« どんな「思い」と「行動」で自分を作るか? | トップページ | 町内会の「私の授業」  その2 私の疑問 »

三陸山田町の海と仮設住宅を訪ねる。ルート45.

P1450709_3東京から1泊二日で帰ってきた
友人のカメラマンと仕事を終え
午後から山田町に向かった。

川崎で7月にやるお祭で
被災地の商品を売るための
山田の仮設のまとめ役の方と
打ち合わせをするため。

緑のグラデーション旬に美しい
区界高原を越え
宮古を経由で山田町に入る。

久慈から大船渡まで三陸各地を
支援や物資輸送で回ってきたが
山田町は今回が初めて。

あちこち破壊し国道45号線を
越えて入ってきた津波は
三陸の他の場所と同じく
家屋の全てを飲み込み破壊しつくし
コンクリートの基礎だけを残し
5月の太陽はその一面に
雑草を生やし緑色の
ただただ平らな大地にしていた。

ここに町は再興するのだろうか?
再興すべき場所なのだろうか?

破壊された港には
今だ壊された船が積み上げられ
船たちの墓場になっていた。

夕方から山田町の青少年の家の
駐車場に建てられた28棟仮設住宅の
責任者の方の部屋に上げて頂き
2時間ほど祭の出品商品について
いろいろ相談、企画の打ち合わせをした。


真っ暗くなった闇の中を
1年前の1000年に一度の悲劇を
起こし狂ったように暴れまわった
真っ黒くなった海を右側に感じながら
国道45号線を走って岐路に向かった。
途中、大地震と大津波が
来ませんようにと祈りながら。

|

« どんな「思い」と「行動」で自分を作るか? | トップページ | 町内会の「私の授業」  その2 私の疑問 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三陸山田町の海と仮設住宅を訪ねる。ルート45.:

« どんな「思い」と「行動」で自分を作るか? | トップページ | 町内会の「私の授業」  その2 私の疑問 »