« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

今日のお客様

Img7031053530001_2一人目は
Kaiさんこと、淵向尚美さん。

「風を眺める場所」との
テーマで個展をすると
案内葉書を持って
お菓子もって、遊びに
来てくれました。

東和町のギャラリーPult
7/5木-7/20金
11:00~17:00
最終日16:00

花巻市東和町土沢8区115番
こっぽら土澤102号
0198・29・5959

二人目は
haruna shirasunaこと白砂春菜ちゃん。
近況報告に美味しいチーズケーキと
東京バナナクッキーを持って
遊びに来てくれました。

高校の時、3年間、私のアトリエで
絵を勉強し、盛岡一高という
東大にもたくさん合格者を出す
進学高に通ってましたが
大学進学には目もくれず
東京は文化服装学院に
進みファッション一筋。

自分のブランドを立ち上げ
夢は大きく世界を目指し
頑張ってます。

自分のサイトhttp://harunas.digi2.jp/では
ネット販売もしてます。
お気に召した方は
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私はおバカさんか?あなたがおバカさんか?

Zxi_img_0086jpg私は何ども
同じことを書き
言うでしょう。

知っていながら
敢えて、というか
言いたくて仕方が
なくなるのです。

ー人生を複雑に考えては
 いけません。ー

こういう人になりたい。
こういう人生を送りたい。
それをよく考えて
後は、それに向かうだけしょう。

それだけでしょう。

どう生きればいいかとか
めんどくさいこと
言ったり悩んだりせず
自分の憧れの人格と人生を
体現、実現を目指して
生きるだけでしょう。

それは、楽しいでしょう。

それをしないから
その作業が、人生の中に
きちんとないから
楽しくない。

そのことをしないで
生きることは苦しいとか
悲しいとか、つらいとか
言っている。

それは、おバカさんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の中に眠る正解と解決法

72jpg生きてて
いろんなことに悩む。
いろんなことを心配する。
いろんなことに不安になる。
いろんなことを迷う。
いろんなことに苦しむ。

でも、その人の
悩み、心配事、不安、
迷い、苦しみの
正解は全部その人の中にある。

解決法も全部
その人が本当は一番
分かっている。

その人が
いやその人しか
本当の正解を知らないし
出せないし、解決することも
できない。

でも、大いに相談も情報収集も
検討もして構わない。

その中で
自分の中に眠る正解が
あぶりだされ、解決法を
正視する勇気と
覚悟やエネルギーが
沸いて来るんだ。

頑張るんだよ。

頑張るんだよ。

いっぱい、頑張るんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しく見える島、JAPAN。

Dscf036330~40分も走ると
もう緑豊かな
山麓まで来られる。

本当に盛岡は
津波も来ないし
安心でいい所だ。

牧草刈りの季節。

刈り取ったロールの上を
トンビたちも楽しそうに
周回している。

Dscf0405_2 この辺の牧草の
放射能は、大丈夫だろうか。

なんていい風景だろうに
原発事故というたいへんなことが
本当に起きてしまった。

しかも、今度震度6,7の地震が
来たのなら崩壊危ういプールに
東京、関東全土までを、
日本の半分、いや全土を
放射能まみれにする
使用済み燃料棒が大量に眠り、
根本的対処の出来ないでいるのが、
この長閑に見える日本の
実態だそうだ。


美しく見える島、JAPAN。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご無沙汰の本屋と読書

Dscf0484気づいたら
ここ数週間
本屋にも行ってなければ
本も読んでいない。

うん、気づいた。

忙しかったかな?

本屋に行こう。

と思っている矢先
コンビニで愛読作家の一人
佐藤富雄さんの新書を見つけ
衝動買い。(ベスト新書)

目次をざっと読むと
今まで読んだ佐藤さんのものと
かなり被るだろうが
必ずや、2つ3つ、4つ5つなどは
新しい情報、知識を得るだろう。

さあ、仕事をいくつか片付け
マックに本読みに行こう。

本屋にも行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しい緑の4連層

Dscf0333 弟が裏庭に
畑を作ったというので
見に行った。

畑のこと
畑の写真は
弟ブログ「中村太樹男つれづれ日記」に任せよう。

http://black.ap.teacup.com/nakamura-takio/

庭は、見晴らしがいい。
視界を遮る木を切ったので
さらに見晴らしがいい。

その上、今日は最高の天気だ。

前方視界に広がる山並みが
美しすぎる。

部屋の壁一面に
飾っておきたいものだ。

美し島、JAPAN。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1冊の英語の絵本と、たくさんの魚介類を買う。

Dscf0481今日は北上の
友人の英会話教室主催の
海外絵本展を見に行った。

年に一度
この初夏の季節に
開催される。

「カタツムリ男からの手紙 」
という私の絵本のコトバと
ストーリーに感動し英訳を
申し出てくれて以来の付き合いだ。

絵本は、やはりいいな。

一本の舞台に勝るとも劣らぬ
濃い満ち足りた世界だ。

一冊、子ども絵画教室の子達の
制作の参考になりそうなものを
買った。

Dscf0107 北上といえば、スーパーおせん。
たんまり魚介類を買って帰った。
何せ、3000円分買えば
5000円分買える。
5000円分買えば10000円分
買えるような店だ。

形様々な雲が空を飛ぶ
いい天気の一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

噴悶、苦悶の中で日々生きてるキミが今だ知らぬこと,一つの物語的世界把握。

72_nihonniti_2jpgお元気ですか?

あいも変わらず
キミはキミの人生に起こる
いろんなことと悪戦苦闘して
生きているのですね。

苦しんだり
悲しんだり
不安になったり
死にたくなったり
誰かを恨んだり憎んだり

随分、人間的な生活だね。

誰かに怯えたり不安になったり
何かを思い悩み
絶望したり
噴悶したり

どうして、そんなに苦しんで
生きてるんだろうね。

たいへん・・・・・だね。

でも、安心。
キミはとてもとてもとても
素晴らしい人間なんだ。

ぜんぶぜんぶ準備なんだ。

過程なんだ。

この人生はね。

長い長い旅の果てに
やっとやっと実現した
願い叶って辿り着いた人生なんだよ。

そこにはね、ここには
長い長い数光年の宇宙の旅の果て
会いたくて会いたくて
一緒に居たくて居たくて
生きていきたくて、共にありたくて
請い願って巡り出合った人たちに
溢れ、囲まれているんだよ。

そのことに気づき
思い出しなさい。

父ちゃん、母ちゃん
兄弟姉妹
友達や同僚、同志
後輩先輩
みんな愛し
許すのだよ。

この人生は、その人たちのために
その人たちを観客席に座らせて
素晴らしいキミが
素晴らしいキミを顕わす
素晴らしい舞台
素晴らしい人生なんだよ。

いいかい。
そのことを忘れてはいけないよ。
そのことを思い出さなければ
ならないよ。

キミがこの星にやって来て、
生れ落ちてそこにいて
この宇宙にキミは君しかいなくて
未来にも過去にも
キミは君しかいなくて
そのキミは
宇宙一ステキな生き物になるのだよ。
それが唯一なるものの
それぞれの、一人ひとりの
使命なんだ、ミッションなんだ。

すべてが、宇宙一ステキな生き物である
キミのその正体を現すための
そのために
キミの人生にプログラムされた
トレーニングメニュー
シナリオであることを
知って欲しい。

今が、とてもつらくて
苦しいのなら
キミは相当巨大で大いなる
ステキな生き物のになるのだろう。
そんなシナリオがあるのだろう。

生き抜け。
気を抜くな。
生き抜け。

自分を楽しめ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

木版の世界に魅了された。紫の花群れなすレストラン

Hqnngqtwnn_img6231610530001_2 今朝
東和町の萬鉄五郎美術館
に行ってきた。

今朝というのは
この美術館は早起きで
朝の8時半から開いている。

木版画展をやっている。

木版とコトバによるコラボ作品のイメージや
絵画における構図や表現などなど
たくさん、インスピレーションを
頂く作品展だった。

Dscf9940 銅板にはない泥臭さ
純朴な味わいと深み
木版の世界に魅了された。

午後は
7月の大船渡の
復興支援がらみのイベントの
企画で、石川啄木記念館に。

石川啄木没後100周年で
私がデザインしたかるたの
パッケージはキツツキを木版画で
作ったワンポイントを使っている。

記念館の啄木が教え子たちと
戯れる銅像の側の木に
キツツキが丸い巣を作ったという。

なるほど、見事な円。

没後100年めでたし、めでたし。

お昼は、久太屋さんで
美味しい漬け麺を食べた。

このレストランの前にこの季節広がる
紫とところどころに混じる白い花の
群生が美しい。

この風景を見ながらの
食事は極上だ。

Yagurumasoudscf9860_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロイ、おはよう。

Dscf8832今朝
近所の大学に行き
羊に会って来た。

一匹が近づいて来て
話しかけて来た。

ロイ君だ。

私はここの大学の卒業生で
第5外国語に羊語を
学んだが難しくて
点数は低かった。

でも、ロイとはなぜか
自然に話が出来る。

突然、何を思ったか
何を考えているのか
あるいは、新たな状況に
今あるのか、ロイは
私に何の脈絡も無く
オハヨウ!のあいさつも無く
こう聞いてきた。

「おまえは、ジンギスカンが好きか?」

ロイは私をおまえ呼ばわりだ。
ロイのボキャブラリーにおいて
2人称は「おまえ」しかないのだ。

私は、ジンギスカンが大好きだったが

「キライだ。」と言った。

その答がロイを喜ばせたのか
悲しませたのかは、わからない。

ただ、ロイはそれに対して
何も言葉を返さず
私の顔をじっと見て、
口をもごもごし続けた。

私はなぜかロイの顔を
見続けるのがつらくて
サヨナラを言うかわりに
片手をあげてそこを
立ち去った。

あした、朝、行った時
ロイがいるのかちょっと
心配になった。

ロイ、明日も会おうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝、目覚めると写真を撮る。

Dscf8468朝、目を覚まし
アトリエのカーテンを
開ける。

だいたい
4時半から
5時半の間くらいに
目が覚める。

太陽が
ステキに雲を
輝かせていると
もう、衝動的に
カメラを持って
外にでる。

贅沢な人生の
ひと時を過ごす。

そもそも
生きていることは
贅沢なのだ。

贅沢に生きよう。
せっかくの贅沢な人生
贅沢を味わおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山秀征のすごさ

Showtengaiph02090115少々前
いつもはインタビューする側の
中山秀征が、インタビューされる側で
テレビに出ていた。

番組の最後の方で
こうやって押しも押されぬ司会業等で
芸能界で生き残るコツは何かと聞かれた。

彼は、躊躇わず即答した。

「辞めないことです。」

深くて強くてクレーバーで
ウイットに富んだ言葉だ。

自分より才能もあり
一時期は売れた人たちが沢山いた。
でも、そういう人でも
調子の悪い時、仕事がなくなってくると辞めた。
私は辞めなかった。
あることで成功するコツがあるとしたら
それは辞めないことだという。

辞めないことと笑顔で
一言にして言い放つ彼の
そのコトバに隠された
辞めないため、続けるための
辞めないゆえに、続けているが故の
とてつもない苦闘と努力を見た。

中山秀征はすごい。
すばらしい人だ。
一流の人の明快さを見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の大揺れ、昨日撮影の地震雲

Dscf8002 昨日、御所湖の帰り
夕方、空には
可愛らしい円盤雲と
四層、五層と
虹色に輝く翼を
大空に広げる雲。

あれは、地震雲に
ちがいない。

そう思っていた
今日の宮城県沖を
震源とする
震度4の地震。

久々の揺れでドキリ。

備えあれば憂いなし。
ちょっと気が抜けていた。
備蓄、補強、補給、整備
しっかりしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラス会、お墓参りのあと、御所湖の名画。

Dscf7906中学のクラス会で
御所湖湖畔のホテルに
昨日から一泊。

夕方からの宴会に
14名集まり
泊りは9名。

初めて聞く話
集まれば必ず出てくる話
話は際限なく続く。

望むと望まざるとも
運命で出会った小中学の
同級生は兄弟、家族の
ような安心感がある。

楽しいひと時だった。

5年ほど前に亡くなった友人の
お墓参りに行った6人で
昼飯、東屋で美味しい
日本そばを食べ散会した。

私は、忘れ物をして
ホテルに戻り
おかげで湖面を照らす
美しい太陽の光の
芸術と出会うことが出来た。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誇り高く楽しく生きるための、朝と午後のひと時。

Dscf8121朝は
今日は、こんなこと自分にしてあげよう。
だれだれに、あんなことしてあげようと
今日を、プランニングする。

今年中に、こんなことあんなことしよう。
そうだ、ここに行こう、あそこに行こうと
計画を立て、人生をデザインする。

午後の安らかなひと時を
毎日、何とか意志を持って
作り出すこと。

そして
おいしいコーヒーを飲みながら
ゆっくりあわてず、考えること。

ああいう人であれば
楽しいな
素晴らしいな
かっこいいな
最高だなっていう人のことを
考えるのです。

すばらしい人生についても
考えるのです。

あなたがすばらしい人を考えられ
すばらしい人生を考え
想像できる能力があるのなら
十分ではないですか。

しあわせになる素質のそれが
すべてです。

ぐだぐだ言わず
為れるやれるは別として
後はそのような人
そのような人生を目指して
落ち着いて歩き出すだけです。

価値ある方向
自分が憧れる方向に
一歩も踏み出さぬ人間、人生であるより
今日より一歩、今から一歩
歩みをその方向に進める人間
その人生であるべきです。

そこを目指して
その歩みを踏み出せば
踏み出した者には
たどり着いてもつかなくても
十分な感動と楽しさと
しあわせが人生には
仕込まれているのです。

人生には意志の中に
たくさんのしあわせが
仕込まれているのです。

勇気を持って、潔く意志を持つのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑うタクボク、雲は天才である。

Dscf7675今日は
江戸糸あやつり人形芝居
「笑うタクボク 
 雲は天才である。」
を観劇してきた。

シナリオは友人のおきあんごさん。

人形劇と聞いていたが
人間の演技と
人間のコラボで
とても新鮮で不思議な舞台で
興味深く楽しませてもらった。

逆に小劇場のライブに
人形を取り入れるのも
おもしろい本、舞台を
書けそうな気がした。

貴重な伝統と技術を持った
あやつり人形芝居劇団だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校の恩師からの言葉

P6160004_2個展会場に行くと
昨日、小学校の恩師が
来て下さり、ゆっくり
作品を見て行ってくれたとの事。

82歳になるが
今も元気でボランティアで
少年院を出た青少年の
社会復帰、更生を
援助される仕事をされ
元気に飛び回っている。

脱帽もの、尊敬だ。

いつも不在の場合を考えて
美味しい気の利いた菓子と
手紙を準備してきてくれる。

先生の存在は
私の人生の誇りである。

今日は、お手紙と菓子の他に
井上ひさしの文章を書き写した
一枚の紙を添えて頂いた。

先生のお手紙から溢れる
見識と情愛の深さと
井上ひさしさんの言葉の深さに
感動して会場にお客さんがいるも
涙が溢れて溢れて仕方がなかった。

ー文章は
 むずかしいことを やさしく
 やさしいことを ふかく
 ふかいことを ゆかいに
 ゆかいなことを まじめに
           書くことー

          井上ひさし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「木戸孝子写真展」仙台 カルロス・ギャラリーへ。仙台空港周辺を写真に収める。

木戸孝子さんの個展。

Sinnbunn_dscf6654 一昨年の展示会は
案内を頂いたが
やりくり出来ず
見ないでしまった。

昨年は、東日本大震災で
宮城仙台はたいへんだった。

彼女も地震数日後から
ニューヨークタイムスの
友人記者たちと
被災地を回り
Sixyuku_dscf6708 たいへんな作業をしていたようだ。

彼女は高知出身
ニューヨークの
学校で写真を学び
しばらくニューヨークで暮らして
仙台に来た。

私も展示会をしているし
何かと今週は忙しく
今日の数時間しかあいていない。

ということで
新幹線に飛び乗った。

ギャラリーは
1:00オープン。
それまで時間がある。
仙台空港に向かった。

あのまさかの津波に
襲われた空港だ。

仙台から空港までの列車から
仮設住宅群をいくつか見た。

空港は見事に復活、再興されていた。

空港の外に出て
海の方に向かって歩いて
今も残るその爪あとを
写真に収めた。

ギャラリーに向かった。

木戸孝子の写真は
被災地の建物や人を
写しているが、そこから
音や物語が聞こえて来そうな
一枚一枚、芸術作品になっていた。

会場のカロスギャラリーは
写真専門でいいギャラリーだった。

木戸さんの写真からも
カロスギャラリーからも
インスピレーションを受け
いろいろ学んだ。

今日、仙台に来たのは
正解だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大谷広樹・ナカムラユウコウ写真展』開催決定!

Dscf65348月のお盆を挟んで
8月13日(月)から18日(土)まで
盛岡のクロステラスで
友人の写真家、大谷広樹君と
写真展をすることにした。

今日、二人で事務所を訪れ
正式に書類を提出し
会場を視察して来た。

「大谷広樹・ナカムラユウコウ写真展
 -東日本大震災。あの日、あの頃、そして今ー」

10:00am~8:00pm
初日のみ12:00

どうぞ、よろしく
お願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カフェ「カルタ」

Sixyukudscf6370ここカフェ、カルタは
個展会場の近く。

歩いて1、2分。

お客が途絶えたところで
散歩、気分転換ながら
行ってきた。

そうだ、忘れていた。
マスターにも
私の展示会のDMを
少し渡してこよう。

久しぶり来たが
やはりいい空間だ。

古いビルを
100%良さとして
売りとしてコーディネート
しきっている。

客にあまりなれなれしくしない
それでいて丁寧で
どこかなつこい愛嬌のあるマスターと
清楚で可愛らしい瞳をしたママの
取り合わせもいい。

販売しているCDの
その置き方、売り方も
素敵で素晴らしい。

ついつい
ロンドンのある公園の
鳥たちの泣き声に
楽器をコーディネートした
CDを衝動買いした。

衝動買いさせる力が
店のセンスであり
店の力だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の悩み

Photo_2どうだろう。
毎日、人は
自分の悩みに
悩んで生きている。

そう自分の悩みにだ。

人の悩みにではない。

自分の悩みに
この自分が、自分だけが
悩んでいるのだ。

もしかしたら
この自分の悩みは
あらためてよくよく考えると
なんでもないのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捨て台詞は禁止。「ありがとう」はたくさん

Photo人はいつ死ぬかわからない。
そのことにおいて
気をつけなければならないことは
捨て台詞を決して吐かないことだ。

人と別れる時は
「さよなら」と言わず
「ありがとう」と言おう。

感謝の思いは
溜め込まないで
言葉にしよう。

それが、永遠の別れになる。
場合もあるからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IBCラジオ684さん、取材ありがとうございます。

Sixyukusixyuu_dscf6156 今日は個展会場に
684IBcラジオが
生放送中継で来てくれた。

以下、取材記事です。

戦前からお店を開く、盛岡市本町通にある、
喫茶ママ。
そのノスタルジックな店内で、今、
東京・盛岡で雑誌の表紙のイラストを描き
イラストレーターとして活躍する、
ナカムラユウコウさんの
「絵・コトバ・写真展」が
開催されています。

ユウコウさんが書いた絵、
コドバが10点ずつ、写真が9点、
だいたいB5用紙サイズで、
壁に展示されています。

絵は、まるで妖精のような、
ふわっとした印象の肖像画の
ようなものが多く展示されています。

顔の一部が、草花になっていて、
人間が自然の中に溶け込んでいるようです。
本当は、人間は自然の中が、自然なんだな、
と感じるような、やさしい印象を受ける絵です。

コトバは、ユウコウさんが自分自身に
訴えた短い文章。

私がぐっと来たのは

「今日始めなければ 
 今、始めなければ 
 何も始まらない 
 今なんか 
 なんどもあると
 なめてかかるな。」

ユウコウさんが「共感しえもらえればそれでいい」
とおっしゃる、ちょっと厳しいような激励のような
言葉は、もしかしたらどれかが、みなさんにも
ぐっと来るのかも…なんて思います。

写真は、東日本大震災で被害を受けた
沿岸部でのものです。

支援で、たくさんの文房具を抱えた女の子。
家も何もなくなってしまった自宅でたたずむ家族。

被災者でなないだろうたくさんの人が
訪れている様子。

被災地の現状を、忘れていたわけではないけど、

少し考える時間が少なくなっていた私は、
はっと気づかされる、そんな思いがしました。

ユウコウさんは「被災地の誰もいなくなった、
すべてがなくなってしまった子供たちに、
未来を感じてもらうには、私たちが
いい生き方をしなければいけないと思います。
写真は、そのために現状を知ってもらうことが
出来ればと思って展示しました」。

喫茶ママでは、もちろんゆっくりとお茶をして
すごすことが出来ます。

ちょっとコーヒーを飲みながら、
絵を見たり、文字を見たり、
写真を見たりすると、
新しく思い浮かべる何かが
あるような気がしました。
フッとした息抜きの中で、
ご覧いただきたい展示会です。

●ナカムラユウコウ 絵・コドバ・写真展
日時…6月15日(金) 
喫茶ママ営業時間内 11時~21時
    日曜日はお休みです。
場所…盛岡市本町通
    県公会堂と、県庁の間の通り沿い

駐車場はありません。
お近くの有料駐車場をご利用ください。

ナカムラユウコウさん、
ありがとうございましたm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私がこの人生で自分に課す3つの課題

7232jpgjpg 私がこの人生で自分に課すことは
3つだけだ。

まず
1.疲れないこと。
2.つまらない感情に自分をさせないこと。
3.怒らないこと。

この3つをもし
自分と自分の生活に
実現させたら
成功させることが出来たのなら
相当な生き物に
なっているだろう。

まず疲れないことは
完全に意図的に
無尽蔵にエネルギーを
供給するシステムの
完成を意味する。

つまらない感情が
生活と人生に存在しないようにさせるには

もちろんベースには
エネルギーの潤沢な供給ということがあるが
その土台の上に自分の意識の
完全なコントロール能力の体得があり
生命体の性質の完全な把握と
そのコントロールのスキルの
この上ないレベルの修得の
実現を意味しており
これ以上の知的生命体はない
と思われる境地の到達を
意味する。

そして、怒らない自分の実現というのは
前者の2つ、潤沢なる無尽蔵の
エネルギーの獲得と、生命体としての
この上ない知性の獲得をベースに
人生そのものを開く、
幸せな人生の創造過程の
副産物だ。

怒らない自分の確立の所に
至っている者
の多くは
かなりのレベルで幸せな人生創造の
達人であり、既にかなりの実現者で
ある場合が多い。

怒りは人生を狭め窮屈にし
新たな怒りと憎しみ不安を
増長させるだけの働きしかなく
ただただ、日々の生活と人生から
喜びと感動を減少傾向に追い込む
作用しか持ち合わせていない。

怒りからは一日でも一秒でも早く開放されたい。

もし、人生にその逆の働きをする
ものがあるのなら

それは感謝であり
感謝は人生を開き
感謝は感謝を呼び感謝の波長と
リズムを同じくする
様々なプラスイオンを
呼び込み引き込み
創りだす。

得てして我々の人生は
多くの皮肉とトリックに満ちていて

憎しみと怒りの相手にこそ
多くの感謝すべきことが
眠っていたり、未来に
そういう場面が出たりする。

実は、それも
単なる偶然や神様の意地悪や
おふざけでなく、きちんとした数学が
あるんだ。

人生は、小説や舞台や映画より
多種多様でしかも
個々人複雑なのだ。

3つのうち私は何個クリヤーできるか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラ変えました。

Sirodscf3013 パナソニックのルミックス。

レンズがライカで、これまで
長きにわたっていい画面を
作ってくれました。

新しい機種はフジフイルム。

玄関に咲くバラを接写。

ルミックス同様レンズを変えずに
接写から光学30倍まで
撮影というのが私の
撮りかた、行動、性格と
ニーズに合っている。

これでまた数年、この世界を撮り倒したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は楽しみか?

72_2jpgjpgこの世界に
愛する人、愛する人たち
がいるのなら
この人生の明日は
楽しみだ。

その人のため
その人たちのために
何かをしてあげられる。

自分に対しては
何も、それほど
欲求が無いとしても
いいではないかな。

尊敬できる人
あこがれる人がいるなら
明日が楽しみだ。
勉強を進められる。
近くづく努力で
日々の予定を
埋められる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性の脳の優性

4588914manandwoman個展、初日、言葉の教室の
プロから脳のおもしろ話を聞く。

いや、脳はおもしろい。
その中の一つ。

お腹の中で人間は
皆、女性らしい。

そして8週から12週で
男性になるものはなり
女性のままのものは
そのまま女性に成ると言う。

男性は女性から男性になるため
その生的エネルギーを消費し
その間、女性になるものは
その消費と作業から開放された分
右脳と左脳のバランス、コントロールに
大きく関わる脳梁を発達させるという。

女性は男性よりバランス感覚が優れ
感覚と知性のコントロールがうまく
脳的に優れているのだそうだ。

個々の個体差はあるものの
男性は女性に叶わないのだ。

だから、男性は女性に勝とうとせず
うまく負けるスキルを身に付け
女性に協力してもらえる人間に成長しよう!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

八戸に行ってきました。

Dscf3266昨年の東日本大震災で
やられた八戸港も
この一年経って
すっかり復旧、復興していた。

港の風景、海の風景
そしてフェリーの船着場の風景
とても良かった。

もちろん、八戸と言えば
八食センター。

新鮮な魚介類の
海鮮丼、たっぷり
食べてきました。

ゴメンなさい!

Dscf3302_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

啄木のパーティー。タクボクの演劇。

Dscf3103今日は啄木没後記念行事の
しめのパーティーが、駅前の
ホテルニューウィングであった。

私はこれを記念して
作られた「啄木かるた」の
企画デザインをしたので
お祝いの気持ちで
参加して来た。

ご来賓諸氏の挨拶の後
あの歌う芥川賞作家の
新井満さんが啄木の短歌に
曲をつけたものを歌った。

歌もうまいし、さすが電通上がりの作家。

辛口の私としては、少々、饒舌気味と
気になったが、それでもさすがに
主催者や集まった人が喜ぶことを
まんざらおべっちゃらばかりに
聞こえないように褒め称える
話術は素晴らしい。

Warautakuboku 私が二十代に舞台美術をやっていた
劇団の代表のS氏と本書きの
おきあんごさんとが来ていて
久しぶりの楽しい会話が弾んだ。

おきさんが本を書いた
「笑うタクボク、雲は天才である」
が6月14日(木)15日(金)と
江戸糸あやつり人形「結城座」により
県民会館中ホールで上演される。
楽しみな公演だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人と共に何かを考え、語りあっている時、使ってはいけない言葉

2jpg1.とにかくなんかちがう。
2.とにかく私はそう考えるから。

この二つは、議論では
使ってはいけません。

このコトバを多用する人は
議論する資格も
力もありません。

それと、もう一つ

3.それはわかっているけど

これも、よくありませんね。

とくに相談を求めたり
意見を乞うておきながら
次々このコトバを乱発する人には
困ってしまいますね。

絶えず、相手の上に反射的に
立とうとする気持ち
あるいは、相手の考え方や
アイデアをそのコトバで
瞬間的に横取りしてしまう
あさましい気持ちの表われで
品位のない人の使う言葉です。

他人に感謝と敬意のある人は
使わない言葉です。

かわりに
「なるほど、すばらしいですね。」

「なるほど、参考になります。」


「なるほど、ありがとう。」

というコトバを使いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »