« 自分がどんな船に乗れば、自分がどんな船なら、人は人生を航海できるのか? | トップページ | 私の企画書の書き方、企画の仕方。 »

ボーイズオン・ザ・ラン

131411500496713421576映画としてのつめが素晴らしい。
甘さがない。

映画としてのシリアスさが
すばらしい。

それにしても
いやなプレーボーイ
営業マン役の松田龍平 は
はまり役だった。

主人公の先輩同僚役の
小林薫 は、本当渋い。
今まで、彼のテレビ・映画の出演作で
一番さりげないけど
かっこいい男を演じた。
押さえたいい演技、しびれました。

主人公の勤める会社の社長役の
リリー・フランキーも渋かった。

いやー、素晴らしい映画です。

主人公、田西敏行役
峯田和伸 も熱演でした。

ストーリーと作りと甘さのない
役者の演技は、最高の
花丸100点の映画です。

|

« 自分がどんな船に乗れば、自分がどんな船なら、人は人生を航海できるのか? | トップページ | 私の企画書の書き方、企画の仕方。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボーイズオン・ザ・ラン:

« 自分がどんな船に乗れば、自分がどんな船なら、人は人生を航海できるのか? | トップページ | 私の企画書の書き方、企画の仕方。 »