« インフルエンザ猛威 | トップページ | あっという間の一日が25000個集まると・・・ »

「パンツを下げて街中を駆け回る人」

72ずいぶん、昔に亡くなった
遠い親戚のご婦人と
そっくりな人と
薬王堂の駐車場で
すれ違った。

とても似ていて
ちょっとびっくりした。

あの人は死んだのだ。

確かにあの頃、存在していた人が
今はどこにもいない。

感傷とは別次元で
ただその事実が
すごい鮮度で
私を包んだ。

「人は確かにこの世から
 存在しなくなるのだ。」

私もいつか、まもなく
確かに存在しなくなるだろう。

私があと、どれだけの寿命を
持っているかは分からない。

いずれ確実に存在しなくなる。

そう考えると全てが
たいしたことではないのだ。

何事も楽しくやろう。
楽しくやろうと思う。

やろうと思っていること。
やらねばと思っていること。
やりたいと思っていること。
そして私にとっては大きなことが
この人生にはなんと多くのことが
手付かずのままで
残っていることだろう。

その多くは、ほとんどは
誰にも迷惑かけないどころか
むしろやれば喜ばれる
実現されれば祝福される
多くのことなのだ。

それらは単に
私の怠慢さと勇気のなさと
持続力や真剣さの不足ため
手付かずになっているものばかりだ。

勇気を持って、決心をして
そんなものどんどんやってしまおう。
人の評価や人の目など気にしたって
しかたがない。

たとえはベストと言えないかも知れないが
たとえばパンツを脱いでお尻を
出して街中を走ったとしても
「まさかあの人がね・・・・」と
「そういう兆しは前からあったね・・・」と
ああだこうだと、人に少々
言われたり思われたり
するだろうが、それまでのことで
それ以上でも以下でもない。

人というもの世の中というものは
人生というものは、そういうものだ。

おそらく
あなたが今やろうとして迷っていること
決断しかねていることは
パンツを下げて街中を走り回るよりは
意味のあることだし、
恥ずかしいことじゃないし
もっとマトモでステキなこと
なのではないか。

迷ってないで積極的な方の選択をチョイスして
やってやろう、やってしまおう。

パンツを下げて街中を駆け回ることより
意味のある何かを自分の決断と
意志でやり抜こう。

|

« インフルエンザ猛威 | トップページ | あっという間の一日が25000個集まると・・・ »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パンツを下げて街中を駆け回る人」:

« インフルエンザ猛威 | トップページ | あっという間の一日が25000個集まると・・・ »