« すごみのある人間 | トップページ | 7月9日(月)釜石から宮古方面へ »

7月8日(日)大槌・釜石へ

Ootuti_dscf3471 電車とバスで大槌に行く
予定だったが、弟が急遽
車を出してくれることに
なった。

いい天気だ。

まずは釜石ホテルサンルート。

大槌に宿を探したが
大槌は壊滅。

荷物を置き
釜石市内と港湾を
取材、撮影。

そして大槌へ。

大槌の街は、瓦礫が処理され
一面茶色の広大な
海に続く大地から
雑草の生い茂った
緑色の広大な野原に
なっている。

大槌のイベント会場へ。
震災で亡くなったペットたちを
プロのイラストレーターが
絵にしたものを展示する
「小さな命展」の取材撮影。

詳細は弟のブログを「中村太樹男つれづれ日記」http://black.ap.teacup.com/nakamura-takio/

最終日、絵の依頼主である被災者の方に
絵をお渡しするとのこと。

この展示会の後片付けをし
代表のうささん、東京から
いらしたイラストレーターさん4人と
地元大槌のスタッフの方と
夕食を兼ねて打ち上げ。

9時半。
ホテルに戻り、夜の釜石の街へ。

復興を再興を象徴する
明かりや賑わいはあるだろうか。

街の大通りとも言うべき
この釜石の中心通りの大渡町には
瓦礫は無いが壊れたままのビルが
通りに数軒ごとに点在している。

何よりも人がいない。

やはり、ハードは見かけ
復興してきたように見えるが
街としてのソフトが街の生気が
復興していない。

|

« すごみのある人間 | トップページ | 7月9日(月)釜石から宮古方面へ »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月8日(日)大槌・釜石へ:

« すごみのある人間 | トップページ | 7月9日(月)釜石から宮古方面へ »