« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

ありがとうございます。ブログ本日にて丸3年。

Photo2009年1月1日より開始しまして
本日にて丸3年となりました。
いつもご来訪くださいまして
ありがとうございます。

2012年の皆様と世界が
たくさんの幸せで
包まれることを
お祈りいたします

2011・12・31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月30日、市場で海鮮ラーメンを食べる。

12412110正月の買い物で
市場に行った。

市場の外は
大粒の雪が
冷たい風に舞っていた。

この大きなテントのような市場の中も
冷え込んで寒い。

風邪をひかぬうちに
市場の中のラーメン屋に
迷わず駆け込む。

正月中風邪で寝込んでは
たまらない。

海鮮ラーメンを食べた。

ー野田の磯ラーメン思い出すな。ー

と一緒に来た弟がラーメンを
啜りながら言う。

二十数年、毎年夏の盆の頃は
久慈に行くとその野田の
はまなす食堂で磯ラーメンを
食べに行っていた。

海岸からだいぶある高台の
そのラーメン屋が津波に
さらわれるなど誰が思ったろう。

海岸から30メートルもの高さに
あろう所だ。

従業員と親父さんと
愛犬女の子の可愛い
ゴールデンが流され
息子は消防団員として
防波堤を閉門しに行き
そのまま波に飲まれた。

もう今日までなんども
この話をしてきたので
喉まで出たが私は何も
話さず一人ラーメンを
頬張り、スープを啜りながら
ただただわずか9ヶ月前に
死者・行方不明者2万人の
考えられない大惨事が
本当にあったのだと
あらためて心が重くなるのを
感じた。

2011年よ。合掌。安らかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれしいお客さん。

Pc290173 夕方、可愛いお客さん
かち合わせ。

お互いすっかり意気投合。

記念にパチリ。

来年も元気でね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状書き上げ終了の快挙。

2jpg 東京から盛岡に戻って20年。
おそらくお正月前に年賀状を出し
正月の年末年始の年賀状書き
から開放されたのは、初めてでは
ないだろうか。

うれしい。

これで正月は受けの仕事でなく
攻めの仕事が出来る。

やっぱり仕事か。

「常在戦場」
デスクは戦車で、
アトリエは基地か?

ーどんな戦略で
 世界のどこを攻め
 何のための戦いで
 何を創り出そうというのか。ー

仕事は生きている喜びの
シェア作業にほかならない。

それは「ありがとう」の感情の
継続空間なのだ。

仕事は楽しいに
決まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しい城下町、盛岡。美しい中津川河畔。

Pc270132 中津川河畔。
盛岡の中で
一番大好きな街並みだ。

盛岡の中心
官公庁街を流れながら
秋には鮭も
太平洋から登ってくる
川の透明度全国4位の
清らかで美しい川。

今日は久しぶりに
一人でぷらぷらした。

いろんな散歩する
ワンちゃんと出会える。

向こうの橋の袂には
幸せそうな楽しそうな家族が
Photo カモや白鳥におやつをあげて
戯れている。

年の瀬近く
橋の上のいつもより多い車が
慌しく走っているが
河岸ののどかさは
別世界のようだ。

川沿いに蔵屋敷
武家や商家が並ぶ。
気の利いた小さなカフェや
雑貨店もある。

二十代の頃から
何度、スケッチをし
写真を撮り詩を書き
何度左岸、右岸と
Pc270152 散歩したことだろう。

今日は駅前に移転した
盛岡城跡公園内に
県立図書館を改築して出来た
郷土資料館に初めて入ってみた。
今後は、散歩の途中の
休憩場所にもしよう。

盛岡が全国的な評判や
人気はこの辺りの街並みが
根拠になっている。

盛岡は大津波も来ないし
平和で安全で美しい街だ。

そして、いつまでも
平和で安全で美しい街で
あり続けますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここのところBGMはアデル。「19」と「21」

31216_2アデル「19」がとても良くて
やっぱり「21」も聞きたくて
今年世界最高の最高の
売れ行きのアルバムというものが
どんなものかも興味があって
レンタル開始が待ちきれず
日本版の4曲多いものでなく
安いというだけでなく世界で
最高セールスのオリジナル版
の方を買った。

日本版は2400円。
オリジナル版は1600円。

ここ最近のアトリエでの
仕事、生活のBGMは
アデルの「19」と「21」だ。

曲もそうだがきっと
声質が生理的に
好きなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年間で2500人をみとったお医者さんの言葉。

Kashiwagi_dr とてもいい言葉を教えてもらった。

「人は生きてきたように死んでいく」

10月9日の毎日新聞の夕刊
ホスピス医・柏木哲夫先生のインタビュー

その記事で柏木氏は
感謝して生きてきた人は
感謝して安らかに死んでいく。
不満と他者への怒りを機軸に
許しと感謝の無い人は、
不満と怒りで最後の日々も
過ごし死んでいくという
語っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ワークホリック

72_3jpg思い起こせば
2011年9月7日の夜中
私はあの事故で電柱と激突し
死んだのだ。

そう思って
仕事をしよう。

私の今日は私の人生には
本来存在しなかった
サムシンググレートからの
プレゼントされた日々だ。

仕事をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イブの前日、随想。2011年12月23日

Kurisumasu_imgz270913280001明日はクリスマスということで
天は恒例にしたがって
街を雪景色で包んだ。

冷たい吹雪の街から
アトリエに戻り
パソコンの前の椅子に
座ろうとした時
ふと本棚の小さな
「ニーチェ詩集」が目に入り
手に取る。

ニーチェはいい。

やさしい言葉はいらない。

寒い冬の凍てつく空に
澄んで響き渡るこだまのような
ただただ上等な精神による
言葉の連射に身を置きたい。

可能ならこの冷たい冬の夜道を
雪降る中、ニーチェの詩を
読み口ずさみながら
街中を朝まで歩き続けたい。

きっと夜中に聖書を持った青年たちと
出くわし、彼らは私を数人で囲み
神への入門をあれやこれやと口どき、
天国行きの切符で誘惑するだろう。

私は「ツァラトゥストラはかく語りき」
を右手に持ち「神は死んだ」と言う。

彼らは顔を見合わせた。
それが動揺なのか、私への
一斉攻撃のタイミングを伺ったものなのか
分からなかったが、私に不安はなかった。

この冬の寒い雪降る真っ暗い
早朝未明の街中で愛を説き、
天国を信じなければ
生きていけない彼らは充分に
私には愛おしく充分な愛情を
持てた。

だから、私は、怯まず続けた。

「こここそ天国で『今』こそ永遠で
キミこそ、キミたちこそ
『神』だ」と私は言った。

しばし沈黙が起きた。

そしてしばらく沈黙は続いた。

彼らは、「ニーチェに入門」したいと
言う。

私は彼らの潔さと本当の強さに裏打ちされた
清さに驚き感動しまくし立てた。

「ニーチェは、勇気を持って変化しようとうする
その勇気と変化の中にこそ、いや
ニーチェとは勇気と変化そのものを言う。
既にあなたは、ニーチェの入門者どころか
このイブの日に、めでたく神と決別し
神そのものになり自分の人生と
この世界を手に入れニーチェとなった。」

そして、ボクらは側の自動販売機で
ジュージアの缶コーヒーを買って
乾杯をした。

「生まれ変わろう!
 今日は、これからの人生の
 最初の日。」

そして私は、自分自身には
こう言った。

ニーチェよ、私は仕事をする。
朝日に向かって宣言しよう。

私は仕事をする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家政婦ミタの高視聴率

Mita東日本大震災
巨大津波3万人の死亡
続く福島原発の不安。

笑えないこの年に
笑わないキャラ
松嶋奈々子演じる
「家政婦のミタ」が
高視聴率。

最終回は驚異の40%越え。

笑えない、笑わないキャラに
興味と感心と共感を抱きながらも
笑って欲しい、笑いたいという願いと
国民の深層心理をくすぐり続けた故の
今世紀最大の脅威の高視聴率となった
のではないだろうか。

ただ笑わないのでなく
納得できる笑えない理由を持つ
キャラへの同情、ただ笑わない
怖い単純なキャラでなく
温かいもの、深い人間愛を秘めさせながら
何ものか分からないスタンスを維持させた
シナリオライターと松嶋奈々子の演技に
賞賛を送りたい。

お疲れ様でした。

私たちはミタさんのまねせず笑おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑いの力

Photo笑いには人生に良いことを
呼ぶ力があります。

自分の存在する
家族、関わる職場、組織、
あらゆる人間関係に
幸運を呼び込みます。

笑いは病を無くします。

笑う人の脳は
生きるためのDNAのあらゆる
スイッチをオンにし
体内のあらゆるシステムを使って
その体を生かすため
その体に病があれば
その病を直す薬を作ります。

笑いは人生に幸運を呼び
自分の病のそれを治すための
宇宙でたった一つのその病を治す
そのぴったりの自分専用の薬を
作ります。

笑いましょう。

大切なのはおかしくなくても
おかしいことがなくても
運動するように一日一度は
笑いましょう。

意外と一日一度も笑わない日が
あるのではないでしょうか。

笑って自分の脳を騙すのです。
自分は生きていたいのだ。
幸せなのだと、すると
宇宙の幸運の回路は
自分につながり
体内には宇宙唯一最高の薬が出来上がり
全ての病を治し健康にする。

笑いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目指すべき人間、目指すべき地点

Sono272jpg誰からも愛される人間は
目指すべきものじゃない。

息苦しく死んじゃうぞ。
結局一歩も進めない。

背中重くて肩こるぞ。

誰をも愛せる人間
いやそれは無理でも
愛せなくても
出来る限り誰をも
許し理解し慈しめる人間は
目指そう。

するとあなたの世界は
あなたが愛する人と
許し理解し慈しめる人間だけが住む
居心地のいい今より
だいぶ愉快な世界に
なるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

理想を書き出すだけで生活と人生の質はあがる。

「自分は本当はどんな生活をしたいのか?」
「自分は本当はどんな人間になりたいのか?」

なるべく具体的に書き出しましょう。

似たようなことをなんどか書いてますが
この作業の大切さを改めて実感する場面が
私の生活の中で、人との関わりの中で
時折、出くわし再認することが
多いのです。

3jpgそうして改めて、そのことを
訴えたくなります。

でも、このことはとてもたいせつことだと
思っているので、その時々、微妙に感覚も
述べる視点、切り口や表現も
変わってくるので何度でも
言いたいなと思っています。

衣食住から、人間関係
やること、趣味趣向まで
思いつくままになるべく
詳しく書きましょう。

こんなことしたって無駄でしょうか。
そんなことやってなんになるんだ
というものでしょうか。

意思を持った方が
憧れや希望や夢や願望やらを
はっきりさせた方が
それだけで実現も早いし
何よりそれをしただけで
生活と人生の質が良くなります。

自分が、自分の心が、自分の意志が
生活と人生を変えることを
知っている人は
この作業の価値、力を
充分わかっているでしょう。

次にやるべきこと。

どうすればそのようになれるかを
本、ネットで調べ、そして
すでにそれを実現している人に
コンタクトを取れる幸運な環境
人間関係があれば助言を仰ぐなど
徹底的に情報を集め、それから
精査し選択し整理し
自分の今できる形、アクションに
落としていきます。

より早く実現するため
生活のある部分を変えたり
場合によっては仕事を変えたり
生き方というソフト面を変えたり
感じ方や捕らえ方、考え方を
変える必用も出てくるかもしれません。

また一方でそれを阻害し邪魔し
速度を鈍らせるものは
排除、決別しなければ
なりません。

ただ、この作業をするだけで決意したり
頑張ったりせずに、深い無意識層が
それに少しでも近づく新たな行動や
行動パターンを自然に新規追加させたり
ある行為に魅力や意欲、欲求を
消滅させたりして自然にアンインストール、
破棄させたりします。

しかし、その実現に対して
最も大きい阻害要因と考えられるもの
やってはいけないリストの意図的な
作成ということもたいへん有効でしょう。

「自分は本当はどんな生活をしたいのか?」
「自分は本当はどんな人間になりたいのか?」

このことをしっかりと明確にし考えないと
目の前にある問題に振り回され
場当たりの時間つぶしの
人生になってしまいます。

出来る出来ない
成れるなれないに関係なく
憧れの人生、理想の人間像を
明確にしておくこととは
非常に私たちが
楽しく充実して質の高い人生を
生きるためには、そう
楽しくもあり
素晴らしい人生を創造、完成するために
このことを明確にする作業は
人生の最重要事項です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝った所が強いということ。バルサの美しさ、メッシの驚異の天才度。

Pn2011121801001832___ci0003_3今日は朝からワクワクしていた。
世界30万クラブの頂点が決まる
FIFAクラブ世界一決定戦があるからだ。
夕方4:30からは日本代表の柏の
3位決定戦。

柏は再三ゴールチャンスがあったが
最後まで決められず、PK戦に持ち込まれ
アナンサーがこの選手は
「一度もPKを外したことがない。」
と言うか言わぬかの最中に止められ
PK外して、試合を圧倒し支配していた
柏が負けてしまった。

シュートチャンスが100あっても
一本もゴールネットを揺るがすことが
出来ないチームと、1回のチャンスに
一本ゴールを決めるチームとでは
どちらがチーム力がありうまいのかは
分からないが間違いなく
得点を入れなければ勝てないし
強いというのでは間違いなく
強いのだ。

実際、100回も守りきり1回で1度
シュートを決めきれる集中度と
瞬発力、心と運の強さがある。
いずれ勝負の世界は
勝った方が、強いということだ。

なでしこジャパンが女子ワールドカップで
世界一になった。

Scyg201112191ns300 決勝のアメリカ戦。
あのワンバック選手の強さ
チームの強さは圧倒的だった。

それでも入れられても入れ返し
2対2の同点まで持ち込み、なでしこは
PK戦を制して世界一になった。

なでしこも、澤選手も
やはり世界一であり、
世界一の強さだ。

サントスとバルセロナの決勝戦。
あのブラジルのサッカーの体現者サントスが
あそこまで何も出来ず、バルサの芸術的パス回しと
天才的メッシの天才の実態をさらに世界に
明確に強烈に刻み付けた圧倒的試合、勝負だった。

ブラジルでペレと国民をして
天才と賞賛されていたネイマールも
何も出来なかった。
メッシのドリブルのボールに
触れることさえ出来なかった。
ネイマールはおそらくチームとブラジルサッカーと
自分の実力にとに失望し、温かい家を飛び出し
ヨーロッパに武者修行に出るのでは
ないだろうか。

おそらくバルサはサントス以上に強いチームを
ヨーロッパでいくつも破って、この大会に
やってきたのだろうと思う。

南米4万チームのチャンピオンのサントスと
激戦のヨーロッパ20万チームのチャンピンとの
力の差はあまりにも大きかった。

バルサはボールを持っていない10名が完全に
機能しフォローし稼動している
究極的チーム、強い組織の模範の
芸術的モデルを見せてくれた。

おそらくは、クラブ世界一だが
どのナショナルチームも勝てないし
サッカー史上最高のチームの
最高の試合を私たちは
今日、ライブで見たのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島原発近くのある家族

Photo近所の温泉に
朝風呂に行った。

朝食は
今日はモスの
モーニングセット。

モスのハンバーグは
カリッとしてうまい。

モスには新聞や
雑誌がある。

ここのモスは毎日新聞。

家族写真が一枚大きく載ってた。
福島第一原発から三キロの所に
住んでいたある家族の写真だった。

痛ましい。

この東日本大震災の被害に
1番も2番もないが
福島は原発の分、二重苦になっているのは
まちがいない。

モスの店内も
まもなくやってくるクリスマスの
飾り付けになっている。

そして今年もまもなくで正月が来る。

おじいちゃんを失い
嫁を失い孫を失った
おばあちゃんはどんな
クリスマスをお正月を
送るのだろうか。

妻と娘を失った息子を
どんな思いで毎日
接しているのだろう。

そして37歳の妻を失い
今だ行方不明の7歳の娘を
短い一時帰省に海岸と川べりを
探し続けるその人に
クリスマスは、お正月は
どんなにつらいものだろうか。

大地震、巨大津波は
自然災害だ。

しかし、原発は違う。
これは、人間の利得と利便性の
快楽追求とエゴ故の人災だ。

今だ、人っ子一人いない
その避難警戒区域の街中に
さまよい続ける犬、猫
豚、牛が合わせて
1000頭強いるという。

これも人災だ。

いまこの機会に我々はきちんと覚悟し
判断し未来を選択しなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペースを作る裁断機利用法!

Pc170013待ちに待った裁断機が
今日届いた。

4~5センチの
厚さの書籍や雑誌まで
一刀両断できる。

背表紙を裁断し
バラバラにしたものを

1.必要な所だけ取りおき
  保存する。

2.自動読み取りスキャナで
  デジタル化する。

  ●プリンター製本指定で書籍化する。
  ●電子書籍として読む。

という形でどんどん
書籍、雑誌、資料をデジタル化して
アトリエの紙物を大幅に減らし
スペースを作り、アトリエの
設営喫茶店化を推進したい。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3作品追加!小冊子販売開始!

Pc160003_2さいとう製菓「かもめの玉子」
作品展にて3点作品追加しました。

合計15点となった
今回の展示全作品の
収録小冊子1,000円の
販売も始めました。

元気の出るコトバを
クリスマスプレゼントに
どうぞ。

全作品、本展示会のための
書き下ろしポスター作品です。

どうぞよろしくお願い
いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当の自分、目指すべきそこ、旅の目的地

Imgz170029260001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トムクルーズは素晴らしい人間。

トムクルーズの大学での講演http://www.dnj.jp/learning/

Pic_tc_001 ミッション・インポッシブル
1から3まで見ました。

考えてみれば
ラストサムライも見ました。
あのダスティーホフマンとの
レインマンも見ましたが
あの弟役がトムクルーズ
だったんですね。

ミッション・インポッシブル
に話を戻しましょう。
1が一番いいどころか
しり上がりに素晴らしい。
1、2、3とおもしろかった。

エンターティメントの
映画でもこれだけハラハラ
どきどき、そして
クオリティーの高い映画は
あまり記憶無い。

そのトムクルーズだが
彼は学習障害を持っていて
たとえば
bとd、gとqが区別できず
随分、少年時代はその障害で
からかわれいじめられたという。

そのため運動だけはと
相当、少年時代から
鍛えたという。

今、こうして俳優になってからも
活字を見て読んでセリフが
暗記できないため
セリフを音にとって耳から
覚えているという。

すごいですね。

そうやって欠落している
能力を優れているところと
努力して伸ばせる能力で
補い自分の人生を切り開き
創造していている。

感動ものですね。

そんな素晴らしい人の
素晴らしい努力で
出来上がっているのかと思うと
やはり新作の4はお金を払い
人として?見に行くべきかな
と思っています。

彼は学習障害の
子どもたちに夢を与え
支援啓発活動も
一生懸命している
といいます。

読むことで
何も理解できない学習障害の
いじめられっこの少年が
世界的映画スターとなり監督し
いくつもの映画会社を経営し
世界中をわくわくさせ
世界中の多くの人から
愛されている。

彼が主演し彼が作っている
どの映画よりも
彼自身と彼の人生が
ミッション・インポッシブルだ。

ミッション・インポッシブル<不可能な作戦(使命)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トムクルーズの誘惑

981c7d1732トムクルーズは
なぜ、こんなに人気が
あるのか分からなかった。
ミッション・インポッシブル4
のプロッモーションで
日本に来たニュースを
見てその理由が分かった。

ミッション・インポッシブル
おもしろそう。

今回の4は1を超えるという
説明は、つまり1が一番
おもしろいのか。

さっそく1、2,3と
ゲオで借りてきた。

問題はこの手の
スピーディーなハラハラ
アクションものは
あまり仕事のBGに適さない。

ついつい見いってしまうからだ。

3本見た。

心配通り映画鑑賞会に
なってしまった。

まっいいか。

問題は4を観に映画館に
行くかどうかだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月食の翌日の月と翌日のこと

Pc110030今日は朝から一日中
次々とアトリエに多くのうれしい
来客があった。

それは人生における
たくさんの幸せの
1つだ。

過去にとって
今日は未来だった。

未来に幸せをもたらす
今日を生きよう。
そういう人との
関わり方をしよう。

そんな風に思える
しあわせな一日だった。

月と太陽と地球は
一直線に並んだけれど
今日も世界は
存在している。

良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月と太陽と地球が一直線に並ぶ日

2011_1209_04重力に何か影響を与え
大地震を誘発すると
予言的にいう人がいる。

確かに久々に
地震があった。

北海道の方でも
海外でも地震があったようだ。

でも、11年前にも
一直線になったという。

でも、3月のような
大地震の記憶は無い。

地震と津波は
もうゴメンだ。

まもなく今日が終わり
明日になる。

空は雲が多く残念ながら
月食は見ることは
出来なかった。

そういう日だった事を
留めて置こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生と仕事の関係

Imgz121305390001自分の仕事を
嫌悪し憎み惨めな気持ちで
働きその仕事場に
いてはいけない。

ならば潔く
その場を立ち去るか
そうでなければ
あなたのやり方で
あなたの心を込めて
その仕事とその場を愛するか
そして自分の仕事にする。

その2つに1つということだ。

かもめの玉子の
「ナカムラユウコウの
             コトバ展」より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛された人と愛されなかった人の生き方

Imgz111534370001_2 かもめの玉子の
「ナカムラユウコウの
             コトバ展」より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ナカムラユウコウのコトバの展示会」開催

Imgz092044520001東京国際映画祭参加
ドキュメンタリー映画
出演記念写真展が
昨日で終わり
本日より同会場の
国分通りさいとう製菓
「かもめの玉子」さんで
展示内容が替わり
ブログのエキスを
短くまとめた言葉や
この展示会のための
書き下ろしの
メッセージによる
コトバの展示会を
店内いっぱいに
開催しております。

ご近所お通りの際は
どうぞお立ち寄り下さい。

お立ち寄りの皆さんに
エネルギーの充電できる
コトバと出会えればと
願っています。

                                           <展示作品の一つ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耐えられないのは「繰り返す」感情。

Jpg私は自分を忙しくしないと
退屈で死んでしまうほど
弱い少年でした。

繰り返す春夏秋冬
繰り返す日常
生きることに
飽きてしまった感覚を
持ったのが10歳。

その退屈感情にさいなまれ
苦しめられ続けていた
本当に弱い弱い少年でした
若者でした。

今だって、本質は
変わらない。

私はいつだって
自分を忙しくさせている。

いつだって変化しようとしている。

立ち止まり、繰り返すことに
絶えられないからだ。

過去より今が一番好きだ。

昔は・・あの頃は・・・若い頃は
良かったとばかり言う人には
少し閉口する。

あなたは、昨日より今日を
楽しくしようとなんら
努力と工夫と思索をせずに
だらだら流れに任せて
10年も20年も50年も
生きてきたのかと
質問したくなる。

何かを学んだり
強迫観念で追われるように
進化しよう、変化しようと
毎日あくせくしている。

変わらないことは
進化しないことは
繰り返すことだからだ。

何が耐えられないって?

たいがいは大丈夫。
我慢強いほうだ。
でも、繰り返すことだけは
耐えられない。

いつも忙しくしている。
お金になるなら無いは
関係ない。

自分が誰かを不幸にしたり
何かを非常に困る状況に追い込まない限りは
自分が出来ること、求められることは
ほとんどイエスで生きてきた。

それはやさしいとか、えらいとかの話じゃない。
それは、私がこの人生と世界に退屈しないで
存在し続けられる願っても無いことだからだ。

私は本当に弱い少年、若者であった
そして人間であることを知っている。
その弱さは並じゃない。

だから、私は、自分を楽しくさせることを
大切にし拡大しそれを常態化できるよう
あるゆる工夫を必死でしてきた。

苦しくほとほと弱い自分の存在と
その心の状態に疲れきって
生存し続けるぎりぎりの精神状態
巨大なる虚無を直視し体感し熟知しているので
自分の心の安定、管理コントロール、
幸せで充実していることに
細心の注意を払いできる限りの
最大の工夫、具体的工夫を
たくさんして生きている。

自分が充実して幸せで楽しい気分でなければ
弱い私は、誰も愛せないし、実りある仕事は
何一つ出来ないことを
私は良く知っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は言うまでもなく魔法使いでも神様でもドラえもんでもない。

Pomera_2jpg 東日本大震災発生から
今日まで、空くことなく
様々に支援活動をしている
友人とお茶を飲んだ。

命だけは助かったと
たいへんながらも高揚し緊張していた
避難所生活から、仮設住宅での生活は
配給になる食べ物もなく衣食住すべて
自己責任で、今や、緊張も和らぎ
改めて震災の不条理に向かい合い
改めて失ったものの大きさに
脱力感と失望、絶望し笑顔も
口数も人との交流もなくなり
事態は好転どころかますます
悪くなっている。

物質的なこと、経済や仕事のことも
そうだが、何よりも、精神の心の危機が
被災地を新たな津波になって
襲っている。

私は彼と別れた後、ポメラの
キーを打ち始めた。

      ●

人生に起きた
この世界に起きた
どんな出来事だって
起きてしまったら
それは仕方が無い。

無慈悲だ、冷たい、
人間じゃない
なんて言われても
私は魔法使いでも
神様でも
ドラえもんでもない。

私の周囲に一部、私を
ドラえもんだと思っている人や
子どもたちもいる。
それは間違いだ。
百歩譲っても
それは体型だけだ。
私だってできれば、
ドラえもんになりたい。
「どこでもドア」を使って
あの日に戻って
大津波が来るぞって
声をからして、喉がつぶれたって
被災地を回りたい。

でも、ドラえもんでもない
魔法使いでも、神様でもない
未熟なる、薄情なる私は、批判覚悟で
あえて、起きたことは
しかたがないと言おうと思う。

しかたがないというのは
別に肯定しているわけではない。
起こるべくして起こったなどと
言っているのでもない。
これは事実だ、
起こってしまったんだと
受け入れるしかない
認めるしかないという
意味です。

問題は
そのことで苦しむか悲しむか、
はたまた、どれだけいつまで
苦しみ、悲しみ続けるかは
自分が時と相談し
そのことに心身と生活、人生が
支配されているその状況に
いつ決別するか、その覚悟を決める
その時を決めねばならない。

たとえ
家をなくし
財産をなくし
愛する人をなくしたとしても
残りの人生を苦しみと悲しみだけの
中身にしては本当に悲しすぎる。

そんなきれいごとを言えるのは
当事者ではない周りの我々の思いであり
発言だろう。

当事者たちは悲しみ苦しんで
ばかりもいられないと
百も承知だ。

でも、どうやっても悲しみ、不安、
絶望が襲ってくるという
状況だろうと思う。

しかし、しかし生きていく限り
そんなことはだめだ。

人生の中身が悲しみ苦しみだけなんて
そんなの人生といえない。
そんなのは人生ではなく
ただただ終わりのない地獄絵図
地獄空間でしかない。

あまりにもせつない人生だ。

どうか人生を取り戻して欲しい。

その悲しみは無くならなくても
新しい喜びを、新しい楽しみを
新しい生きがいを、ミッションを
新たな覚悟と決心を
その人生に、この人生に
起こし加えていって欲しい。

被災地の人たちをガラス細工に
触れるように気を使ってばかりはいられない。
怖いものに触るようにあたりさわらずに
いつまで接していていいのだろうかと思う。

被災地では悲しみ苦しみせつなさで
鬱も蔓延しどんどん自殺する人が
増えているからだ。。

家をなくし
財産なくし
愛する人を亡くしても
生きていく希望や生きていく意味や
欲求を起こさせることこそ
哲学者、作家も思想家、そして詩人、宗教家
全ての文化人のミッションではないか。

東日本大震災で
亡くなった3万人の周りには
家族がいて恋人がいて
亡くなった彼を彼女を慕い
尊敬する人々が
5人も10人もいて
掛け算すると、その悲しみに
その苦しみに耐えて今だ
毎日泣き続けている
数十万の人々がいる。


さらに、長い間頑張って築いた
財産を家を仕事を無くし
その影響を共に受けている失意の人々と
その周りに思いを同じくする人たちを
また掛け算すると
それもまた数十万の数になる。

家を無くし
財産をなくし
愛する人を突然
何の因果も見出せずに
失った人々の
心と生活、人生の復興、再生は
被災地の人たちだけの問題でなく
机上の哲学論議など足元にも
及ばぬ切実で現実的強烈な
全人類の哲学的課題であり
日本国全体、日本人全員で
総力を挙げて対処して
いかねばならない
現実問題である。

頑張ろう!日本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

随分長い間、松本人志は天才という噂を聞いていたが、噂は本当だった映画「さや侍」

Sayadvd001やっぱり
噂どおり松本人志は
天才ですね。

映画「さや侍」DVDを見ました。

喜劇という予想を
抱かせるコマーシャルをして
おいて、やられました。

見てない人のため
作者への思惑と敬意を持って
ストーリーばらしはしません。

もちろん、既に多くの人が
ブログやなんやで話しているでしょうが
ささやかながらの松本人志監督と
作品への敬意をはらって私は
語りません。

30日間のお笑いへのチャレンジという
単調になりそうなこのプロットを
見事に飽きさせずテンポ良く進めている。

何よりもキャスティングがいい。

松本氏の現状の役者市場の中で
最高のキャスティングなのでしょう。
キャスティングという映画の
構造ですね。みな、良かった。
納得です。

最後に仕掛けられた
ダイナマイトに
胸打ち抜かれますね。
やられましたね。

新作なので単品で借りれば
250~300円台で高いのですが、
無駄遣い抑えて、いい映画です、
見てください。

Image いゃ~、松本人志にはやられましたね。
ピストルに胸、撃ち抜かれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一番大好きなことを、いつかでなく、今日から1時間、2時間しよう!

Gjpg自分が一番好きなこと
一番やりたいことを
二番、三番でなく
一番好きなことを
一番やりたいことを
今日から1時間、2時間
あなたのその生活の中で
今日から開始しよう。

せめて1時間、30分、45分
何とかなりませんか?

一般的に一番、自分の時間を
確保できるのは朝です。

朝、何かを捨て何かを効率よくするか
あるいは、1時間、2時間早く起きるか
どちらかの工夫をして朝にその時間を
持つことをお勧めします。

定年になったら
子育てが終わったら
暇が出来たら
何歳くらいになったら
などなど言うのは
辞めましょう。

忙しい、忙しいと言うのは辞めましょう。

ちなみに本当に忙しい人は
忙しいと言わないんですね。
だいたい、無駄な時間が多く
だらけてスキだらけの生活、生き方をしていて
どこか他人依存、環境依存の
大人になりきれてない甘えんぼちゃんに限って
忙しい忙しいと、よく言いいますし
人のためになる何かを断り、
自分のためになる何かを始めない
理由にします。

一番好きなこと
一番やりたいことを
今、やれる形でやれるやり方で
やれるだけやらずに
先送りせず、楽しみを
取っておかず今日から
始めたらどうでしょう。

自分史や小説を書くもよし。
水彩やずっとやりたかった何かアートを始めるもよし。
英語を、中国語を、韓国語を始めるもよし。
まずは本を読みまくるもよし。
一度は挑戦したいと思っていたあの書籍読破に
取り組むもよし。
何かの研究を、スクラップを、収集を始めるもよし。
何かの資格取得に挑戦するもよし。
美容と健康の何かを開始するもよし。

時間無いんです
忙しいなんて言わずに。

自分を楽しませ、自分を豊かにさせ
自分の存在の仕方を納得させることに
自分を満足させ誇りを持たせることに
自分を楽しいと実感を持って生きさせることに
もっとスピーディーに本気で
瞬発的に、だらしなさを捨て、したたかに
賢く貪欲に一生懸命になりましょう。

今日という自分の一日の生活に楽しく
充実感を持って自分を存在させるために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村上春樹さんの言う「東日本大震災以後の人あり方」を解説

Imageca2mkhff_2 村上春樹さん、
NYタイムズ紙にインタビュー
を受けたという。

ここ数年、ノーベル文学賞の候補として
毎年、名前があがる
世界的人気作家となってる
村上春樹氏。

村上春樹は今月、欧米でも翻訳版が
発売された自身のベストセラー小説
「1Q84」や東日本大震災後の
日本のあり方などについて語った。

「戦後日本の繁栄は終わった。
 価値観を変えねばならず、
 お金や効率性では計れない幸せを
 獲得する方法を考えねばならない」

私たちの人生の成功、幸福は何か。

あまりに多くの人が
大金持ちになることという
あまりにも幼稚な答えしか実は
深層持っていない。

この人生で大金持ちに成らなくても
美味しいコーヒーを飲みながら
語り合えるたくさん友のいること。

信頼し信頼され、尊敬し合える
同僚、同志、先輩や後輩がいる
先生や師匠、目指すべき
人間がいること。

この人生で大金持ちにならなくても
生きがい、
やりがい、働き甲斐のある
仕事を労働を持っていることだろう。

大金持ちになることより、それらへの価値に気づくこと。

そして、そういう人生を生きること
構築すること。

それが村上春樹さんの言っている
ことだと思う。

しかし彼の言うように
私もチャンスだと思っていたが
東日本大震災で少し見えかけていた
お金で買えないものへの気づき
また効率至上主義を否定する
覚醒の感覚が既に今日日ぼやけ
東日本大震災以前の日本に
戻りつつある気がして
ならない。

いいものを作り、人々が求めるものを作り
いらないといってもお金が集まってくる
人たちもいる。

お金を否定しているのではない。
お金や効率性のために
愛や友情や人間としての誇りや良識を犠牲にしたり
他者の悲しみ苦しみや不幸を担保にして
利益至上主義、効率至上主義に陥っている
これまでの来しかたの否定と
そこからの脱皮を村上春樹さんは
訴えている。

この東日本大震災を日本民族の
飛躍的進化の因に昇華し、
その好機にしようという願いですね。

最も世界で、人の人生における
幸福創造、創出のプロ集団、民族
に成らねばならない、なって欲しい
という願いですね。

充分、その可能性はあります。
なぜなら、家も財産も愛する人もなくした人間が
もう一度、幸福な人生を創出するというのは
相当なレベルですからね。

しかし、そこを何とか超えなければ
相当数の家、財産、愛する人を亡くした人が
不幸なままで人生を終えなければならないことになる。

それゆえ、家、財産、愛する人さえも
なくした人たちの幸福の再生、未来への希望と
人生への意欲の復興と創出は
村上春樹氏を初め
知的作業、文化に関わっている作家、
芸術家、哲学・思想家など文化人
こと被災国日本の文化人の
ミッション、使命ではないかと思う。

その哲学と現実的スキルを所持した
世界の模範、指針となるべき日本人に
進化する好機に変えねばならないという
今や、世界的オピニオンの一人となっている
村上春樹さんの洞察と願いに心から
賛同する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

問題は受信機、ポイントは受信機の進化。

Images の世界と宇宙には
無数の電波が流れている。
すごい電波が、すごい種類。

受信機の私たちの
その受信能力が
問題だ。

受信感度とその受信能力が
悪ければ、世界は単純なのものとして
把握され、その人生も単純で
つまらないものになる。

しかし世界は単純で
つまらないものじゃない。

自分が高度化し複雑化し
深まり高まり拡大するごとに比例して
世界も味わい深く満ち足りていく。

この世界は無数の電波と
そして秘術と秘宝と
奇跡と感動に満ちている。

奇跡と感動を探しに遠くへ
旅に出ることはない。
秘宝や秘術を求めて世界旅行、
探検冒険に出ることもない。

私たちがそこで
その場所で深まり高まり拡大し
進化すればいい。

世界を豊かにするには
私があなたが豊かになるしかない。

そこでその場所で
受信機のアンテナの感度を高め
能力を高めることだ。

この宇宙のこの星の
この世界のどこのポイントも
等しく甲乙つけがたく
奇跡の塊り、秘宝、秘術の
満てる所だからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »