« 「嫌い」の中に見る自己進化の課題 | トップページ | 私と私の人生に意味は無い »

今日は5月2日は忌野清志郎の命日。ぶっ走ろう!この世界と人生を。

3494772318_16f459e814今日は5月2日は
忌野清志郎の命日。

ーこんな夜におまえに
 乗れないなんてー

なんてキュートでエロくて
せつなくてロック詩なんだろう。

ラジオから聴こえる清志郎の
アナーキーでピュアな歌声を聴きながら
深夜勉学に励むあの頃のまじめな十代の
男の子たちは、翌朝、皆、夢精したものだ。
                        
でも彼女だけがクルマじゃない。
ボクラもみんなクルマなんだ。

ガソリンがなければ走れない。
走れなければクルマじゃない。
クルマだろうがなかろうが
それはどうでもいいけれど
走れなければ楽しくない。

ガソリンスタンドで
ガソリン入れるのは
ガソリンスタンドに頼ることで
弱いやつのやることだ
なんて、そんな理屈はあるかい?
そこまでストイックに
アナーキーに
生きることはないだろう。

自分でアラブと交渉して
重油輸入して
精製してガソリン作って
走らなきゃ男じゃないかい?

それじゃー、もしかしたら
一生かかっても
ガソリン入れられない。

ガソリンスタンドで
ガソリンを入れよう!

ガソリンスタンドで、
ガソリン入れるか入れないかじゃなく
ガソリンは入れて、満タンにして
どこに向かうか、どんな走りをするか
何をするか、どんな仕事をするか
じゃないか!?

いつもガソリンは
満タンにしよう。

毎日、点検して補充して
毎日いつも満タンに戻しておく。
これ、最も確実に幸せになる手。

山の中や森の中、海岸のがけっぷちや
往来激しい街中でガス欠なんか起こして
牽引してくれって、父ちゃんや兄弟や
友達に泣きついて迷惑なんか
かけちゃいけない。

ガソリンの補給だけは
みんなしっかり自分で責任もって
毎日、点検、補充して満タン!
これが一番大切。

ガソリン満タンにして初めて
いきたいところに行けて
自分のやりたいことをやれる。
人のためにだって
何かしてあげられる。

ガソリン満タンにして
自分の本当の走りをするんだ。
自分の本当にやりたいことを
本当にやりたい仕事を
やりたいようにやれるだけ
やりきるんだ。

よくよく考えると
ボクラが行ったことのあるのは
見たことがあるのは
この日本の、この世界の
何万、何十万分の1にも満たない
ほとんど行ってない、見てない。
そして同じようにたくさんのやりたいこと
やれること、やれるかもしれないことの
いくつも実行はしていない。
今だ何もやってないと言って
しまってもまちがいではない。
これがおよそボクラの人生の実態だ。

ガソリン満タンにして
この世界と人生を
ぶっ走ろう!

|

« 「嫌い」の中に見る自己進化の課題 | トップページ | 私と私の人生に意味は無い »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は5月2日は忌野清志郎の命日。ぶっ走ろう!この世界と人生を。:

« 「嫌い」の中に見る自己進化の課題 | トップページ | 私と私の人生に意味は無い »