« 掃除をし日報を書き、ご心配かけてますが、そして毎日元気です。 | トップページ | 「それなりの私、まあまあの私」が嫌い »

真剣に取り組もう。「楽しく生きること」

Photoおまえは、おまえを
ちゃんと楽しませて
生きているか?

「楽しく生きる」ことに
きちんと意思を持って
努力し工夫し
そのことにおいて
全責任者であるか?

楽しくないのを口にしたり
悶々と一人心に沈め
抱えて苦しんでいる
悲しい弱弱しい
日々を過ごしていないか?

まずおまえが誰よりも
一等最初に愛すべき
育てるべき自分自身を
生殺しのように、そのように
存在させていないか。

世界は素晴らしく
神秘と感動に溢れ
人間は、この星誕生以来の
35億の全能力を
生まれた時点で誰もが
その小さな5尺の身の中に
その脳に、その細胞一つ一つに
リンパ腺に血液に神経に全て
持ちあわせているのに
何も見ず、何も感じず
何も勉強せず、何も開放せず
なんのどのスイッチもオンにせぬまま
どこにも足を運ばさず海を渡らず
空を飛ばず、そして
自分の能力に何一つ気づかず
ただただ目先の小さな比較ばかりして
自分を卑下して嘆いて愚痴いて
生きていないか?

「楽しく生きる」そのことの決定に
その決心に、その努力と工夫の維持に
そしてその達成と、その達成の維持に
全ての人間力の総力が現れ
それが人間の総合評価だ。

評価なんかどうでもいいけど
底力をつけよ、楽しくあれ。
信じれれないけれど、必ず終わりある
この短き、宇宙誕生から150億年にくれべれば
1秒にもならない一瞬の人生だもの。
一瞬なら一瞬で、美しい楽しい
彗星であろう、光の一筋であろうよ。

「楽しく生きる」ということは
人間に生命に課せられた義務なのだ。

義務というより、かといって権利でもないが
「楽しく生きる」ゴールも
それを達成、実現すまでの
努力と工夫とお勉強によって
学ぶ課程全てが、この世に
生れ落ちて我らが手にする
その一つ一つが
この宇宙のグレートサムシングからの
ご褒美、プレゼントだ。

あなたは
今こうして、ブログを見ている
あなた自身と、この今の瞬間にこそ
永遠と無限を感じないか?

あなたの今いる存在するそこは、
そしてあなたの人生は
およそデズニーランドの
千倍、万倍楽しい
ワンダフルワールドなのだ。

ということに気づかないか?

そうそう、注意事項は
「楽しく生きること」を目指すのでなく
目標にするのでなく
「夢」を目指すのだよ。

オッケー!

|

« 掃除をし日報を書き、ご心配かけてますが、そして毎日元気です。 | トップページ | 「それなりの私、まあまあの私」が嫌い »

人生」カテゴリの記事

コメント

他人と比較してしおれていました。
もう一生楽しいことなどないに決まっていると信じていました。
でもほんの少しのことがきっかけで嘘のように心が晴れることがあるのですね。それは結局自分自身の心の持ちようと、一歩前に出ることの勇気が鍵のようにも思えます。

陸前高田に行ってきました。
竹駒の国道沿いにジョニーが仮設の店舗を出していました。
何十年ぶりに店主のYさんと会いました。
そして11月の26日にそこでライブをすることを決めました。奥州市の友人がチラシをデザインしてくれて、きょうジョニーに届きました。

高田への想いと現地での出来事を写真と文で綴った「海のある町」のファイルを今盛岡や他県のいろいろな場所に置いてもらっています。NTPの教室にも置いてもらうことはできるでしょうか。ここの場所でお願いするのも変かなと思ったのですが・・・。してしまいました。
メールアドレス入れましたのでよろしくお願いします。

はい!夢を目指します!

投稿: sakauta | 2011年10月24日 (月) 20時02分

sakautaさん

数日間、東京国際映画祭関連で
東京に行ってました。

コメントの返事遅れまして
ゴメンナサイ。

陸前高田、国道沿いにジョニーの仮設の店舗
11月26日(土)のライブ
頑張ってください。

「海のある町」のファイルを
もちろん私のアトリエにも
置いてください。

お茶一杯飲めるくらいの
時間の取れる日に
いらってしてくださいね。

投稿: nakamura | 2011年10月26日 (水) 23時45分

ありがとうございます!
国際映画祭・・・前に太樹男さんのブログで
縄文人を見ましたが、あの映画でしょうか。

近いうちにおじゃまします!

投稿: sakauta | 2011年10月27日 (木) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真剣に取り組もう。「楽しく生きること」:

« 掃除をし日報を書き、ご心配かけてますが、そして毎日元気です。 | トップページ | 「それなりの私、まあまあの私」が嫌い »