« 人生の一番の贅沢 | トップページ | 最高の挑戦 »

人間と異質なる生きもの

9892764人間として
しあわせになるには
人間のままでは
無理でないか。

人間として完成するには
人間以上になるしか
ないのではないか。

人間を超えた時、人は
人生を完成させることが
出来るのではないか。

完成した人生
完成した人たち
彼らは本当に
人間なのだろうか。

人間でない何ものかに
なっているのではないか。

見かけでは分からないけれど
彼らは、もはや、人間でない
何ものかではないか。

人は完成した時人間ではない
人間とは異質な別な宇宙生命体に
なっているのではないか。

しあわせとか、ふしあわせとか
そんなことにまったく
思い煩わせられない
限りなく高度で深く広く
感度の高い脳と心
そして肉体も内部からDNA、
遺伝子構造から変化した
人間とは違うもに
なっているのではないか。

|

« 人生の一番の贅沢 | トップページ | 最高の挑戦 »

人生」カテゴリの記事

コメント

私信です。ヤフーアドレスにメール送りました。

投稿: A.Sakurada | 2012年5月12日 (土) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間と異質なる生きもの:

« 人生の一番の贅沢 | トップページ | 最高の挑戦 »