« 私と私の人生に意味は無い | トップページ | なぜ私は議論が強いのか?議論する目的。 »

2012年5月5日の大船渡・陸前高田

P1450500今日、大船渡と                                                         
陸前高田に行ってきた。

大船渡は震災以後の
わかめの初出荷。
湾は養殖再開していた。

大きな客船も
寄港していた。

大船渡は町が
半分残っている分
動きを感じる。

街全部が消失してしまった
陸前高田は
瓦礫はだいぶ整理されたが
あちこちに瓦礫の山が
痛々しく積み上げられたままだ。

陸前高田一中の高台に登った。
市内が一望できる。
校庭は仮設住宅のままだ。

P1450225 ゴールデンウィークということもあり
家族親族が訪ねて
駐車場は混雑し
人は集まっているのに
楽しそうな活気がない。

実際、あの仮設住宅の一軒一軒の
部屋の中では、今だ癒えない傷と
振り払うことの出来ない暗雲と
次々やってくる新たな生活の
課題に襲われ明るくなれないで
いるのかもしれない。

陸前高田の一本松には
被災地見学の観光客で
賑わっていた。

一本松を見ることが大切か
どうかは分からないが
1000年に一度の自然の猛威と
自然の潜在的な脅威の証を
見ておくことはたいせつなことと思う。

P1450425

|

« 私と私の人生に意味は無い | トップページ | なぜ私は議論が強いのか?議論する目的。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月5日の大船渡・陸前高田:

« 私と私の人生に意味は無い | トップページ | なぜ私は議論が強いのか?議論する目的。 »