« ロイ、おはよう。 | トップページ | 噴悶、苦悶の中で日々生きてるキミが今だ知らぬこと,一つの物語的世界把握。 »

木版の世界に魅了された。紫の花群れなすレストラン

Hqnngqtwnn_img6231610530001_2 今朝
東和町の萬鉄五郎美術館
に行ってきた。

今朝というのは
この美術館は早起きで
朝の8時半から開いている。

木版画展をやっている。

木版とコトバによるコラボ作品のイメージや
絵画における構図や表現などなど
たくさん、インスピレーションを
頂く作品展だった。

Dscf9940 銅板にはない泥臭さ
純朴な味わいと深み
木版の世界に魅了された。

午後は
7月の大船渡の
復興支援がらみのイベントの
企画で、石川啄木記念館に。

石川啄木没後100周年で
私がデザインしたかるたの
パッケージはキツツキを木版画で
作ったワンポイントを使っている。

記念館の啄木が教え子たちと
戯れる銅像の側の木に
キツツキが丸い巣を作ったという。

なるほど、見事な円。

没後100年めでたし、めでたし。

お昼は、久太屋さんで
美味しい漬け麺を食べた。

このレストランの前にこの季節広がる
紫とところどころに混じる白い花の
群生が美しい。

この風景を見ながらの
食事は極上だ。

Yagurumasoudscf9860_2

|

« ロイ、おはよう。 | トップページ | 噴悶、苦悶の中で日々生きてるキミが今だ知らぬこと,一つの物語的世界把握。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木版の世界に魅了された。紫の花群れなすレストラン:

« ロイ、おはよう。 | トップページ | 噴悶、苦悶の中で日々生きてるキミが今だ知らぬこと,一つの物語的世界把握。 »