« いやー!泣いた、泣いた、号泣。都立杉並高校吹奏楽部。夢のつかみ方。 | トップページ | 山ぶどうは食べても、野ぶどうは食べないでください。 »

南舘麻美子展

Dscf3117古風な老舗の旅館を
ギャラリーとして
開放している盛久。

Dscf3115 いい版画展があるから
見に行ったらと
弟から電話。

最終日、あと
1時間半ある。

南舘麻美子。

盛岡出身。
多摩美の院まで行って
版画を研鑽。

その後、大学に
助手等で残り
現在は神奈川の相模原に住み
作家活動に専念のようだ。

独自な刷り方で
なかなか味わいのある
刷り肌を出している。

画面の中に出てくる
少女や動物はおっとりとして
目がまあるく作家に
似ている。

数点、立体もあったが
愛らしくファージーで
好感の持てる作品だ。

今後、広大無辺な心の中に住む
キャラクターとステキなシーンを
掘り起こして作品世界を
広げていって欲しい
楽しみな作家だ。

|

« いやー!泣いた、泣いた、号泣。都立杉並高校吹奏楽部。夢のつかみ方。 | トップページ | 山ぶどうは食べても、野ぶどうは食べないでください。 »

作品展・個展ご案内や記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南舘麻美子展:

« いやー!泣いた、泣いた、号泣。都立杉並高校吹奏楽部。夢のつかみ方。 | トップページ | 山ぶどうは食べても、野ぶどうは食べないでください。 »