« なぜ私は議論が強いのか?議論する目的。 | トップページ | 感動!松本峻介展 »

石川啄木の絵本『サルと人と森』は、すごい!

Books01_2我が郷土の文人と言えば
誰もが宮沢賢治と
石川啄木をあげるでしょう。

童話、絵本と言えば
賢治と思いますが
啄木も賢治に負けない
非常に啓示的な
『サルと人と森』
素晴らしい大人の
絵本を書いています。

昨年の東日本大震災での
福島原発の事故を初め
人間の文明のあり方を
あらためて考えさせる
非常に含蓄深い物語です

もちろん原文は、石川啄木。
現代語訳を友人の
石川啄木記念館
山本玲子さんが担当。
絵は鷲見春佳さんです。

↓『サルと人と森』のサイト・朗読もあります。

http://office.moribito.info/book_ishikawa.html

|

« なぜ私は議論が強いのか?議論する目的。 | トップページ | 感動!松本峻介展 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木の絵本『サルと人と森』は、すごい!:

« なぜ私は議論が強いのか?議論する目的。 | トップページ | 感動!松本峻介展 »