« いろいろな質問 | トップページ | 「おまえは、ステキな花になれ!」 »

8月14日 被災地をロケ 陸前高田・大船渡・釜石・大槌を回る

P1390138 朝4:00
私のアトリエに集合。

東日本大震災の関連の
ドキュメンタリーの
撮影協力で今日は
お盆休暇のど真ん中だが
被災地の撮影に
向かった。

被災初のお盆
高速無料化による
大混雑などの要素は
被災地の道路状況の
混雑予測を難しくしている。
早め早めの移動行動。

まずは陸前高田に向かう。

瓦礫処理等、被災地は
その後、どうなっているのだろう。

あの高田一中から
全体を俯瞰して見ることの出来る
陸前高田は、どうなっているだろう。

すべてがグレーのカオスの
瓦礫の山は、被災から5ヶ月
鉄、コンクリート、木材と
分類されて積み上げられていた。

作業は進んでいると言うべきか
5ヶ月たっても、それしか
出来てないと言うべきか。

瓦礫の中に大きく広がっていた
海水の池は、この連日の日照りの中でも
枯れる事はなく点在していたが
4月半ば頃に、群生し飛び交っていた
カモメは、どこに行ったのか
まったく消えてしまっていた。

大船渡を回り
その後、釜石へ。

そして、壊滅の被害を受けた
大槌へ入った。

ここは、父母のルーツ。

P1390670 町長初め職員丸ごと
役場丸ごと津波に飲まれた大槌は
行政の体制も作業も最も遅れて
いるところだ。

遺体こそ、もうその場所に
ないだろうが名前と住所が
マジックで書かれたオレンジの旗が
瓦礫の中で何本も風に揺れていた。

壁が火災で真っ黒く焼け
ガラスも壊れたままの
大槌小学校の校舎の1階は
瓦礫から集められた
膨大な写真が保管されており
このお盆で見舞いに来た
帰省の被災者とその親族であろう人々と
報道のテレビ局のクルーたちで
込み合っていた。

それは悲しい賑わいだった。

すべての撮影予定を終えて
遠野を経て帰途、盛岡に向かう。
朝4時出発、夜8時終了
16時間にて作業終了。

|

« いろいろな質問 | トップページ | 「おまえは、ステキな花になれ!」 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月14日 被災地をロケ 陸前高田・大船渡・釜石・大槌を回る:

« いろいろな質問 | トップページ | 「おまえは、ステキな花になれ!」 »