« 携帯電話の二刀流 | トップページ | 人間及び人生いついて »

フォトギャラリー・カフェ「ソルナ」で教え子たちの写真を見る

P1200005 東京から帰省の高校時代の友人の
写真家とソルナに写真鑑賞とランチへ。

教えている美術部の子達に写真部と
兼部している子達もいるので
彼らの写真を見に行きました。

ここ盛岡中央高校は県内最大規模の
私立高校。

東大・国公立医学部を目指すコースから
P1200004 普通科・情報処理・留学コース
自動車科までのマンモス高校だ。

私はかって8年間、週に1~2日授業で
美術を教えていたが、数年前から
どうしてもということで現在はクラブだけ
週1で面倒を見ている。

写真部は、写真甲子園に東北で唯一
昨年に続き2年連続選ばれ、
全国大会として撮影コンペに参加し
その様子はテレビでも放映された。

ソルナでの写真展では、生徒一人ひとりの
名前はなくどれが誰のものかわからなかったが
あえて個々人ではなく部として見て貰いたい
という意図があったのだろう。

それにしても、ここのママさんは
毎週木曜日休みの日に
私のアトリエで絵を描きに来ているのだが
絵もパステルで見事な絵を描くが
料理もうまい。

一緒に行った友人も一緒に食べたランチを
絶賛していた。

ソルナでは、ここで写真展をした方のものを中心に
たくさんのステキなポストカードも売っている。

|

« 携帯電話の二刀流 | トップページ | 人間及び人生いついて »

作品展・個展ご案内や記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォトギャラリー・カフェ「ソルナ」で教え子たちの写真を見る:

« 携帯電話の二刀流 | トップページ | 人間及び人生いついて »