« 私たちは車だ。 | トップページ | 夏の実。 »

多くの人は、不幸になりたがっている。

自分を超える法 自分を超える法

著者:ピーター・セージ
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このことは、私は、よく言う。
ブログでも何度か書いた。

今日、いい本だな。
とタイトル「自分を超える法」にも惹かれて
そのまま立ち読みすること1時間半。

ダイヤモンド社刊行のビジネス書のジャンル。
怪しい精神世界の本ではない。
ビジネス書といっても、非常に優秀な
心理学、哲学の本と言える。

著者は、コーチングの世界No1と言われる
アンソニー・ロビンズの
史上最年少トレーナーの
ピーター・セージ。

初めて読んだ。
というか、初めての著作らしい。

目次を読み、興味のあるところを
ほぼ読み込み、これは
買って損はないとレジへ、1900円なり。

ほぼ読んだのに購入する決定をしたのは
もちろん全体的にためになることが
多々書かれていたことは、言うまでもなく
本の構成自体がコピー・ライティングの
最新ノウハウ凝縮で書かれており、勉強になるということと
何よりも、この本の中に
私がよく言っていること
ブログでも何度か書いたのだが
少し一般的には、えっ、何を言ってるのと
思われがちな、しかし、私としては
とても重要で生きていくうえで
最も注意しなければならない一つと
思っていたことが、この世界的な
コーチトレーナが本書で語っている
この数行にシンパシーと同志愛を
感じたからだ。

=多くの人々は、
 「前進して不安定感を享受し充実感を得ること」よりも
 「安定感を得て不幸になること」のほうを優先させています。=

この感情が深層心理に深く誰にでも
あるのです。この感情、心理を叩ききることなし
「幸せになりたい。」というしんみりとした相談に
何時間付き合い、どんなに情熱的に応え、アドバイスしても
意味がありません。人は、不幸になりたがっており
不幸になって安定したがっているからです。

人は不幸になりたがっている自分に気づかず
あるいは一部は確信犯で、なんどもなんども
何年も何年も、幸せになりたい、幸せになりたい
といろんな人に相談しまくる日々を過ごす人さえいます。


人は流動の中でしか、充実感も感動も味わうことは出来ず
幸せにもなれないということを知らなければなりません。
この世界は、これで安心・安全などという
夢のようなパラダイスは幻想であり
現実には存在しない。

すべて流動なのです。
その本質が流動と言う世界で
安定、安心という幻想に取り付かれて
そんなものを求めてはいけない。

安定・安心を幸せの中身にして
求めてはいけない。

そもそも幸せなんて求めるもではない。

人生において幸せなんか、どうでもいいこと。

価値基準の低いもの、人生で求めるものでは
ないのです。

あなたが、すべきことをする。
あなたが、したいことをする。
あなたが、社会とこの世界とこの星に
出来ること、貢献できることをする。

あなたは、日々進化し力をつけ
眠れる機能を活性化し稼動させて
あなたがそうなった分を
世の中に、あなたの周りの世界
あなたの存在する世界に
還元していく、その繰り返しが
人生なのです。

その全作業も流動の中にあります。

それは、あなたも、あなたの回りも
ハッピーにする。

そして、あなたにある力の分だけ
あなたが発揮した分だけ、世界を
ハッピーにできるでしょう。

|

« 私たちは車だ。 | トップページ | 夏の実。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多くの人は、不幸になりたがっている。:

« 私たちは車だ。 | トップページ | 夏の実。 »