« まず手をつけることと、「一歩」の意味 | トップページ | ワタシタチノシアワセ »

フィッツジェラルドの希望、ボブ・ディランの希望

010398e6フィッツジェラルドの

一つの敗北を
決定的な敗北と
取り違えるな。

と言う言葉は
失職、失恋、何らかの失敗をして
打ちひしがれそうな我々の心に
希望を与えてくれる。

荒々しいコトバだが
温かく熱い愛を感じさせる
力強さに溢れている。

もう一度頑張ろう!
と再挑戦、再出発の
思いを自ずと湧き
起こさせてくれる。

ボブ・ディランの

Imagecal90hb4_4何もかも失った時も
未来だけは残っている。

というコトバと共に
そんな時、力をくれる。

絶望するなと言うことだろう。
人生を小さなものと捉えるな
人生はもっと大きなものだ
いくらでも自分で大きく出来ると言う
ことだろう。

その敗北、この敗北が
とても小さなものになってしまうほど
自分で人生をいくらでも
大きく出来るということだろう。

挑戦ゆえの敗北は
挑戦することを
辞めない限り
次の勝利で清算されるし
何より次の、あるいは
より大きな勝利のための
糧そのものであるという
ことだろう。

負けると思った瞬間から負け
老けたと思った瞬間から
老化のプログラム
が開始されるように
希望を失った瞬間から
死へのプログラムが
始動する。

希望は、生を我々の存在を
成立させるエネルギーであり
生そのもの、存在そのものである。

これなしで生きることも
楽しく生きることも出来ない。

|

« まず手をつけることと、「一歩」の意味 | トップページ | ワタシタチノシアワセ »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィッツジェラルドの希望、ボブ・ディランの希望:

« まず手をつけることと、「一歩」の意味 | トップページ | ワタシタチノシアワセ »