« 東日本大震災考察 その2「自らの命を失った人たち」 | トップページ | イラストレーション3月号。いい絵は、3年、5年の命のエネルギーをくれる。 »

東日本大震災考察 その3「愛する人、家も財産も何もかも失った人も幸せになれるのか!?」

72sironukijpg東日本大震災は私たちに
嘲笑うかのように
人類の叡智を試すが如く
ある問を突きつけている。

それは

「愛する人、家も財産も何もかも
 失った人間が幸せになれるか!?」

という問いだ。

私たちは、この悪魔が嘲笑する問に
ひれ伏すわけには行かない。

でなければ
たとえば、一夜にして
両親を失い独りぼっちになった子供たちや
孫とともども一瞬にして
わが息子、娘を失ったおじいちゃん
おばあちゃんに、あなたは、あとは
一生死ぬまで不幸でいなさいと
悪魔に同意する悪魔の一員に
なってしまう。

我々は、我々叡智の
水の星の、奇跡の知性の
生き物は、決して
この難問に白旗は
ふれない。

我々は、どのような状況になっても
しあわせを獲得できる
幸福で価値的で満ち足りた
楽しき人生を再生、復興、創造できる
宇宙屈指の高等生物であることを
宣言しなければならない。

さらには、命を賭して
自ら愛する人たちと別れ
自ら財産も何もかにも失って
誰かを守り、誰かを救う
悪魔が想像だにできない
高貴なる精神を持つ
生物であることを
悪魔に知らしめたい。

|

« 東日本大震災考察 その2「自らの命を失った人たち」 | トップページ | イラストレーション3月号。いい絵は、3年、5年の命のエネルギーをくれる。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災考察 その3「愛する人、家も財産も何もかも失った人も幸せになれるのか!?」:

« 東日本大震災考察 その2「自らの命を失った人たち」 | トップページ | イラストレーション3月号。いい絵は、3年、5年の命のエネルギーをくれる。 »