  安全神話のうその露呈

3.技術立国の過信状況
  広域の災害、原発事故への無力

4.東京電力に象徴される
  名門企業のおごり

だからといって、私たちが
これらに対して何が出来るだろう。

すでに起きてしまった事故
そしてこの状況に対しては
私たちは、放射線データーに
敏感になり自衛し、
何より少しでも有能な政治家を
一人でも多く、しっかり選挙で
選ぶことくらいだろう。

いや、むしろ「選挙」くらいではなく
力のない、愚かな政治家を選ぶと
我々の生活の安全安心、幸せもない
ということが分かったこの状況の中で
その政治家選出の選挙こそ
国民の最重要の責務であり
しっかりやらねばならないことだと
ここ連日、国会のテレビ、ラジオ
放送を見て、聞いていても
深く反省する今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「そばびと」のそば、びっくり仰天のおいしさ、おもしろさ!

P1350854 昨日の「そばびと」で作るそば
食べに行きました。

いやー、簡単!

おもしろい!

おししい!

そば粉の手動ミキサーと
そのこねたそば団子を
いれてそばを搾り出す
この「そばびと」そば好きの人
新しいおもしろい物好きの人には
ほしがられる一品。

ソバ打ちするほど
手間隙かからず
しかも手作りの
カテゴリーには入る
ほど良い手作り作業量。

充分、手作りのおもてなしになる。

作ったターゲットはそば好き
ソバ打ち好きの男性がターゲット
のようであったが
私は、主婦にも、ちょっとした
喫茶店や小料理屋、スナックやバーでさえ
いけると感じた。

目の前で、産地直送の
香り豊かなそば粉を
ミキサーでぐるぐるして
できたそばの練り物を
「そばびと」でそばにして
お湯に数十秒さっと入れて
新鮮なおいしいそばが出来るのは
最高のパフォーマンスであり
まっして岩手や全国のそばの名産地からの

350868 そば粉を手に入れば、
こんなおしゃれでかっこいい
おもてなしはない。

家庭用のドリルを使った
恐るべしアイデア。
感動!

この味、このおもしろさ
この便利さ、パフォーマンス
これは、いける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そばづくりの魔法の機械「そばびと」。毎日やりたい宣伝会議。

P1350771_2今日は、とてもかわいい子達と
出会いました。


「そばびと」なるものの視察?
すでに、地元マスコミでも取り上げられ
全国ネットの朝日テレビ系列の
「雑学王」にて取り上げられ
話題になっているものらしい。

P1350769

相当に簡単に、相当においしい
新鮮なそばがこの魔法の
「そばびと」なるそば作りの
機械でできるというのだ。

さっそく、明日、まずは
実物を見聞きし、触り
食べることになった。

それにしても
可愛すぎる。

これは、たまらん。

P1350776ここは、ル・テリエなる
ドックカフェの事務所。

おしゃれで、おいしいカフェです。

<この子たちのお母さん→>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展、ラジオ取材、ありがとう。みな、過覚醒?

4de60215e9911p1000046small_2今日は写真展の会場ソルナに
ラジオ局が取材に来てくれ
移動車でのライブ放送。

緊張!

いくつか説明不足舌足らずの
表現になってしまったが
完璧とはいかない。

でも、レポーターが手際よく
写真展の内容を細かく
アピールして頂き
ありがとうです。

収録のための打ち合わせ
終了後の、おしゃべりも
楽しく過ごさせて頂いた。

ただ、話の中で気になったのが
レポーターの方たちが
こうやって取材放送のため
被災地を回って以来、しばらく
眠くなったり、なんとなく活力が
なくなったりという状態が
続いていたという内容だ。

実は、その前の段階として
この大惨事に、頑張って取材しなければ
という使命感と異常な緊張状態で
頑張っていた<過覚醒>という
状態が続いてあったのではないか。

過覚醒というのは、精神医学の言葉で
ショックに直面したときに、
心の防衛装置が働くため
この状態が起こる。

ショックをそのまま受け止めると、
私たちの精神は崩壊の危機にさらされので
「私は怖くなんかないんだ」と、
むしろテンションを上げることで、
強い恐怖、おびえ、悲しみなどから、
なんとか一定期間、自分を遠ざけることで
心を保とうとするのである。
空元気に近い状態だという。

ただ、この状態は、止むを得ないものであるが
この状態が続くと脳は、疲労回復を図るために、
脳の覚醒水準を<低覚醒>にして、
「生命活動」と「精神活動」を低下させる
状態になるという。

この状態になると、私たちは日中でも
十分に覚醒できず、
眠気に襲われて日々の活動に
支障が生じるといいう。

それでも、脳の疲労が回復されないと、
脳はさらに覚醒水準を
超低覚醒(睡眠状態)にして、
疲労の回復を図ろうとするので、
朝起きられなくなり、
日中でも寝たくなったりする。

だから、ちょっとウツ状態とも違う状態。

ウツかなウツかなと心配せず
今、被災地の方もそうでない方も
日本人は、少なからずみな
過覚醒状態になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »