« 「中村太樹男君 画業20周年を祝う会」楽しい会でした。 | トップページ | 堤真一の「地下鉄に乗って」、なかなかいい映画でした。 »

『メゾン・ド・ヒミコ』 いい映画でした。

Mezondohimiko 『メゾン・ド・ヒミコ』
いい映画でした。

卑弥呼役の田中泯
目で演技できる
なかなかいい役者だ。

オダギリジョーは甘いマスクで
今一、実は避けていた役者だったが
いい演技にびっくり。

今後は、彼のも見よう。

卑弥呼には沙織(柴咲コウ)という
娘がいて、彼女は、母親と自分を捨てて
ゲイとして生きることを選んだ
父親を許せないでいた。

卑弥呼がゲイのための開園した
老人ホームを舞台に、ゲイである
父親を許せない娘と、そこで暮らす
ゲイたちの様々な生き方を
描いていく。

なかなかしっかりとした作りの
いい映画だ。

作りのうまいいい映画だ。

|

« 「中村太樹男君 画業20周年を祝う会」楽しい会でした。 | トップページ | 堤真一の「地下鉄に乗って」、なかなかいい映画でした。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『メゾン・ド・ヒミコ』 いい映画でした。:

« 「中村太樹男君 画業20周年を祝う会」楽しい会でした。 | トップページ | 堤真一の「地下鉄に乗って」、なかなかいい映画でした。 »