« 雨の日も、風の日も。ある「ボク」の物語 | トップページ | 人気のクラムボンのコーヒー豆と「かのとゆり」の美味しい絵。 »

「アントキノイノチープロローグー」この人生で一番の号泣映画

「アントキノイノチープロローグー」
この人生で見た映画で
20111111034239ecb 一番号泣しました。

感動しました。

いや、素晴らしい作品ですね。

映画の号泣というと、すぐに
次の2つ思い出します。

一つには、映画「ビッグフィッシュ」
登場人物が次々出てくるラストシーン。

もう一つに、ジブリ作品「耳をすませば」。
月島雫の初めて書き上げた
へたくそな長編物語をおじいちゃんが
褒めるところで、号泣ツボにはまりました。

しかし、「アントキノイノチ」は
その比ではありません。

二度、三度、本当の号泣ですね。

いやー、やられちゃいました。
数年分、泣かされました。
いやー、10年、20年分
泣かされたかも。

|

« 雨の日も、風の日も。ある「ボク」の物語 | トップページ | 人気のクラムボンのコーヒー豆と「かのとゆり」の美味しい絵。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アントキノイノチープロローグー」この人生で一番の号泣映画:

« 雨の日も、風の日も。ある「ボク」の物語 | トップページ | 人気のクラムボンのコーヒー豆と「かのとゆり」の美味しい絵。 »