« 15才の意味、地方の中学生における高校受験の意味、勉強する意味 | トップページ | 濱守栄子「国道45号線」 »

希望の法則と整理の法則

2jpg自分を全体的に感じたり
自分の今の状況を
全体的に把握しただけで
無意識に、無意志的に
人は、こうしよう
ああしようと
思いが計画が沸いてくる
ものなのです。

だから、意志を持とうとか
決意や目標、計画を持とうとか
考えなくていいのです。

ただ、自分を感じ人事のように
自分の今の状況を見渡すだけで
いいのです。

人はそこから黙っていても
気合いを入れなくても
自然に、一番たいせつなものが見えたり
とりあえず自分が出来ること
手をつけられることが見えたりする。

そこに自然と心が動き
意志や計画や決心が
生まれたりするのです。
それは希望の因子であり
やがて自然に希望となります。

だから、なにより大切なのは
自分を感じ今を見ること。

最近、自分のアトリエを
喫茶店仕様に改造中だが
まずは、なにより
物を少なくする
少なくした物を
どれだけ効率よく
生活感の漂わない形で
収納していくかということで
日々、物をまとめ物を捨てる日々。

その中で分かったのが
引き出しにしろ
本棚の書類にしろ
画材にしろ
広げて取捨選択すると
まず3分2か、半分
場合によっては
カラになる棚や引き出しになる
ということ。

だから、まず
一棚一棚、一引き出し一引き出し
まずテーブルに広げて
ただ整理したり捨てて見よう。

それを繰り返すと
部屋のお家の荷物は
3分2、2分1になり
3分1、半分のスペースが
出来ることになります。

お試し下さい。

|

« 15才の意味、地方の中学生における高校受験の意味、勉強する意味 | トップページ | 濱守栄子「国道45号線」 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 希望の法則と整理の法則:

« 15才の意味、地方の中学生における高校受験の意味、勉強する意味 | トップページ | 濱守栄子「国道45号線」 »