« 復興 | トップページ | 学生時代のイメージソングとイメージポエム »

一夜限りのライブハウス「喫茶ママ」

723jpg今日は絵画展の会場
喫茶ママで歌を歌った。

なぜか、そういうことになった。
常連客の紳士、淑女が
約束の夜7:30には
テーブルを埋めて
待っていた。

20代の初め頃
私は盛岡のライブハウスで
オリジナル曲と
人の歌をギターを伴奏に
歌ってバイトをしていた。

今日のライブの感じは、懐かしい。

まずは昨年の夏に作った
オリジナル曲から歌った。

昨夏、大学の美術科の
同級会的な食事つき
ミニコンサートをやったが
それに向けて書き下ろした曲だ。

やっぱり一応かってプロなので
オリジナルで行かないと。

タイトルは
「あの日あの頃のオレたちは」

譜面台とギター一本。
バックバンドありもいいが
やはりこれもいい。

調子こいてオリジナルと
中島みゆきのナンバーなど十数曲
1時間歌いまくった。

また、いつかやりたい。

「あの日あの頃のオレたちは」

作詞・作曲 ナカムラユウコウ

      1

あの頃のオレは気持ち悪かった
夢ばかり語り自分なんか無かった
夕日に背中を押されて歩いた帰り道
おまえもオレも天才気取りで浮かれていたね
あの日あの頃のオレたちしあわせでしたね
誰もが必ずしあわせになれると信じてた


あの時のあいつらは今しあわせでしょうか
どんな人生を生きてますか、しあわせでしょうか
あの頃のボクらが信じていたように 

      2

あの頃のオレと言えば斉藤真一と村上春樹とニーチェで出来ていた
朝からサ店や図書館で何かを読み何かを書いていた
頭の中はいつだって女の娘のことばかり考えていた
それでも渋い顔してコーヒーを飲んでいた

**

1978年の夏にはうれしいことがあり
1983年の秋には耐え難い悲しみがあり
1994年の冬にはつらい別れがあり
1998年の春にはしあわせな出会いがあり
そんなふうに そんなふうに人生は流れていく

*→**  

|

« 復興 | トップページ | 学生時代のイメージソングとイメージポエム »

人生」カテゴリの記事

コメント

シンガーソングライターでもあったのですね!
知りませんでした。
いつかいっしょにやってみましょう!

投稿: さかうた | 2011年6月15日 (水) 09時25分

さかうたさん

はい。お願いします。
まずは、是非、一度
お聞かせください。
それでは、また。

投稿: Nakamura | 2011年6月16日 (木) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一夜限りのライブハウス「喫茶ママ」:

« 復興 | トップページ | 学生時代のイメージソングとイメージポエム »