« 太陽の陽子と太陽の陽太 | トップページ | 15才の意味、地方の中学生における高校受験の意味、勉強する意味 »

苦しみと不安からの決別について

722jpg 私の興味は
人の心の中から一切の
苦しみと不安を
消滅させること。

愛しき人々と人類から
一切の苦しみと不安を
消滅させること。

究極それだけが
最大の興味、関心事
一番のこと。

おまえは
ブッタの生まれ変わりか
みたいでゴメンナサイ。

でも、ふざけてません。

もちろん、
2番、3番、4番、5番もあるけれど
これほど胸高鳴る情熱の湧く
そして必要に迫られた
私の作業はない。

これが、正直
自我意識というものを意識できてから
数十年、生涯を通して変わらぬ
興味であり情熱である。

たとえば

イラストレーターや画家として大成することや
創作家や小説家やエッセイストと
として成功することよりも
億万長者や見目麗しき人間であることよりも
わかりやすくて実効性があり
決定的効果のある人の心から
一切の苦しみと不安を消滅させる
魔法の文章とシステムの創出は
この人生のまじめな一番の
情熱だ。

1ヶ月しか寿命がないと言われたら
迷わず集中して私は
この人の心から苦しみと不安
もがきを消滅させることに
いくらかでも役立つ
この人生で私が掴んだ情報や
アイディアを一心不乱に
書き続けるであろう。

それが先立ち
私の残していく人々への
人類の後輩への最も
熱く純粋な一人よがりの
愛の結晶だ。

しかし、問題は大きい。
私は死、間近かでなければ
それに行動を起こさないのか。
これは、私の薄情さと
やはり怠惰さと集中力と
思いっきりのなさに由来している。

だから、完璧などと力まず
まず、今日、頭にあることを
このブログという場で
一息で言えることだけ
書いておきます。

今晩、史上最悪のマグニチュード9.5が来て
あるいは、交通事故で死んでしまうかもしれない
のですから。

それでは・・・・・

苦しまない、悲しまないと決めると
苦しまない、悲しまない
哲学が生まれる。

すばらしい哲学が完成され
苦しまない、悲しまない状況を
自分と言うものを
作り出すのでない。

哲学が必ずしも苦しみ悲しみを
消滅させるものが出来上がるとは
とはかぎらない。

益々、生きていることをつらくさせる
苦しみと悲しみを増大させる
哲学に辿り着くことも
ありうるのだ。

苦しみと悲しみで充満した心と脳みそで
構築した哲学は、その構造のひと柱に
パネルの一つに、そのパネルの裏側に
苦しみや悲しみを使ってしまうかもしれない

生き方や、生きる意味やなにやらが
わかったから、はい、それでは
生活と人生に、苦しみも悲しみも無くなりますよ
というものでなく、苦しみは、悲しみは
痛みのようなものであり
人生や自分の意味がどうであろうと
無いほうがいいものである。

だから、苦しみ悲しみに
ほとほと疲れきった疲労困憊の日々を過ごしていたある日
私は、苦しみと悲しみに一方的に決別宣言をした。

苦しみと不安は、この世界と人生のなすがままに
任せていたら、きりがないことを知ったからだ。

それなりに生きている実感を味わらせてもくれ
もしかしたらその向こうに大いなる喜びや
哲学を準備してくれているかも知れぬ
苦しみ君や悲しみさんと
突然の一方的決別宣言は
勇気のいる決断だった。

しかし、思い切った。
思い切れるまで、私は、私を苦しめている
苦しみ不安を見切ったと言える。
それで、もはや見限ったである。

リスクはあったかもしれない。
苦しむこと、悲しむことはもっと
大切にすべきものだったかもしれない。

しかし、私は、苦しみ悲しみを見限ったその後、
バカにもならなければ不幸にもならなかった

むしろ私は脳みそは強健になり
自律神経はますます太くなり
思うように心と体と行動をコントロールできるようになり
思考は自在となり、何よりもエネルギー効率はよくなり
楽しく、照れくさいコトバだがずいぶん幸せになった。

だから、私は、この決断に
後悔していない。

私は皆さんととても違うと言えば
限りなく違う。しかし、似ていると言えば
限りなく似ている。

大きな尺度で言えば
見分けのつかないほど
私とあなたはそっくりだ。
そんな私が、私と私の人生の
しつこいしつこい
苦しみと不安の実験と観察を通して
得た考察から私は、あなたに問い
語るだろう。

苦しみ悲しんでいる自分を
重要なもの、重要な状態と
大切にする必要はまったくない。

苦しみ不安をエネルギーにせずに
生み出す大きな哲学、エキサイティングで
りっぱでしっかりした高度で深々な哲学を
生み出すことは出来るのだ。

その哲学を自分の存在と生活、人生の
背骨にして、強く楽しくおおらかに
しあわせに生きていける
そういう人生を開始することが
出来るのだ。

苦しみや不安を大切にするな。
そういう状況にあるある自分を
重要に考えるな。

苦しみと悲しみから解放された脳と精神と存在で
哲学と自分の人生計画と指針は創造された方が
良いのである、楽しいのである。

|

« 太陽の陽子と太陽の陽太 | トップページ | 15才の意味、地方の中学生における高校受験の意味、勉強する意味 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦しみと不安からの決別について:

« 太陽の陽子と太陽の陽太 | トップページ | 15才の意味、地方の中学生における高校受験の意味、勉強する意味 »