« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

神様のような人

2jpg_2 こうしたら
こんな風にしたら
ステキだなってことを
自然に全部、すべて行動できる人は
神さまのような人だと思う。

というか
神さまも惚れちゃうような
ステキな人だと思う。

神さまを惚れさせちゃう人は
神さま以上の生き物
かもしれない。

私たち凡人は
ステキな状況を生み出すステキな行動を
面倒くささや苦労、骨折り、出費等に
中途半端にうだうだぐずぐず迷っているうち
タイミングを外してしまう。

高度な脳と心を持った
人として生まれたからには
凡人で終わらず神さまか、あるいは
神さまも惚れるような人か
どちらかなりたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中村太樹男展、本日より日光蓄音機ギャラリーにて開催

Img8310510200001今日から9月4日(火)まで
中村太樹男展

ー鉛筆画と立体展ー

日光、蓄音機ギャラリーにて。
日光観光、ドライブのついでにどうぞ。

会場の蓄音機ギャラリーのホームページです。

http://www.meiji-yakata.com/chikuon/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dscf8369弟が30日からの作品展のため
絵画や立体作品を積んで
日光に向かった。

アトリエの畑に水をやり行く。

この天気。
きゅうりは一日でどんどん大きくなり
トマトもどんどん実を為す。

プチトマトもおいしそうだ。

トマト3個。
プチトマト10個。
ナス2個。
きゅうり3本収穫する。

オクラの花、初めて知った。
美しい。

トンボも飛びかう季節になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ロボジー」がおもしろい。

Imageddd_2 新作レンタルDVD
「ロボジー」がおもしろい。

細かい作りと
キャストと演技が
皆しまっている。

ロボットオタクの女子学生・葉子役の
吉高由里子。いっちゃってる魅力は
たまらなくいい。

ロボット開発部トリオには、
濱田岳、川合正悟、川島潤哉の3人の
演技がすばらしい。

矢口史靖監督作品。

1326646073 中身は言いませんが
最後、声出して
笑っちゃいました。

いやー、おもしろくて
クオリティー高い映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未知の場所

Dscf8228_2小岩井農場の草原の
あの3本の樹の
朝日に輝く美しい姿を
写真に収めようと
早朝、5時半、起床。

アトリエのカーテンを開ける。

曇りだ。

しかし、空全体がほんのりと
ピンク色に美しい。

これはこれで、いいかも。

外に出、車に乗ると
地平に近い向こうに雲の割れ目から
小さな黄金の光を見つける。

その黄金の光に
誘われるままに
小岩井農場の方角ではなく
北へ北へと向かった。

何ども通リ過ぎ
いつも気になっていた農道に
入り込んだ。

この道はどんな風景を
見せてくれるだろう。
どこに続いているのだろう。

新しい風景だ。
こんな所にこんなに広大な
自然のままの雑木林
草原があるなんて。

ここにはきっと無数の虫や
動物がいるに違いない。

もしかしたら新種も
いるかもしれない。

いずれ、いい所を見つけた。

おお、向こうに見えるは
なんと美しい山であることよ。
あれは姫神山という山です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月最後の日曜日

Dscf8377入道雲が天から消えた。

360度どこを見回しても
見当たらない。

この街から夏が消えた。

智恵子よ。

あれが
夏の終わりを告げるうろこ雲だよ。

夕方、風も変わった。
涼しい風とは
随分久しぶりだ。

すると、見る見る
空が紅くなりだし
あっという間に真っ赤になった。

Dscf8379 智恵子よ。

あれが、秋の開始を知らせる。
真っ赤に燃えるうろこ雲だよ。

<高村光太郎さん。かってに奥様
 の名前を使用してゴメンなさい。>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AVANSからBAR CAFE the S

Topimageお盆休みに
数10年ぶりの
小学校の同窓会をした。

その時、出席できなかった
友人と盛岡のメンバーで会う。

イタリアンバーで
一席設けたのだが
福島の遠方より来る友が
ジャズ好きということが
話の中で分かった。

急遽、2次会は、昨年、震災で
店がやられ三陸は宮古から
盛岡に越してきた
BAR CAFE the Sに移動。

店内には、いつも
津波からぎりぎり助かった
ウン百万するスピーカーから
レコードのジャズが流れて来る。

顔なじみになっているマスターが
9月6日のライブのビラを
テーブルに持ってきた。

お時間のある方はどうぞ
ステキなお店で美味しいピザや
ソーセージをつまんで音楽を
堪能してください。

BAR CAFE the S  http://livecafe385.com/thes/

中本マリ(vocal)&太田雄二(Guitar)

ジャズシンガー中本マリとジャズギタリスト太田雄二DUOのライブ

9月6日 木曜日  OPEN PM 6:00 START PM 7:00

チケット 前売 ¥4,000 当日 ¥4,500 (ドリンク代別途)

お問い合わせBAR CAFE theS 019-625-2440

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分を変えること

Image 自分を変えるという
テーマの本が
たくさん出ている。

自分を変えるのでなく
好きな人格を自由に選んで
それを演じる、それを生きる
というのがいいのではないか。

選び抜いた人格への強い憧れが
選んだ人格に自然と変化させる。

人が変わるというのは
実はそんなことではないか。

勝手に選んで
Imageca5xnoel_2 その憧れの力によって
知らぬ間に変わっていく。

これがいい。

人が変われる実際は
変わる実際は
こうなのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生最大の瞬間降水量

Dscf8133毎日、少々
怖くなるほどの
見事過ぎる入道雲が
空に広がっている。

今年の夏の暑さは
尋常じゃない。

そして暑さだけでなく
雲の様が普通じゃない。
普通じゃない高気圧が
発生しているとのことだ。

今日、夕方とうとう
恐ろしい雲は
恐ろしい雷と滝つぼのような
雨となって不安を現実のものとした。

しかし、その激しさは
想定以上のものだった。

数メートル先がまったく分からぬほどの
激しい雨はわずかの時間の間に
道路の側溝から水を湧きあふれさせ
不気味な真っ黒な雲は稲光だけでなく
その広い面積を怪しく光らせていた。

こんな怪しく激しく
不気味で不安にさせる雨は
初めてだ。

天候が変だ。
何事もないことを祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい湯だ、夏の終わり。

Dscf8102忙しかったお盆休みと
夏の疲れを取りに
村上春樹の『日出る国の工場』
にも出てくる小岩井農場を
少々越えた温泉ゆこたんの森へ。

と思って車を走らせたのだが

きれいな草原に
鬱蒼と豊かな葉を茂らせる
何か不思議な魅力を放す
3本の樹と出会ったり
怪物のように自由に姿を変えて
天空で遊ぶ入道雲に見入り
ほだされて山道を走り続け
気がついたらゆこたんの森を越えて
山の頂、網張温泉郷に
辿り着いていた。

夏の狸と狐にだまされたようだ。

小岩井農場には、たくさんの
小説や物語や詩が
詰まり溢れている。

せっかくここまで来たので
温泉に浸かって行こう。

体重は減っていない。
忙しくても、お盆中はよく食べた。

いい温泉。
豊かな少々熱めの湯船に浸かってから
露天風呂に移動。

巨大な入道雲を眺めながらの
山中の露天風呂は極楽
最高だ。

今年の夏を満喫したな。

入道雲に見とれて
少々長湯をしてしまった。
湯に漬けていた足が低温やけどを
してしまった。

帰路、小岩井農場によって
150ミリで200円という
超特濃の牛乳をぐっと飲んむ。

まだまだ残暑の厳しい日が続くが
私の中で夏は終わった。

心もアトリエも秋を迎える
準備に入ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「この世界は」底なしに、楽しい。

2jpgこの世界は
この人生は
底なしにわくわくと
楽しい。

しかし、
そんなこの世界を
より楽しく満喫して
楽しむためには
健康でありたい。

強い体はもちろん
強い脳と強い心
丈夫でタフな神経を
育て維持したい。

強くてタフで健康ないい神経は
自分がほんとうに好きなこと
自分がほんとうに価値を感じることに
きちんと努力し行動することで
形成される。

この世界は
この人生は
底なしにわくわくと
楽しい。

そのことに
気づいてほしい。
思い出して欲しい。

「今日を楽しみなさい。
 自分を楽しみなさい。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「この人生は」楽しいか?生きていることが、楽しいか?

Photo生きていることは
楽しい。

人生は楽しい。
家族が好きだ。
職場が好きだ。
友達が好きだ。
あの頃でなく
今が、ここが好きだと
心から言える、言っている人は
知的できらきらと美しい。

逆に家族が、友達が
職場が、学校が嫌い
あの頃と、あそこの話ばかりしている人は
家族や職場や友達や
ここや、今に問題があるのでなく
当人に全ての問題の根源があることに
みなさんも気づいているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

攻めの選択

72生きること、人生は
選択の連続
決断の連続だ。

今日仕上げた
一枚の絵でもそうだ。

黄色い花を
一面に敷き詰めよう!
敷き詰めたい!
失敗したら描き直しだ。
時間もない。

しかし、迷った時は
私は積極的な方を
攻めの方を選択する。

もちろん
失敗した
やらねば良かったと思うこと
もあるだろう。

でもそれは、やってみては
どうだったろうだらけで
溢れかえっている人生より
いいだろう。

挑戦することで
多くをそこから学ぶし
自らが自らを強制進化の
状況に落としいれ
進化させ、拡大させ
自身の存在、心、人生を
開いていく。

多くの先哲も言っている。
人生はやっての後悔よりも
やらないでしまった後悔で
満ち溢れていると。

迷ったら、勇気をもって
積極的な方、攻めの方を
選択、決断しよう。

その方が、人生は
数段、楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございました。大谷広樹・ナカムラユウコウ展本日終了。

Dscf5003_2 初日にテレビ局が2社                         波板海岸防波堤復旧工事
来てくださったことも
手伝って、もちろんこの
お盆の帰省時期ということもあり
場所柄、非常にたくさんの方が
見に来てくださった。

特に若い方が2,3人で
写真を見ながら被災地のことを
あれやこれやと話しながら
写真を見てくれていたのは
うれしかった。

見てくださった方の
それぞれの被災地への
何らかの支援につながることを
願いたい。

復興、再興は十年、十数年の
長期戦になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しいお盆休み終わる。今日からまた平常。

Dscf7743 ても忙しいお盆休みだった。
お盆までへとへとで頑張って
辿り着いて、帰省する兄弟家族と
食ったりったり遊んだりする
例年の夏休みのようには
行かなかった。

1.お盆中日に盛大に行われる
  状況に変化した小学校の
  同窓会の運営と準備。

2.お盆期間中13日~18日
  の期間で、帰省者や観光客狙いでの
  東日本大震災の駅近くのビルでの
  写真展の開催。

3.震災で亡くなった小さな命展の
  出品イラストの制作。

普段より忙しい休みだったが
終わってみれば、いろいろな
新たな出会い、懐かしい再会に満ちた
充実したお盆休みだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどもの創造力

お盆休みというのに
間違えてアトリエに
来る子もいる。

Dscf8043確信犯か?
相当、ここが好きなのか?

可愛いものだ。

こどもの創造力というものは
すごい。

一枚の紙があれば、あっという間に
ニューヨークで個展が出来そうな
作品をハサミとペンで作りあげる。

頭と手と世界と自分が
一体なのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり

Sam_1005_2小岩井農場に行ってきた。
美しい農場に向かう一本道が
鮮やかなひまわりでいっぱいに
なっていた。

まさに天に向かって
太陽に向かって歌う花だ。

ひまわりは、別名 
日車(ひぐるま) 
天竺葵(てんじくあおい) 
日輪草(にちりんそう)
Images という呼び名がある。
どれもそれぞれに
趣のある呼び名だ。

ひまわりは
キク科の一年草だ。
原産地は、北アメリカで
コロンブスの「新大陸」発見後に、
ヨーロッパへ伝えられた。
どこの地域においても
「太陽」と結びつけられている。

ギリシャ神話には、
太陽神アポロンに恋いこがれて、
彼を見つめ続けた少女の化身
であるという伝説があるのだが
まさに、道路わきに延々と咲く
ひまわりの花々は
この神話の如きだ。

「ひまわり」といえば
1970年のイタリア映画
ソフィア・ローレンだ。

誰かにDVD貸したままなんだけど
誰だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校の同窓会

Mg8140916210001 今は無き旧校舎の河北小学校

3組までの90数名のうち
3分の1の32名が集まった。

先生もお一人
来て下さった。

本当に楽しくて
幸せな同窓会だった。

男女比率フィフティーフィフティで
女性も多かったのだが
3次会まで誰も帰らなかった。

小学生だったあの頃
こんな日が来るとは
考えもしなかった。

12歳の私は
20歳の私も30歳の私も
信じられなかった。
考えられなかった。

まっして40や50になった
自分なんか。

同じように信じられないが60、70
そしてサヨナラの年齢
サヨナラのその時が
来るのだろう。

その時まで、私は
この私で生きて行き同時に
誰かの人生と自分の人生を
入れ替えることも出来ず
この同級生たちも
この同級生たちだけが
私の貴重な同級生だ。

この世界はたった一つのものと
一度っきりの出来事で出来ている
きらきら輝く夢のパラダイスだ。

この世界は、人生は
素晴らしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日開催「大谷広樹・ナカムラユウコウ写真展」

Sixyasinntenn_7700 いよいよ、写真展初日。
開始早々、テレビ岩手さんと
IBCテレビさんが来てくれた。

夕方のニュースで流してくれる
とのこと、ありがたいです。

マシェリさん、岩手日報ぽらんさん
盛岡タイムスさんも、告知、取材等
ありがとうございました。

■日時: 8月13日(月)~18(土)
■時間: 10:00~20:00
*初日8月13日のみ12:00より
■会場: クロステラス 1Fシルヴァンプラザ 
〒020-0022 盛岡市大通クロステラス盛岡1F

※入場無料

準備、大詰めです。帰省の方は、ちょうど
お盆中ですので、大通りは入り口の大きな
新しいフッションビルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンド復活か!?高校の同窓会

Img8161219110001高三の文化祭での
バンドメンバーが
35年ぶりに集結。

キーボードのともちゃん。
ギターのひでのぶ。
ベースのカズアキ。
私はボーカル。

そして
ミキシングの
じゅんいちとあきひろ。

ただのコピーだけでなく
およそ半分がオリジナルというのは
即席バンドだったがなかなかだ。

こんど私のアトリエで
やろうということになった。

ギター、ベースのひで、カズは
大学の軽音楽部で頑張った。
プロもその頃は目指していた。
キーボードのともちゃんは
今もエレクトーンをひき
教えている。

私は二十代ライブハウスで
少々稼ぎ、その後も
時々イベントでギターやピアノで歌い
歌も時々作っている。

正式におじさん、おばさんで
バンド作ろうかな?要検討。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キミが何か生み出そう、創りだそうとする時

1キミがデザインする
企画するなどなど
何かを生み出そう
創りだそうとする時

自分でやろうとしてはだめだ。

もしもこの世界で
一番オシャレな女の子
男の子、人間が
デザイナーがプランナーが
やったらどんなものを
出すだろうと考えることだ。

そうすると宇宙からアイデアが
入り込むスペースの空きが
私の脳?内世界スペースに
出来上がる。

所詮、たいしたことのない自分で
勝負してはだめだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕祭りと母

Dscf7534_2盛岡では7月7日ではなく
一ヶ月遅れで、色とりどりの
短冊で肴町商店街の
一本通りを飾り付ける。

92になる母
この七夕祭りが大好きで
子どもの頃は、母に連れられ
大人になってからは
母を連れてここに来た。

キーを打ちながら思い出したが
本当に母はこの七夕祭りが
好きだった。

この通りの入り口にあった
中三デパートも大好きだった。
70、80なっても
ぽんとバスに乗って時々来ていた。

今は、母はあまり外出が
出来なくなった。

七夕祭りに行けなくなった母に
何が出来るだろう。

ささやかなものだ。
ささやかな人生だ。
こんなささやかな祭りしか
楽しみにできない地味な人生で
6人の子どもの我々を
育ててくれた母に感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏風邪流行。私のウイルス殺傷法。

Dscf7558ここ数日
風邪に悩まされる。

夏風邪の
ウィルスを何人か
置いていく。

咳き込むを人を完全に仕事だから
シャットアウトすることは出来ない。

出来ることは
体内に入り込んだ
ウイルスをどう初期の段階
増殖前にウイルスを
死滅させるか。

久しぶりだったが
私のウイルス殺傷法は
健在だった。

目覚めてヤバイという時は
まずは迷わず早朝の銭湯へ。

ウイルスは熱に弱い。

コンビニでゼナを買い
少しずつ舐めながら
喉に流し込みながら飲む。

お腹が空いていたら
24時間の食堂等で一番消化のいい
温かいうどんなど食べる。

銭湯では

1.お湯で頭痛のする頭、首元まで温める。
2.体調を考え無理せず何度かサウナで汗出し。
3.よし、抜けたという体調を確認して仕上げに水風呂。

水風呂に入って急激に体を冷やし
危機、異常状態を作り
脳に体を温めようとする指示を出させ
体の中から温め、ウイルスを完全殺傷する。

大切のは、ウイルスが爆発的に増殖し
体を支配する前の初期段階での
対応が大切です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏と秋の大空のバトンタッチ

Dscf7549今日の空。

時々薄暗くなったり
急に明るくなったり
空を見上げると
多彩な雲の織り成す
絵屏風が広がっていた。

裾に夏の入道雲。
高いところに
秋空のウロコ雲が。

今年、初めての
涼しくひんやりとして
風が変わった。

さあ、そろそろ
今年後半戦の
計画をきちんと立てよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被災地を撮る。

Dscf1424_2 仮設住宅のある日曜日の朝

被災地はアートには決してなりえない。

言うまでもない。

被災地でシャッターを押す時

それは、祈りや願い。
見つけた新たな希望や幸せの萌芽の
発見の喜びによる記録への衝動。
同胞としての悲惨さの情報、状況の
伝達共有への使命感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大谷広樹・ナカムラユウコウ写真展

Dscf5963 野原になった海辺の街々<野田村>

大谷広樹・ナカムラユウコウ写真展
―東日本大震災。あの時、
                                  あの頃、そして今―

東日本大震災発生直後から、
現在までの被災地を撮影した
モノクロ、カラー合わせて約40数点。
あれから1年と半年。
今一度、東日本大震災と向き合いたい。

■日時: 8月13日(月)~18(土)
■時間: 10:00~20:00
*初日8月13日のみ12:00より
■会場: クロステラス 1Fシルヴァンプラザ 
〒020-0022 盛岡市大通クロステラス盛岡1F

※入場無料

準備、大詰めです。帰省の方は、ちょうど
お盆中ですので、大通りは入り口の大きな
新しいフッションビルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは、すばらしい!「高橋宣行の発想ノート」

Photoさすが、
元博報堂制作部長。

脳のひだに
染み入る本の
作りをしている。

向かって左面が活字で
右面は手書きの図解。

黒と赤の2色刷りで
これがフルカラーより
脳に効いてくる
素晴らしい本作りだ。

内容ももちろん
企画すること
考えることの
なるほどエッセンス
だらけだ。

この本作り自体から
貴重な企画のインスピレーションを
たくさん戴ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「楽しいことだけやる」ってか?こわ~いお話!

Images_2 名実共に楽しいことだけやる。
潔く、それが一番。

そして、さらに、もうひとつ。

すっかり慣れて麻痺してしまっている
周囲と世界に対する
不感症状態
想像力減退症状態
慢性薄情症状態の
自分の心の状態を見つめ直し
正常で豊かな感受性と想像力を
取り戻し活性化させ、

Imagescagvzj3c そのことで

周囲と世界に対する感謝力を
マックスにし、すべてを楽しく感じ
すべてに楽しく対処できる自分に
組み立て創りなおすことも有用だ。

不幸のアリ地獄
楽しくない人生の状態移行は
感謝力の知らず知らずの減退と比例して
キミの人生を知らず知らず少しずつ侵食し

ある日突然、壊滅状態、完全崩壊に至らしめる。 

怖~い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から8月。猛暑は続く。夏バテ禁止令が発令された!

72私は知っての通り
自慢話が大好きだが
今日も、また、自慢話を一つ。

「私は夏が大好きだ。」

この暑い、暑い夏が
大好きだ。

夏バテしたことが一度もない。

東京での6年間も
一度もこの北国の田舎もんは
夏バテをしたことがない。

なぜ夏バテしないのか
あること、ないこといろいろ
考え分析すると

まず、私は、顔のつくりが
インド人っぽい。
南の国の人の生まれ
変わりかもしれない。

これは夏バテに対する素質的問題。

次に、私は非常に幸運である。
自分がつぶれ崩壊しない程度の
適度で幸運なストレス、負荷を
この人生で戴き、たいへん
自律神経だけは強靭に
発達進化させることが
出来た。

そのことにも関連して、私の世界との
対処の仕方における
卓越した条件反射能力に
よるだろう。

つまり、言っても仕方がないこと
怒っても愚痴っても仕方が無いこと
泣き喚いたり叫んだりしても
仕方が無いことは
鼻からそのことにより苦しんだり
心を煩わせない条件反射的
対峙システムが確立している。

どんな暑くたって、誰に怒ろう?
怒りようがないもの
逃げようのないものには
それをただ受け入れ
あわよくば堪能し、不便があるなら
心穏やかに工夫できることは
工夫すればいいだけだ。

何か体に障害やなんらの病を罹患し
抜きさしならぬ状態でないかぎり
気持ち的に夏バテする人は
どこか自分の毎日の生活の楽しくないことや
人生を不運、つらいと感じる理由を
運命や神様や、育ちや親や遺伝子や何らかの環境のせいにし
心の独り立ち、大人になりきれてない
子どものような人だ。

実際、私の知っている限り、そして出合った

かっこいい成熟した大人の女や男たちは
どんなに暑くたって「暑いね~!」っていいながら
バンバン仕事もし楽しく自分のため自分を動かせ
人のためにも頼まれもしない何かをし奔走し
うだる真夏の炎天下の街の中で
非常にかっこよく楽しく生きている。

ただ、ただ、あづ~っ、あづ~っと言いながら
何もできず、何もせず一日に5個も10個も
アイスクリームを食べている
そんなメタボのクマのプーさんにだけは
ならないよう気をつけよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »