« 今日のお客様 | トップページ | 今日の楽しみ。 »

三陸の東日本大震災の被災地を撮る。

Dscf1693今日は朝6時に
東京から慶応大学大学院の
メディアデザイン科のメンバーが
Dscf1364_2私のアトリエ集合し、被災地へ。

あいにくの天気で
夕方から天気が崩れるとのことで
スタートを1時間早めた。

陸前高田から釜石方面に向けて
被災地の1年半経った今を
撮影する。

陸前高田では
仮設住宅が校庭いっぱいに建っている
高田一中の高台から見渡す
陸前高田の被災した市街全貌を
まずカメラに収める。

丁度、その日はイタリアの在日の事業家の
みなさんが、市に移動図書バスの贈呈と
仮設の人たちにイタリア料理を振舞うイベントで
たいへん賑わっていた。

代表のマルコムさんとも
名刺交換をし、いろいろと
お話もでき彼らの昨年からもう
7回目になる継続的なるというこれらの
訪問と支援に感動した。

被災地は瓦礫をだいぶ集めはしたが
完全に破壊された廃屋も
そのままで、未来の見える復興
再興はまったく頓挫したままで
動きがない。

東日本大震災は
そのままある。

それが2012年7月1日の
現状だ。

|

« 今日のお客様 | トップページ | 今日の楽しみ。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三陸の東日本大震災の被災地を撮る。:

« 今日のお客様 | トップページ | 今日の楽しみ。 »