« フォトギャラリー・カフェ「ソルナ」で教え子たちの写真を見る | トップページ | 仕事を15分5分で片付けるツールの砂時計 »

人間及び人生いついて

S2651v生涯で人は
およそ3万人と出会うという。

その中の一人と
あるいは数人と
熱烈な恋をするかもしれない。

サラリーマンの生涯賃金は
およそ平均2億円という。

多いようで少ない?
少ないようで多い?
確かに年間500万として
10年で5000万円。
40年でその4倍の2億円。

70~80年生きるとして
25550日~29200日の人生。

人間一人の血管の長さは
およそ10万キロ。

地球、赤道を2周半。

だいたい人生と人間とは
そういうものです。

|

« フォトギャラリー・カフェ「ソルナ」で教え子たちの写真を見る | トップページ | 仕事を15分5分で片付けるツールの砂時計 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間及び人生いついて:

« フォトギャラリー・カフェ「ソルナ」で教え子たちの写真を見る | トップページ | 仕事を15分5分で片付けるツールの砂時計 »