« 演劇ヲ見る。舞台に望むもの。 | トップページ | 「大人の流儀」愛する人を失った人の悲しみ »

久慈の麦生に絵を届け、野田で泥洗いのボランティア。

P1360731 本日、午前7時。
絵描きの弟と
久慈の合併合理化廃校となった
麦生中を使ってこの4月
震災の混乱の中
オープンした
「あーとびる麦生」に
寄贈の絵を届けに行ってきた。

前回、野田に支援物資を
届けに行った際
この市民による美術館と
P1360745_2 出会い寄贈の運びとなった。

運営されている地元
久慈方面の作家さんたちが
とても喜んでくれ
恐縮もし、コーヒー一杯の
時間だったが楽しくもあった。

私どもの絵も
この美術館も復興の何らかの
励みになればありがたい。

早々に、美術館は引き上げ
野田に向かう。

津波で泥を被った商品の
水洗い作業のお手伝い。

P1360754 10人ほどだろうか。

やはり、ここも
地元、盛岡を初め地元県内の人は
いない。

どの被災地もその傾向は強い。
昼休憩に一休みに入った喫茶食堂も
他県のボランティアの方たちで
一杯だった。ロゴ入りお揃いの
ウィンドブレーカー等で分かる。

喫茶店には全国から集まる
ボランティアのために
ハンドソープが企業から
届けられていた。

私も最初、どうしたものだろうと
驚いたり寂しかったりしたが
P1360751 やはり、被災地である地元の
市町村、県の人たちは
思った以上に心がやられている。
自分は被災してなくても
取引先や仕入先。卸先
営業先がやられたり
また、友人、知人、親戚が被災したりとか
現実的に仕事面で、生活で
心やられている人が多い。
エネルギーがやはりないのだ。

外での作業で肩から出るTシャツを
着ていたので、すっかり焼けて
しまった。やばい、普段から白くて
もち肌、やけどを起こした。

暑いと体も疲れる。
泥運びや瓦礫撤去などは
ちょっと、血圧の件もあるので
体を鍛え体調を整えないと
厳しいだろう事を知った。

出来ること、自分の得意なことで
貢献していきたい。

|

« 演劇ヲ見る。舞台に望むもの。 | トップページ | 「大人の流儀」愛する人を失った人の悲しみ »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久慈の麦生に絵を届け、野田で泥洗いのボランティア。:

« 演劇ヲ見る。舞台に望むもの。 | トップページ | 「大人の流儀」愛する人を失った人の悲しみ »