« 「さよなら」「ゴメン」「ありがとう」を言えなかった人たち | トップページ | 啄木かるた »

頼もしい優秀な日本の学生たち

P5164_0今日は5時半起床。
ラジオのスイッチオン。

東日本大震災の
被災地にボランティア活動を
している大学生たちの
ボランティア活動をしての
感想を次々と話していた。

ある男子学生は
被災地に行き
活動しながら自分の幸せに
深く気づいたという。

Tsunagari2_2 なんと幸せで楽しい日々を生きて
いることだろうと
家族や友達に感謝の気持ちが
湧き溢れ、ずいぶん優しくなれたという。

それは、旅の効用と似ている。

もちろん、1000年に一度の
被災地へのボランティアも
名実共に一つの旅だ。

また、ある女子学生は言う。

ボランテイァに行くか行くまいか迷ったが
行って良かったと。

行動することでしか、学べないことがある。

実際に行って次々と予想だにしないことを
学んだ。

机上では考えることも
予想もできないことが、
行動には溢れている。

私は行動して修正しながら
生きてゆきたいと思う。
その方が人生は豊かになると思うと
語っていた。

大学生というと遊びほうけて
コンパばかりしているイメージがあるが
日本の学生たちもまだまだ
捨てたもんでない。
頼もしいと思った。

|

« 「さよなら」「ゴメン」「ありがとう」を言えなかった人たち | トップページ | 啄木かるた »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頼もしい優秀な日本の学生たち:

« 「さよなら」「ゴメン」「ありがとう」を言えなかった人たち | トップページ | 啄木かるた »