« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

ナカムラユウコウの絵・コトバ・写真展

Dscf34356月4日、月曜日より
盛岡市本町通の
喫茶ママで展示会を
開催いたします。

今日は、搬入に行ってきました。
月・水・金の日中はなるべく
会場に居たいと思います。

声かけて掛けてください。

今回は、コトバのポスターと
昨年6月の写真展以降の
被災地の写真と、イラスト
数点で開催致します。

どうぞ、ご高覧くださいませ。

6月4日(月)-6月15日(金)

11:00am~9:00pm

喫茶ママ

盛岡市本町通1-8-10

TEL019・622・5576

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「嫌い」の中に見る自己進化の課題テーマ

722jpg_2私は貧乏臭い人、
どこかおどおどしている人
何かうそっぽい表面的な人
がいやだ。

テレビを見ていていても
芸能人でも、私の感性で
そう感じるタレントはどうも
だめでチャンネルを変える。

自分がそういう人間
だからかもしれない。

自分の中にその要素が
断ち切れていないからだろう。。

ある人が、誰かを嫌いだと
切々と語る時がある。
するとけっこう多くの場合、
その語っている当人のことかな
と思うほど、語る当人と
嫌う相手と似ている場合がある。

かっこつけシーは
かっこつけシーを異常に嫌う。
プライドの高い人間は
プライドの高い人間を嫌う。
神経質な人間は
神経質な人間を嫌う。

嫌う感情にはそういう
仕掛けがあるので
本質、同質のところがあるので
機会があって意気投合すると
親友なったり、異性だと
恋になったり、ライフまたはビジネスの
パートナーになる場合もある。

いずれ嫌う相手のその部分に
自分進化の課題、テーマが
あることを知るべきだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

レゲーマン、湿度ゼロ、カリブの空の青い心。宇宙レベルの魂、心。

1今日パソコンに保存していた
メールを整理していたら
携帯で自分に送った
メールが出てきた。

5月半ば。
クラブに行った時
流れていたミュージックビデオの
レゲーマンの言葉だ。

ペンが無くてメールを打った。

ステキだった。
インタビューか、何かだろう。

彼の語りは芸術だ。

私は触媒だ。
 あらゆる物を変化させるが、
 私自身は、変わらない。
 私が触媒であることを
 私以外の人間が確認した。
 それは、重要なことだ。

Image その時、ステージからはアイヌ語をこなす
シンガーの歌声がライブで聞こえた。

私は星から星へ
 宇宙を旅して来た。

 思い出してごらん。
 みんな同じ星から
 来た仲間なんだ。

 愛に包まれ
 ほんとは知っているんだ。
 ほんとは知っている。

いい言葉と出会えた夜だった。

地球人として幸せな人間
幸せな人生を送りたいなら
宇宙と宇宙レベルを
意識しないと
それは無理だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町内会の「私の授業」  その2 私の疑問

なぜみなさんは
そんなに、そう自分に
執着するのですか?

724jpgそんな執着するステキな
すばらしい自分なのですか?

どんだけとにかく自分好きなんですか。

自分なんか潔くたった今より
思いっきりよく捨てて

自分勝手にステキな自分
最高にカッコいい自分
とっても気持ちのいい自分
涙出るぜ、ドラマだぜ存在自体が
の自分を演じればいいじゃないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三陸山田町の海と仮設住宅を訪ねる。ルート45.

P1450709_3東京から1泊二日で帰ってきた
友人のカメラマンと仕事を終え
午後から山田町に向かった。

川崎で7月にやるお祭で
被災地の商品を売るための
山田の仮設のまとめ役の方と
打ち合わせをするため。

緑のグラデーション旬に美しい
区界高原を越え
宮古を経由で山田町に入る。

久慈から大船渡まで三陸各地を
支援や物資輸送で回ってきたが
山田町は今回が初めて。

あちこち破壊し国道45号線を
越えて入ってきた津波は
三陸の他の場所と同じく
家屋の全てを飲み込み破壊しつくし
コンクリートの基礎だけを残し
5月の太陽はその一面に
雑草を生やし緑色の
ただただ平らな大地にしていた。

ここに町は再興するのだろうか?
再興すべき場所なのだろうか?

破壊された港には
今だ壊された船が積み上げられ
船たちの墓場になっていた。

夕方から山田町の青少年の家の
駐車場に建てられた28棟仮設住宅の
責任者の方の部屋に上げて頂き
2時間ほど祭の出品商品について
いろいろ相談、企画の打ち合わせをした。


真っ暗くなった闇の中を
1年前の1000年に一度の悲劇を
起こし狂ったように暴れまわった
真っ黒くなった海を右側に感じながら
国道45号線を走って岐路に向かった。
途中、大地震と大津波が
来ませんようにと祈りながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんな「思い」と「行動」で自分を作るか?

Tixyoukoku_72瞬々、いろんな思いが湧く。
どの思いを選んで
自分の心とするか。

日々瞬々どう行動するのか。
その選択と可能性は
無数無限にある。

その度ごとに何をどう選んで
自分の人格とするか
そして人生とするか。

「自分」というものは
自分の意志で自由に思い通りに作り
思い通りに動かすといい。

それが理想。

それが出来りゃ苦労はいらないと
酔っ払いのようにくだを巻いたり
理想論、理想論としたり顔をして
言ってはいけない。

人は理想に向かって
その人生を生きなければ
誇りも生きがいを感じることも
できなければ、幸せになることも
できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TanimuraひさしぶりにPHPを買った。
スペシャル増刊7号。
5月というのに7月号。

谷村新司さんの文章の
中にあった。

ー僕たちは、
 自分たちの目に
 見えているもの、
 耳に聞こえてくるもの、
 それだけが全てだと信じて、
 それにとらわれて
 生きているような
 気がします。

 でも人間が実際に見たり
 聞いたりしているものは、
 ほんの3%にしか過ぎません。
 つまりはほとんどのものが
 見えていないし、
 聞こえていないのです。ー

瞬間、瞬間、毎日、毎日
そして人生を世界の97%を
知らず気づかず感ぜず
生きて行くのだ。

もっと深く世界を
感じて生きて行こう。
せめて6%感じたら
生きた時間は
生きた意味は2倍に
なるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町内会主催の「私の授業」

724jpgさて、みなさん。
今日はこの町の
ふしあわせなみなさんに
集まってもらいました。
こんなにたくさん
集まってくださるとは
悲しいです。

この町だけでも、こんだけですから
どんだけこの星には
ふしあわせな人が
溢れてることでしょう。

ふしあわせって普通かも
主流かも、ですね。

さて、あなたたちの問題は
「しあわせな人生」というもの
しかも「この自分のしあわせな人生」さえ
見えていないことなんです。

さあ、そんなことないと
心の中で反発された方
あなたはすでに、こっそり
「自分のしあわせな人生」を
考え始めているでしょう。

たくさんお金があって

好きなものを食べ
好きなものを手に入れ
それを使い身につけ
好きなことをし
行きたい所にゆく。

そんなもんか?

なんて貧弱なイメージ。
悲しいくらい、情けないくらい
寂しいくらい幼稚な
しあわせなイメージ。

そんなレベルしか
思い浮かばないから
いつまでたっても
しあわせになれないんだな
みなさんは。

みなさんのしあわせには
重要なものが欠落している。

自分しかないんだな。

まあ、いい。

よし。

好きなものを食べ
好きなものを手に入れ
それを使い身につけ
好きなことをし、行きたい所にゆく。
それはそれで、確かに時に楽しく
程よく楽しませわくわくさせるだろう。

ただ、それが人間という器を
最大限に満たし、あなたを
永続的に満足させ
しあわせにするだろうか。

想像力を発揮して
考えよ、いや、
イメージせよ。

ー突然ですが、私の思うしあわせについて
 話しましょう。

 それは「しあわせ」の模範解答
 ではありません。
 参考になれば
 参考にしたければ
 参考にしてください。
 単なる私の勝って、
 思い込みですから。

 私はこんな人生が、しあわせでないかと
 思います。

 涙がでるくらい素晴らしい人間を
 一人でも多く知ること。
 そして出来れば出会い
 そして出来れば、なるべくたくさん。
 
 出来ればそういう人間たちと信頼し合い
 感動、感謝、感激に満ち溢れた日々
 人生を生きていく。
 共に行動し戦い語り創りあげ
 共に生きていく。

 それ以上、人として誇り高く満ちたされ
 エキサイティングでわくわくして
 楽しい人生があるだろうか?

 そして、こうも考える。

 そんな人生になるための最低条件として

 『まず自分が涙の出るほど
  素晴らしい人間になること』だと。

 涙の出るほど素晴らしい人間を
 追い掛け回し探し回る必要はない。

 その努力を完全否定はしないが、
 それよりも重要なのは、

 その街で、その部屋で、そこで、その自分で
 その家族で、その職場で、とにかくそこで

 絶えず今の自分が考えられるだけ
 美しい素晴らしい選択をし行動することで
 自分が涙が出るほど素晴らしい人間になる
 努力と工夫をすることだ。

 するといつの間にか世界は
 知らぬ間に変わってしまう。

 気づかぬうちにレールは変わり
 座席もいつの間にか
 グリーン車に移動しており
 隣に座っている人も
 やはりグリーン車に
 乗るべきような人が
 座っているのだ。

 ここでしっかりこの自分で
 この自分を素晴らしくすること。
 素晴らしい行動が
 素晴らしさの証明、証拠であり
 何より自分を素晴らしくする
 最短最善の手段なのだ。

 ダイヤがダイヤでしか磨けないように
 素晴らしい人間になるには
 素晴らしい行動を自分に
 させるしかないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡ふれあい覆馬場プラザ

Baba_p1450618近所に「盛岡ふれあい覆馬場プラザ」
なるものが出来た。
6月1日のオープンに先立ち
今日は地域住民
マスコミ対象の
内覧会に参加してきた。

これは、明治末期、
盛岡市青山に建設された
赤れんが造りの屋内で乗馬の訓練をする
Baba_p1450617 旧陸軍覆馬場(おおいばば)を整備し、
フットサルなど室内競技など
多目的に利用できる施設として
市が1億8800万円を投じ、
昨年3月から改修したものである。

 戦後、引き揚げ者の応急仮設住宅や
菓子工場などとして使われた後、
利用されなくなっていたが、地元住民から
「地域の歴史的建造物を守りたい」と
P1450607 保存の要望が上がり、市が05年、
国との土地交換で取得した。

また、この施設に隣接して
トイレや更衣室を含んだ
セミナーや展示会のできる施設も
設置されている。

私としては、冬場のボール遊びや
その他の運動、写真や絵の展示などの
利用が考えられる。

 利用申し込みは、
同プラザ(019・643・3088)へ。
午前9時~午後9時の終日利用する
料金は全面6000円
半面利用3000円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強い人間の作り方

722jpg強い人間とは
強い体、強い脳、強い心
を持つ人間のことだ。

強い体、強い脳、強い心の基本
その源泉は、エネルギーだ。

偶然ではなく
意志によって
コンスタントに
充電できる豊かなエネルギーなしには
強い体、強い脳、強い心は
ありえない。

偶然によらず
意志で充電できる
エネルギーの確保と
その取り込みのシステムの
構築が最重要事項だ。

しあわせな人生は
哲学ではなく
潤沢なエネルギーの
継続的、意志的な
自己への取り込み以外
それを成立させるものはない。

それと人生は
悩んだから
哲学したから
自分を維持して
思索したから
しあわせになるとは
限らない。

自分維持疲れ
思索、哲学疲れで途中崩壊
途中分解で壊れ死ぬこともある。

弱弱しい貧弱な
エネルギー状態では
弱弱しい貧弱な
思索、哲学しか
生まれない、発生しえない。

それが生命体と思索の関係だ。

生命体において
何よりも最重要で
優先順位第一位が
あらゆることに優先させることが
まずもって自己の中への
エネルギーの取り込み
エネルギーで自分を満タンにさせることだ。

そこから力強く開放的で
無限的で大きな思索と哲学が
生まれるのだ。

鶏が先か、卵が先かと言われたら
楽しいしあわせな人生においては
エネルギーが先なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑の街に舞い降りて

P5210008 今日はよい天気。
昨日、一昨日の土日は
運動会日和。

月曜日平日というのに代休か
子どもたちが町のあちこちで
遊び、街中を自転車を飛ばす。

運動会の季節
水田に水が張られ
稲の苗が植え込まれる。

新緑まぶしい季節
みごとな緑のグラデーションで
盛岡の町は包まれる。

「緑の街に舞い降りて」
この歌の舞台になっているこの街は、
ユーミンの歌の季節に
突入する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強い人間、強い子の育て方

Image 9歳までに「自分は生まれてきてよかったのだ」
という確信=自己肯定感が持てれば、
どんな運命にも耐えられると
少年院関係者は言う。
9歳、10歳は重要な節目である。

(木更津社会館保育園園長・宮崎栄樹氏)

新聞記事でこんな記事を見た。

盲導犬になる犬は
1年間パピーウォーカーに
ただただ可愛がられる。

人間にただただ可愛がられた
ワンちゃんは人間は自分に
悪意がないことを信じる。

Imageca6d5v40_2 厳しい訓練にも耐え
人間のために頑張ってくれる
心の基本が出来る。

愛された経験こそ
人を強くさせるのだろう。
この世界に存在する理由と
根拠とモチベーションになるのだろう。

9歳、10歳までの日々
人間の子どもを
親はもちろん、教師
地域社会、大人のみんなで
人間の先輩として
可愛がろう、褒めよう、評価しよう、讃えよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランス

18_w_2アイヌ系の雑貨屋を
しめるという友人夫婦の
閉店記念ライブに
行ってきた。

大通りのmotherという
ライブハウス。

7:30から9:00までは
フォトジャーナリスト
山田周正氏の講演と
パネルデスカッション。

バイオ燃料、植物油の
廃油のみで地球一周を完走し
Cdp5200165 日本国内を一周中
岩手県で東日本大震災に遭遇。
そのまま岩手を拠点に
被災地支援活動をしている。

仕事終了後、9:00から合流。

9:00から地元のレゲーミュージシャンや
友人ご夫妻のバンド演奏。
アイヌ語のロックはステキだった。

ラビラビという打楽器二人と歌、声という
3人組のトランスミュージック。

小さなライブ会場に
大きな宇宙の広がりを
持ち込ませる魔術をもって
最後は観客の皆を
躍らせ声を発せさせた。

トランスの作り方と
ライブテクニックは素晴らしい。
ボーカルの女性の歌声も
風貌、顔立ち、語り
全て魅力的だった。

踊るというほどではなかったが
私も立ち上がり体をリズムにあわせ
頂いたうちわと手で拍子をとり
19日から20日にかけての深夜およそ1時間
少々、快いトランスをしていた。

新発売のCD「Wonderful world」
キャッチコピーは
「縄文トランスのうねりやまず 
   うねりやまず」だ。
もちろん、一枚買った。
まだ、聴いていないが
また、後でゆっくりと
ヘッドホンでトランスしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学のクラス会企画。

P5200001_2中2、中3の2年間
一緒だった40数人のクラス。

すでに4人、亡くなった。
皆、病気だ。

12年前に担任の先生は
亡くなった。脳出血だ。
 

意識の無くなった先生の手を
病室で握った。
数日後、まもなく亡くなった。

亡くなった先生の年齢を
私たちはまもなく超える。

14、5歳の私たちは
30数歳の先生はとても
大人だったし、おじさんだった。

でも、あの頃の先生の年齢を
私たちは10も20も超えているのだから
不思議だ、考えられない。
何歳になっても私たちは
先生を超えられない。

先生は高校受験の時
一生懸命励ましてくれた。
私は正直、不安だったが
先生も不安だったろうけど
志望校を下げさせず
最後まで励ましてくれた。
うれしかった。

いい先生でした。

昨年あたりから
泊り込みでクラス会をしようと
あちこちからの要望で
3年ぶりにクラス会をすることにした。
いつものように、一番暇で
ケツの軽い私が事務局。

その案内づくりで、今日は友人と
私のアトリエで打ち合わせ。
一気に今日、案内を作る。

そう、だいたいのことは
3時間で出来る。

どんな大きな仕事、企画だって
まずは、取り掛かる最初の3時間が
大切なのだ。

まず、取り掛かることが大切だ。

さあ、13.3インチのPCの
入ったリュックを背負い
運動のため、あえて街中か
駅のマックに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事の流儀「心臓外科医、天野篤氏」

Tr2012021800218天皇陛下の心臓手術をした
心臓外科医、天野篤氏の
プロフェッショナルの再放送
深夜12:45~1:55まで。

決して優秀な医学生、医者で
なかった天野氏のその
尋常でない努力と
妥協をしない強い
心と体と脳は、
ただただ驚嘆と尊敬だ。

名医の手術があれば
どこにでも駆けつけた。
独学で手術のあらゆること
学び研究し、縫合の技術を
高めるため朝まで訓練した。

天皇陛下の手術である。
名実共に日本一の
心臓外科医、手術の
エキスパートだろう。

若き日、大好きな大好きなお父さんを
自分の勤める病院で心臓の
手術をし、自分は助手として参加。
しかし、術後、まもなく死亡する。

縫合にわずかな漏れがあり
それが命を奪った。

死亡後、天野さんが
父親から一つ一つの器具を
はずし、帰ってきてくれ
帰ってきてくれと
一晩泣きながら一緒に
寝たという。

彼は、大好きな父を失った悔しさで
父を救う気持ちで一人ひとりの
患者と向き合い、ほんの少しの
妥協もしないのだろう。

彼の患者は、きっと、皆
彼のお父さんなんだと思う。

普通の心臓外科医が年間40人
天野さんは年間400人の
手術をするという。

月曜日に一週間の食べ物を、買い物袋に抱え
一週間のパンツ、シャツを小さな泊り込みの
部屋に奥さんが届け、ソファーで寝起きし
朝は、あんぱん一つ
昼はバナナと缶コーヒーと野菜ジュース
そうやって何十年も日曜日だけ休みで
生活しているというのだ。凄すぎ!

仕事、手術に対する
その誠実さ真剣さは
これまで現実にも
本や映像でも
こんな人を見たことも
聞いたこともない。

私も、もっと仕事も
人間としても
しっかりしたいなと
思った。

真剣さと一生懸命の
基準の変わる番組だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外仕事の環境整備。パソコンはacer、210円のwifiスポット。

P5200159午前中、友人のお母さんの
お見舞いと病院の駐車場横の
コーヒーのうまいクラムボンで
お茶を飲み少々談義をした後
マックで仕事。

ヤフーのwifi、210円に入ったので
マックではネットが出来る。

メールを確認したり送信したり
ネットで何かを調べたり
ヘットホーンで音楽をサイトで
聴きながら仕事が出来る。

一日中部屋に篭らず
人の気配のあるところで
仕事をすると眠くならないし
程よい喧騒と緊張感で
仕事がはかどる。

今日もなかなか気が進まなく
手付かずにいた仕事を
3時間ぶっ続けで一気に
片付けた。
よかった、よかった。

スタバーでも
サンマルクでも
ドトールでも
モスでも、近所のカフェでも
ネットを使って仕事をしたい。

wiMax、要検討!

パソコンはいろいろ検討したが
コストパフォーマンスは
なんと言ってもacerだった。

13.3インチは、やはり
作業で小さすぎず
持ち運びにも大きさ
重さ共にストレスを
感じさせない。

アトリエに篭らず
散歩好き、出たがり屋には
お勧めだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民講座発の美術サークル

20080111221825盛岡に帰ってきてまもなく
市に頼まれパステル講座を。
その後、メンバーが自発的に
同好会を結成して早、16年。

一番大切な事は平等ということだ。

今年、3月、発展的に解散。
また市の主催で講座を開催し
その新しいメンバーも加え
4月より会の名前も変えて
スタート。

水彩あり、アクリルあり
パステルあり、デッサンあり
さらには2名の方は
ノートパソコンを持ち込み
タブレットで絵を描き
フォトショップで加工。

なんでもありの変わった
美術サークルを開始した。

知っていること
持てる技術は何でも
出し惜しみせず
紳士淑女にお教えしたいと
思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で盛岡を走る。

4965dbbbテレビ関係の仕事をする
中・高時代の友人が
遅い連休休みで帰省。

お母さんの明日の手術に
合わせての帰省とのこと。

何かと皆、親のことで忙しい。

12:30
同じく中学時代の
友人がやっている
音楽と料理の美味しい
喫茶店noteで、ランチと
おつまみとで数時間、
あれやこれやと。
窓からの桜山のロケーション
盛岡の街並みが
とてもいいです。

自転車がいい季節になった。

3:30
展示会全体へのアドバイス
作品セレクト等のアドバイスを求められ
アトリエにお二人のお客様。

あまり急激な負荷を掛けず
自転車や少々早足のウォーキング等が
脂肪燃焼には一番効率が良いとのこと。

この夏、自転車で5キロ減、目標。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日

P5130018母は91歳。
お昼に、プレゼントを届け
午後からは、銭湯仲間の
写真家のO君と
弟と3人で八幡平市に
写真撮影に。

雲一つない
いい天気の佳き日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高の挑戦

Img5172237250001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間と異質なる生きもの

9892764人間として
しあわせになるには
人間のままでは
無理でないか。

人間として完成するには
人間以上になるしか
ないのではないか。

人間を超えた時、人は
人生を完成させることが
出来るのではないか。

完成した人生
完成した人たち
彼らは本当に
人間なのだろうか。

人間でない何ものかに
なっているのではないか。

見かけでは分からないけれど
彼らは、もはや、人間でない
何ものかではないか。

人は完成した時人間ではない
人間とは異質な別な宇宙生命体に
なっているのではないか。

しあわせとか、ふしあわせとか
そんなことにまったく
思い煩わせられない
限りなく高度で深く広く
感度の高い脳と心
そして肉体も内部からDNA、
遺伝子構造から変化した
人間とは違うもに
なっているのではないか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人生の一番の贅沢

P1010149_1 『本当の贅沢というものは、
 たったひとつ しかない。
 それは人間関係に恵まれることだ。』

「星の王子さま」の作者のサン= テグジュペリ

ただただ、深く共感。

いい人間関係に
恵まれるためには
一番確実で間違いない方法は
自分がいい人間になることだ。

いい人間とは
どんな人間か?

自分で考えよう。

今のあなたが考えられる
あなたの実感の伴う
価値観でのいい人間で
いいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「洋菓子店コアンドル」

130182560921816110767勘違いの怖いもの知らずの
検討も勘定も何もかもずれた
でも憎めないパティシア志望の
可愛い娘を蒼井優が
体当たりのなかなか
いい演技で演じてる。

舞台となる洋菓子店
コアンドルの蒼井の先輩
パティシエの江口のりこの演技も
なかなか良かった。

レンタルゲオに行く度、気になっていた
DVDのジャケットだったが

いくつか食べ物系で
ハズレにあったので
ちょっと慎重になっていた。

でも、この映画は良かった。

江口洋介も良かったし
演技はみんな渋く、甘さのない、いい演出
リアリティーがあって良かった。

最後が少し早くまとめ
過ぎた感があったし
私だったらもう1回最後に
江口と蒼井のからみで
ジンとさせたい気もしたが
充分楽しめ退屈しない
いい映画だった。

お時間ある方、蒼井優
江口洋介ファンの方は
どうぞご鑑賞下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動!松本峻介展

12_ex01素晴らしい展示会でした。
素晴らしい作品群でした。
しっかり描き込まれた100号ほどの
自分や家族をモチーフとした作品群は
センスと感覚だけでなく画力のある
本格派の作家としての力量が
遺憾なく発揮され圧巻でした。

東京生まれ
幼少時代をここ盛岡で過ごし
大学進学で上京する兄と共に
通っていた盛岡中学
現盛岡一高を中退し
絵画研究所に通い
東京での画家を目指した
人生を開始しました。

二科展などでの公募展で
活躍し、文章も書き
戦時下での中
芸術家の制作活動にも
20070626p010101 軍部の国策を取り込もうとする動きに
ヒューマニズムの立場から
それに反論抵抗する論文
「生きている画家」を
美術雑誌「みずゑ」で発表するなど
画家としても人間としても
尊敬できる我が郷土の
誇りの画家です。

ある人が言いました。

絵がうまい人を、絵描き。
自分の世界を持ち、
それを絵に表現出来る人を画家。
生き方が絵になっている人
作品になっている人を芸術家と。

松本峻介はまさに
絵描きであり、画家であり
そしてそれ以上に
それらを十二分に包含した
芸術家です。

会  期: 2012年4月14日[土]-5月27日[日]
会  場: 企画展示室
開館時間: 9:30-18:00(入館は17:30まで)
休 館 日: 月曜日(4月30日は開館)

一般1,000円(800円)
高校・学生600円(500円)
小・中学生400円(300円)

開館時間
9:30~18:00(入館は17:30)まで

休館日月曜日
(ただし月曜日が祝日、振替休日の
場合は開館し、直後の平日に休館)
年末年始
(12月29日から翌年1月3日まで)
所在地:岩手県立美術館
〒020-0866盛岡市本宮字松幅12-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川啄木の絵本『サルと人と森』は、すごい!

Books01_2我が郷土の文人と言えば
誰もが宮沢賢治と
石川啄木をあげるでしょう。

童話、絵本と言えば
賢治と思いますが
啄木も賢治に負けない
非常に啓示的な
『サルと人と森』
素晴らしい大人の
絵本を書いています。

昨年の東日本大震災での
福島原発の事故を初め
人間の文明のあり方を
あらためて考えさせる
非常に含蓄深い物語です

もちろん原文は、石川啄木。
現代語訳を友人の
石川啄木記念館
山本玲子さんが担当。
絵は鷲見春佳さんです。

↓『サルと人と森』のサイト・朗読もあります。

http://office.moribito.info/book_ishikawa.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ私は議論が強いのか?議論する目的。

Jpgそれは、私が
解らないことは解らないと言える
当たり前の勇気と
課題の噛み砕き方と
質問の仕方を
知っているからだ。

様々な分野の
専門性はもちろん専門家には
及びもつかない。

しかし、私とは何か
私はなぜ私か、有るということ
存在しているということは
どういうことか、、、、などなど
ほとほと疲れ果てるまで
10歳から十数年
集中的に思考し抜き
思考の底を歩き回り
自分なりに固めている
安心があるからだと思う。

ディペートを勉強したことはない。

ただ、人生における議論は
勝つことが目的ではない。

正しいこと、人が幸せになること
世界がいくらかでも幸せになること
の方が、議論の勝ち負けより大切だ。

勝つことが一番ではなく
負けることが勝つことであり
勝つこと以上の意味を持つことが
多々あるのだ。

技術を駆使してとにかく
勝つことが目的のディペートとは
そこが違う。

そして何より相手に勝つこと先にあり
目的として議論してはいけない。

議論に勝っても人生おいては
憎しみや屈折した負の感情を
相手に残しては意味がないのだ。

私は議論の場において
打ち負かそうと思って望むことはない。
出来れば相手を感動させることを
議論のゴールにしている。

議論に勝っても負けても
自分の味方や親派やフワンに
することが一番大切だ。

ディペートではなく人生における議論は
敵を増やすためにするのでもなく
自分の頭や弁舌や能力を
誇示するためにやってもいけない。

その一時の優越感、マスターベーションは
いったいどんな意味と価値を
我々の人生にもたらすというのか。

相手を活かし相手のためになる
情報や選択、心を軽くする
今後の指針を残すことが
残そうとすることが議論の姿勢であり
ぶれない議論の立ち位置でなければ
ならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月5日の大船渡・陸前高田

P1450500今日、大船渡と                                                         
陸前高田に行ってきた。

大船渡は震災以後の
わかめの初出荷。
湾は養殖再開していた。

大きな客船も
寄港していた。

大船渡は町が
半分残っている分
動きを感じる。

街全部が消失してしまった
陸前高田は
瓦礫はだいぶ整理されたが
あちこちに瓦礫の山が
痛々しく積み上げられたままだ。

陸前高田一中の高台に登った。
市内が一望できる。
校庭は仮設住宅のままだ。

P1450225 ゴールデンウィークということもあり
家族親族が訪ねて
駐車場は混雑し
人は集まっているのに
楽しそうな活気がない。

実際、あの仮設住宅の一軒一軒の
部屋の中では、今だ癒えない傷と
振り払うことの出来ない暗雲と
次々やってくる新たな生活の
課題に襲われ明るくなれないで
いるのかもしれない。

陸前高田の一本松には
被災地見学の観光客で
賑わっていた。

一本松を見ることが大切か
どうかは分からないが
1000年に一度の自然の猛威と
自然の潜在的な脅威の証を
見ておくことはたいせつなことと思う。

P1450425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と私の人生に意味は無い

Hanasakaseyouとても勇気のいる話だ。

私たちは皆、無意味な存在だ。
私たちには皆、意味がない。

しかし、私たちこそ
無意味の広大なる大地に
自分の意味を創り出し、
打ち立てる者だ。

私たちは皆、無意味な存在で
最初から自分の意味など
持つものはいない。

そしてそれは自由ということだ。
完全な無意味は
完全な自由を意味する。

そして人生とは
自分の意味を創っていく作業だ。
意味のある人生があるのではなく
意味のある人生を創っていくのが
生きる作業であり
それが人生だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は5月2日は忌野清志郎の命日。ぶっ走ろう!この世界と人生を。

3494772318_16f459e814今日は5月2日は
忌野清志郎の命日。

ーこんな夜におまえに
 乗れないなんてー

なんてキュートでエロくて
せつなくてロック詩なんだろう。

ラジオから聴こえる清志郎の
アナーキーでピュアな歌声を聴きながら
深夜勉学に励むあの頃のまじめな十代の
男の子たちは、翌朝、皆、夢精したものだ。
                        
でも彼女だけがクルマじゃない。
ボクラもみんなクルマなんだ。

ガソリンがなければ走れない。
走れなければクルマじゃない。
クルマだろうがなかろうが
それはどうでもいいけれど
走れなければ楽しくない。

ガソリンスタンドで
ガソリン入れるのは
ガソリンスタンドに頼ることで
弱いやつのやることだ
なんて、そんな理屈はあるかい?
そこまでストイックに
アナーキーに
生きることはないだろう。

自分でアラブと交渉して
重油輸入して
精製してガソリン作って
走らなきゃ男じゃないかい?

それじゃー、もしかしたら
一生かかっても
ガソリン入れられない。

ガソリンスタンドで
ガソリンを入れよう!

ガソリンスタンドで、
ガソリン入れるか入れないかじゃなく
ガソリンは入れて、満タンにして
どこに向かうか、どんな走りをするか
何をするか、どんな仕事をするか
じゃないか!?

いつもガソリンは
満タンにしよう。

毎日、点検して補充して
毎日いつも満タンに戻しておく。
これ、最も確実に幸せになる手。

山の中や森の中、海岸のがけっぷちや
往来激しい街中でガス欠なんか起こして
牽引してくれって、父ちゃんや兄弟や
友達に泣きついて迷惑なんか
かけちゃいけない。

ガソリンの補給だけは
みんなしっかり自分で責任もって
毎日、点検、補充して満タン!
これが一番大切。

ガソリン満タンにして初めて
いきたいところに行けて
自分のやりたいことをやれる。
人のためにだって
何かしてあげられる。

ガソリン満タンにして
自分の本当の走りをするんだ。
自分の本当にやりたいことを
本当にやりたい仕事を
やりたいようにやれるだけ
やりきるんだ。

よくよく考えると
ボクラが行ったことのあるのは
見たことがあるのは
この日本の、この世界の
何万、何十万分の1にも満たない
ほとんど行ってない、見てない。
そして同じようにたくさんのやりたいこと
やれること、やれるかもしれないことの
いくつも実行はしていない。
今だ何もやってないと言って
しまってもまちがいではない。
これがおよそボクラの人生の実態だ。

ガソリン満タンにして
この世界と人生を
ぶっ走ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「嫌い」の中に見る自己進化の課題

722jpg私は貧乏臭い人、
どこかおどおどしている人
何かうそっぽい表面的な人
がいやだ。

テレビを見ていていても
芸能人でも、私の感性で
そう感じるタレントはどうも
だめでチャンネルを変える。

自分がそういう人間
だからかもしれない。

自分の中にその要素が
断ち切れていないからだろう。。

ある人が、誰かを嫌いだと
切々と語る時がある。
するとけっこう多くの場合、
その語っている当人のことかな
と思うほど、語る当人と
嫌う相手と似ている場合がある。

かっこつけシーは
かっこつけシーを異常に嫌う。
プライドの高い人間は
プライドの高い人間を嫌う。
神経質な人間は
神経質な人間を嫌う。

嫌う感情にはそういう
仕掛けがあるので
本質、嫌う相手には同質のところがあるので
機会があって意気投合すると
親友なったり、異性だと
恋になったり、ライフまたはビジネスの
パートナーになる場合もある。

いずれ嫌う相手のその部分に
自分進化の課題、テーマが
あることを知るべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月1日、恋の日?

72koisuru_3jpgラジオで言っていた。

5と1で、こい
それで今日は「恋の日」
らしい。

いつから、そんな日に
なったんだろう。

なんと言ったって
5月1日は
おじさんとしては、
メーデーだろう。

1886年5月1日
アメリカの労働者が
1日12時間から14時間労働が
当たり前だった当時、
8時間の労働
8時間の休息
8時間の教育
を叫び、ストライキ、デモを
行った。

でも「恋の日」もいいだろう。

貧弱になった組合に
動員をかけられ、だらだら
いやいや照れながらうねり歩く
形骸化した日本の
メーデー行進とは違って
参加労働者4人が警官に
射殺された1886年
シカゴを中心に命がけのデモ行進
人生に自由を
人生に喜びを
人生に満足を
という叫びは
「恋」と通じるものがある。

強烈な恋慕、敬愛は
強烈な現状の自己否定を起こし
それ故の飛躍的精神進化の
命がけの化学反応を起こす。

命短し、恋せよ、
乙女も、青年も!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »