« ボケたり一部脳がやられても愚痴ったり悪口言わない美しい老人になるために | トップページ | 強い人間とは、どんな人間か、人間は強くなれるのか。 »

17年毎年続く高校の同窓会。介護の時代が到来。

Jpg毎年、クラスごとに参加者がステージで
一人一人ごと近況報告をする。
今年の同窓会は、やはり皆
3月の大震災話だった。

テーブルでは
何人か介護の話になった。

そういう世代だ。

苦労し悪戦苦闘している友人もいた。

親にやさしくできないで
自己嫌悪に陥って
落ち込んでいる友達に
こう言ってあげた。
彼には優秀な子どもが3人いる。

ー子育ては愛情で出来る。
 ウンチも臭くない。
 未来もある。かわいい。
  
 でも、年取った親の
 ウンチは耐え難く臭い。
 すぐ怒ったり、いらだったり
 いじけたりひねくれたり
 かわいくない。
 
 親の面倒は愛情じゃ出来ない。 
 人格がなければ出来ない。
 
 我々が、本当の一人前の大人
 本当の人間になり、さらに
 最後の人生の試練、神になる
 トレーニングメニューとして
 親の面倒を見るステージが
 準備されている。-

(私はクリスチャンではない。
 神とは宗教的意味の神ではない。
 人間を超越した、人間的悲哀や
  愚かさを超越した大いなる
  宇宙レベルの魂を意味する。)

彼はすばらしい人柄
信頼も厚い。

ピュアでまじめで誠実だから
自分にも厳しいのだろう。
きっとしんどいのだろう。

ありがとう、なんか元気が出たと
少し目を潤ませていた。

私も感極まり、もう一つ重要な
助言をした。

大切なのは、コトバ、コトバ遣い
丁寧できれいな言葉遣いが
介護の疲れや苛立ちで
自分を見失わないための
重要なスキルだ。

息子、親でなく、他人を預かる
お医者さんになった気分で
介護ヘルパーになったつもりで
美しく手際よく受身でなく
明るく元気に介護することだ。
それは、冷たいことでも
悲しい考え方、姿勢でもない。
お互いにとって、それは
居心地のいいこと
快適なことだ。

何事も人間の取り組みは
受動でなく攻めの能動的
気持ちの方がストレスが
ないのだ。
 

|

« ボケたり一部脳がやられても愚痴ったり悪口言わない美しい老人になるために | トップページ | 強い人間とは、どんな人間か、人間は強くなれるのか。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

今、介護している人は
いませんが
すごく腑に落ちました。

親戚のお姉ちゃんが
介護でストレスが
あるようなので、
教えてあげたいです。

投稿: ドラミちゃん | 2011年8月23日 (火) 14時36分

ドラミちゃん

是非、お姉ちゃんに
教えてあげてください。

もし、アルツハイマーの場合は
特殊な脳の病気で
症状にいろいろな特徴があるので
介護されている方が
アルツハイマーを患っている場合は
今、いろいろわかりやすいいい本が
たくさん出ているので
一冊、何か読むと
だいぶ介護が楽になると
思います。

その場合は、あわせて
お伝え下さい。

投稿: nakamura | 2011年8月23日 (火) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 17年毎年続く高校の同窓会。介護の時代が到来。:

« ボケたり一部脳がやられても愚痴ったり悪口言わない美しい老人になるために | トップページ | 強い人間とは、どんな人間か、人間は強くなれるのか。 »