« 私の人生、私とは特別なものか? | トップページ | 脳を鍛え発達進化させるための運動 »

わらび座公演「アテルイ」

Musicalshop_ges12930踏を見せること
音を聞かせること
光と闇の効果の演出と
プロの舞台集団だ。

日高見の里の蝦夷の人々の平和な日常
中央の蝦夷征伐軍との戦いのシーンの
歌と舞踏は見事で感動した。

太鼓のシーンも良かった。
初めて本格的な太鼓の公演を聞いた
人は、かなりしびれたと思います。

特に公演終盤の岩手山噴火の
太鼓による表現の演奏は圧巻であった。

私は、新潟から船に乗り
佐渡の島に渡り徒歩で
島を横断した。

旅の途中の宿で聞いた
演舞場での太鼓演奏のプロ集団の
鬼太鼓(おんでこ)大小いくつもの
太鼓だけの演奏は若き日の
旅の感傷も手伝って私の心身を
麻痺させた。

あれ以来の感動であった。
ミュージカルもいいものだ。

わらび座

日本では宝塚歌劇団や劇団四季に次ぐ規模の劇団である。
安達和平、岡村雄三、三重野葵、椿千代、丸山有子、
碓井涼子などの看板役者に加え、ベテランから新人まで
層が厚い。

日本の伝統芸能を重んじ、ミュージカル、民舞、歌舞
などを得意とする。ジェームス三木、中村哮夫、市川森一、
高橋克彦、甲斐正人、内舘牧子などの著名人からも
協力を得ており、固定のファンも多い。

近年は大都市公演のみ有名俳優を主役に招くこともあり、
パク・トンハ・速水けんたろう・朝海ひかる・杜けあき
などが客演している。

|

« 私の人生、私とは特別なものか? | トップページ | 脳を鍛え発達進化させるための運動 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わらび座公演「アテルイ」:

« 私の人生、私とは特別なものか? | トップページ | 脳を鍛え発達進化させるための運動 »