« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

さいとう製菓かもめのたまごギャラリー行事予定

今日は搬入作業があった。

明日より、私がプロデュースを
お願いされている
さいとう製菓かもめのたまご
国分通り店で開催される
写真展の搬入。

明日より年明け新年まで
ここで私関連の展示が続く。

さいとう製菓かもめのたまごギャラリー行事予定

11月1日(木)~11日(日)
大谷広樹・ナカムラユウコウ写真展
三陸海岸2011・3・11-2012・8・30

8月クロステラスで開催したセレクト版。
見ることが出来なかった方はどうぞ。
場所が変わると写真も違って見える。
クロステラスはオープンスペースだったが
閉じられた空間の白壁で見ると
また写真はその世界をより強く
伝えてくれる感じを受ける。

11月12日(月)~30(金)
西部絵画クラブ作品展

私が指導・アドバイスしている
画材はパステル・水彩・アクリルによる
公民館の絵画クラブの作品展。

12月1日(土)~2013年1月新年初旬
ナカムラユウコウのコトバポスターと絵画展

カレンダーやカードの販売も予定しています。
  ●25日まで、クリスマスバージョン
  ●26日以降、新年巳年バージョン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「成功する前に成功したかのように取り組みなさい.」

ー成功する前に
 成功したかのように
 取り組みなさいー

とは、成功哲学の
ナポレオンヒルの
有名な言葉だ。

これを現実の生活
人生では、どのように
実行することなのか?

最高の人間だったら
最高の心を持っていたら
どう行動するかを考えて
今取る自分の行動を
選択し実行するという
そういうことだろう。

自分が最高の社長だったら、経営者だったら
自分が最高の部下だったら
自分が最高の兄だったら、弟だったら
自分が最高の姉だったら、妹だったら
自分が最高の母だったら、父だったら
自分が最高の恋人だったら
自分が最高の夫だったら、妻だったら
自分が最高の友達だったら
自分が最高の絵描きだったら、
イラストレーターだったら
自分が最高の写真家だったら
自分が最高の詩人だったら、文書きだったら
自分が最高の・・・・・・だったら

どう行動するかを考えて
行動することだろう。

ニワトリが先か、卵が先か?
その人生は最高のものになっているだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年、初見の紅葉の風景

Kouyou_pa290019あと数日で10月も終わり
11月となる。

今年も、もう終盤。

1年の速さはものすごい。

昨年は東日本大震災もあり
時間の流れが停滞し
長かったような気がしたが
今年はただただ短い一年だった。

今年のこの残り2ヶ月も
いろいろと忙しくなりそうだ。

久しぶりに小岩井方面に行くと
遠くの連山はすっかり紫色に染まり
近景の小さな山並みは、今年は
紅葉が遅いのか、まだ緑もまばらに
見えたのだが、美しい今年の
紅葉の初見だ。

脳と心のため、時々は、大自然の空気を
吸わないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しあわせソフト

人には全員
幸せになるソフトが
インストールされている。

誰にはインストールされ
誰にはインストールされないなどと
細かいことを神様はしない。
そんな事、手が回らない。

なぜ、しあわせになるソフトは
自然に起動しないのか?

問題は、阻害要因だ。

阻害要因は、すべて自分の心の中にある。

プライド、見栄、嫉妬、怠慢・怠惰
不信・憎しみ・怒り・自己防衛・愚かさ
そしてあらゆる符号のマイナスの感情
微々たるものでもネガティブなベクトルは
全てを排除、消滅させよ。

阻害要因さえ消滅すれば
しあわせソフトは自然に
起動開始だ。

阻害要因の完全消滅の
スイッチは長く一緒に生きてどこか
居居心地のいいような
存在してバランスをとっていた
それらの阻害要因と決別する
一瞬の少々向こう見ずの勇気だ。

とはいえ、この
「一瞬の少々向こう見ずの勇気」の実行、
ネガティブなものとの決別は
厄介で難しく真の直観力と
強靭で巨大な知性が必要だ。

この決別の先に、今はどんなに頑張っても
リアルに実感を伴って想像することのできない
見たことのない笑顔と笑いに満ちた
楽しく開放された満たされた
温かく幸せなまったく新しい世界が
広がっているんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二人の男の物語

昔、二人の男がおりました。

一人の男は
ここはおもしろくない
おもしろくない
興味深い人間がいない
いい人間がいないと
次々おもしろい街を求めて
旅を続けました。

もう一人の男は
最初の男が去った後に
その街に辿り着き
追いかけるようにまた
その街を去りました。

ただ、そのもう一人の男は
ここはおもしろい
興味深い人間
いい人で溢れているといい
自分もその街で
人々が喜びそうなパフォーマンスをし、
自分も少しでも良き人間になろうと
その街での日々を過ごしました。

そのように二人の男の旅は
延々と続きました。

しかし、最初の男は旅から旅
街から街へと、どこに行っても
楽しいところはない、楽しくないと
とうとうある街で病に
臥してしまい、三ッ目の秋を
迎える頃、天に召されてしまいました。

一方、後の男は
どこに行っても楽しい楽しいと
どこからも誰からも何時かなる時にも
楽しさを見つけ、感じ
自らもそこを楽しくするため
身を砕き心を尽くし街から街と
旅を続けるうち
その楽しいという思いが
細胞一つ一つに蓄積され溢れ
体中の細胞が楽しさで溢れて
溢れて一杯になって張り裂けそうになった時
細胞内のミトコンドリアが突然変異を遂げ、
細胞が不老不死の仕組みを作り
もう600年以上も街から街へと
旅を続けている。

あなたや私のところも
いつか訪れるかもしれない。

その時、

「あなたも楽しそうだな。

 あれ、あんた細胞が
 人間じゃないな。

 生きてて楽しくてたまんないべ。」

と言われる人間になっていたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人への階段

Photo愚痴りたい時、ありますね。
でも、愚痴らず

攻めたい時、ありますね。
でも、攻めず
ぐっとその一言を飲み込む。

怒りたい時、ありますね。
でも、怒らず

未来のことや、周りや、相手や
そして
愚痴たり、攻めたり、怒った後に
自分を訪れる空しさや焦燥感
自らが自らの心に傷を負わせぬよう
未来より手前の今の自分で
先手を打つ我慢と心の
コントロール。

そういうことを一つ一つ
限りなく積み重ねて
人は大人になっていく。

そうでなければ
いつまでも子どものまま。

子どもって結局
いつも状況に紛動され心乱され
いつも心は不安と焦燥と空しさで
溢れている自爆の仕組みと律動の
中で生きている。。

そこから抜け出すには
一つ一つの場面で今までの自分
いつもの自分の条件反射と戦い越えて
地道に一歩一歩、大人になるしかない。

自分の中に
それはそれは太い軸を創り
この頼りない心を不動の心とし
本当の強さを身に付け
怖さや恐ろしさではない
輝く眩しい本当の強きものと
なりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私はいつも包まれ育まれて

723jpg 私が興味あることに
興味を持ってくれ
私になるべく
いろんなことに興味を持たせ
この世界に少しでも
楽しく存在できるよう
いつも影に日向に心砕いてくれる
あなたの優しさ大きさに
私はいつも包まれ育まれて
うれしかった、楽しかった
幸せだったのだろう・・・マル

誰の話、誰のこと?

でも、なんかすばらしい人ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この世で一番恐ろしいもの

4jpg_2人が一番恐れているのはな~に?
と聞くと多くの人は、
「死」だと言うだろう。

でも、本当にそうだろうか?

人は死よりも
恐れているものがある。

答として間違いではないかもしれないが
「死」だけでは言葉が足りない。

死と言う大雑把な答え方では充分でなく
答の本質、核心は鷲づかみされていない。

人が一番恐れているのは
「幸福になれずに終了する我が人生」
「この人生に幸福はないので
 はないかと言う予測」にこそ
 恐怖しているのである。

人は、最後まで幸せになれない人生
が恐ろしくて、その恐ろしさから
その耐え難い空しさ、せつなさ、
寂しさから逃げるために
時に人は死を想う。

誰も死にたい人はいない。

言いまわしを変えると
「毎日が生きていることが楽しければ
誰も死にたいとは思わない。」
というあたりまえの表現になる。

しあわせにいつかはなれるという予感、
インスピレーションに溢れ
この自分が確かにしあわせになれる確約
自分のこの人生を確実に幸せにする
方途と哲学を獲得し、確信が持てた時
一切の不安は消滅し、全ての苦しみは霧散し
死もいつの間にかどこに姿を消したのか
自然消滅する。

その確信通りのしあわせになるための
しあわせな歩みが始まる。

そして行き先がどこであろうと
全ての歩み自体が幸せとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己形成論

もしあなたが
なんとも強く美しく
大きく高みに至った
芳しき素晴らしい
見事な心を持っていたら
人格を体得したのなら
するであろう判断
するであろう行動を
しなさい。

それは無理だと言ってはいけない。
そこにはまだ自分は行けない。
まだ、至ってない、
出来るわけがない、
無理だなんて言ってはいけない。

人はその一生をかけて
自分のイメージ可能な最高精神と
向き合い戦いそこを、それを
目指し続けなければ
ならないのだ。

それだけが一番重要な
人生のなすべきこと
あるべき生き方、
存在の仕方なのだ。

自分が考えられる
すばらしい精神を
自分が考え出した
自分がイメージできた精神を
獲得できない精神体、生物は
この宇宙に存在しないからだ。

すばらしい精神を
考えられるのであれば
その当体が、生物、命ある者として
人間としてそれを実行できない
プログラムは存在しない。

イメージできる
考えられるということは、
あなたの中にそれがあることであり
それを実現、実行できるということであり
あなたの本来の姿、正体とは
まさにあなたが全能力、思考力を
総動員して考えた最高の精神
精神状態、性格、人格こそ
あなた自身なのだから。

逆もまた真なり。

私たちは、とにかく全能力、思考力を
総動員して最高の精神
精神状態、性格、人格を
考える、イメージすることが
重要なのだ。

つまり、そこから、すべてが始まる。

本当の自分が形成される。

これが私の人間形成論だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

問題解決

人生における数々の問題の中で
あなたを不幸にしている
あなたを不幸にする
深刻な問題たちを解決するには
あなたが問題と思っていることを
どうにかすることでなく
あなたの心をどうにか
することだ。

そのような問題の10のうち9
いや10のうち10解決するだろう。

あなたを不幸にする
深刻な問題の10のうち10解決できるなら
そのほかの人生の諸問題など
根性と努力と工夫や思考力で
いくらでもどうにでもなる。

自分のこころを変える
自分のこころをコントロールできれば
しあわせになれるかどうか別として
人生に生じる苦しみは
ほぼ消滅できるだろう。

苦しみがないことは
しあわせになるとても大切な
必要条件だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二人の友人の個展を見に仙台に行く。

Dscf1188今日は久々に
日曜日に仕事を入れず
二人の友人の個展を見に
仙台に。

イラストレーター岩井雅幸さん。
観光スポットになっている
仙台ニッカウィスキー工場内の
ギャラリー。

赤レンガのウィスキーの
巨大工場群。

ギャラリーも素敵な
場所だった。

同じく友人の小野寺純一さんの
なかなか味わい深いニッカの工場を
モチーフにしたポストカードもあったので購入。

残念ながら当人はいず、帰りの駅までの
シャトルバスに乗って出発時間を待っていると
誰かが窓の外で満面の笑顔で手を振っている。

誰か人違いかなと思ったら、岩井さんだった。

ちょうど車で会場に着いたら
向こうでバスに向かう私の姿を見つけ
追いかけて来たという。

よくこの観光客でいっぱいの中、分かったものだ。
すばらしいタイミング。

発車までまだ少々あったので
バスから降りて話をする。

元気そうで、何より。

会えて、話せて良かった。

仙台に戻って
写真家、大沼秀樹さんの個展。
被災地と桜を撮った2冊目の写真集発刊記念個展。
ニコンギャラリー。

なんと、ギャラリー、日曜休み。
DMをよく見ていなかった。

写真集だけでも手に入れお茶の一杯
出来ればと電話を入れる。

いるか?

いた!しかもたった今、次の展示会の準備を終え
山形から仙台、自宅に戻ったところだとのこと。

ナイスタイミング。

駅前の仙台パルコまで自転車で来てもらい
スタバで語ること2時間。

楽しい会話であっという間に
時間が過ぎた。

少し、仙台ブラブラショッピングでもとも
思ったがもうすっかり街は夜。

ビジネスに泊まるなら別だが
ぶらぶらするには中途半端な時間。

今日は、事前連絡もせず
いろんな意味でぐっとタイミングで
二人に会え、話ができたので
これ以上の事はない。

動きながら書き溜めていた
3日分のブログもアップしたし、港千尋著
芸術回帰論=イメージは世界をつなぐ=
平凡社新書も一冊読んだし
十分な一日、楽しい一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私たちは旅人

人生が旅というのなら
私たちは旅人である。

しっかりその風景を楽しみ
満喫し味わい、そこで出会った人と
よく話をすることだ。

旅の一番の楽しさは
素晴らしい風景、おいしい食べ物より
出会った人とよく、そして
楽しく話をすることなのだ。

そして、人生が旅なら
そして私たちが旅人なら
そのように生活をしよう。

一緒に生まれることも
一緒に死ぬこともできない人たち
ばかりに囲まれて私たちは
生きているのだ。

別々に生まれ、別々に死んでいく
それゆえ愛しい人々に囲まれ
貴重で尊い時空の中に生きているのだ。

あなたもイギリスやカナダ
アメリカや中国、ジャマイカやノルウェーの
人々から見れば外国に住みそこで生きてる外国人。

そういうのであれば、どこかの星の
宇宙人にとって私たちは地球人という
宇宙人だ。

旅に行こうが、行くまいが
人生が、毎日の日々旅なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しあわせでない人の根本問題。

1.それは、人において、いやこの自分にとって
  どういう生活、人生になればしあわせか
  どういう心になればしあわせか具体的に
  考えられ鮮明にイメージされていないからだ。

2.そして何よりも多くの問題、大きな問題
  根本問題は、この自分が「しあわせ」に
  なれると本気で思っていない。

  それどころは、いつも思索は大雑把で自分を離れ
  思索はいつも振り出しに戻り、
  人はしあわせになどなれない
  と心底、深層心理で信じている
  

  人類のしあわせはわからないが
  あなたはあなたのしあわせを実現できる。
  というか、あなたしかあなたのしあわせを
  プランもできなければ、プログラミングもできない。
  そしてあなたの周りには素晴らしい賢く優しい
  親兄弟、親友や恋人や配偶者がいたとしても
  あなた以上にあなたのしあわせの実現のための
  行動し、闘争し、24時間体制で岩を運び木々を
  組立てレンガを運ぶものはいないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決める事、決定する事の重要性

決める事、決定する事は
獲得すること、到達する事の
最大のスキルであり
ノウハウである。

苦しみたくなければ
深く苦しまないと
決めることだ。

人を憎んだり憎まれたりという
人と人との間のことで
ほとほと疲れ嫌気がさしているなら
憎む憎まれるその世界から
脱するには、まず自分が
人を憎まないことだ。

憎まないと決める事
決心する、思いっ切ることだ。

憎しみのない世界の
出現のさせ方の唯一の方法だ。

すべてがそうだ。

しあわせになりたいのなら
この人生で、この人生を
しあわせにすると
深く決めることだ。
決定することだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コントロール

724jpg_2 不安をコントロールする。
自分をコントロールする。
幸せをコントロールする。

幸福な人生を過ごすには
強靭でなければならない。

強くなければならい。

それが楽しい日々を送る
しあわせな人生を送る
最低条件であり最も
大切なものだ。

強いということはどういうことだろう。


全てを楽観視し
自分の素晴らしさ
持てる能力、さらには眠れる能力
を出し続けるその意志と
行為、行動だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトリエの看板企画、制作。

Dscf1068 アトリエの看板を
新しく作るため
いろいろ考え、検討している。

今日も街を歩いていても
看板ばかりが気になる。

4面ボックス型にしようと
思っている。

一面は死に面。
3面中、2面のデザインが出来た。

Dscf1070 来週頭までは、看板屋に
デザインを届けなければ
ならない。

看板をあれこれ考えるのは
とても楽しい。

Dscf1082 Dscf1071
Dscf1095_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩こう!

Imgx172041410001 午前中、家庭教師に
理科・科学を教わり
午後は私のアトリエで
パステル画を描いている
ヨダミチコさんの
「ヨダミチコパステル画展
      ー雲のむこうのー」

ほっと茶屋(盛岡市中ノ橋通2-6-2
を見に行く。(Tel019・653・5541)

雲をテーマにした素晴らしい
作品群だ。

ギャラリーのあるほっと茶屋から
帰りは1時間数十分かけて
歩いて帰った。

被災地の記録撮影などは
平気で3時間も4時間も歩くのに
日常生活で30分、1時間歩くことは
まずない。

自分の車を持たなくなってから
ダイエットも目指し自転車乗るぞ!と
叫んだのに自転車も相当意識しないと
意外にあまり乗る機会もない。

ということもあり
口先、掛け声だけの自分にカツを
入れるため久しぶりに歩いた。

歩くことはいい。

生命力と創造力の源泉
「今」「自分」「目の前に広がる世界、踏みしめるここ」を
5感6感総動員で感度スパーク!

歩くことで何かが調整され
何かが補強、補給されている
実感がある。

この秋は、歩こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日、日曜日の一日。

Dscn0104近所の施設のボランティアで
落ち葉掃除。

10月の半ば、いつの間にか
随分の落ち葉だ。

時々、取っておきたい
美しい鮮やかな色彩の落ち葉も目につく。

終わると急いで
「震災で亡くなった小さな命展」の会場へ。
会場開けとセッティング。
午前中の受付、会場スタッフ。

昼過ぎは、仕事でアトリエに戻る。

4:00から演劇鑑賞。
友人のくらもちひろゆき作・演出の
「震災タクシー」。

彼の身に実際2011年3月11日に
起きたことをベースに震災を
テーマにした舞台。

震災はまだまだ過去形ではなく
現在進行形なので
難しくデリケートなテーマだが
このあまりにも大きな未曾有の
不幸を起こした震災と
独りよがりの主張や過激な思い込みなどに
バランスを崩すことなく
演劇として大人な距離を保ち切って
一つの世界としてまとめ上げていた。
インテラスティングでした。

終わり次第、小さな命展に戻り
今日が最終日、搬出作業。

人海戦術。1時間半で、完璧終了。
皆で夕食、一杯やる人はや
って解散。

腰痛が激しく、サウナのマッサージへ。
熱い湯、いい湯だ。

本日、終了。グットナイト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら

61p89amplcl__sl500_aa300__3 映画を見ました。
ずっと気になっていた映画です。
先日、ブログで話題にしたのを
きっかけにまず私自身、
観て見なければと思った次第です。

視聴中不覚にもジンと来て何ども
涙を溢れさせました。

なかなか秀作ではないですか。

製作総指揮として秋元康氏も
関わっているし監督、田中誠氏もかなり
頑張ったのではないでしょうか。

脚本は原作者の岩崎夏海氏と
監督の田中誠氏。

セリフもよく、展開もしまってました。

いい映画でした。

前田敦子さんも不思議な魅力を
放ってました。本当にAKB、秋元康氏
恐ろしです。

原作者の岩崎夏海氏は
秋元氏のお弟子さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日開催!「震災で亡くなった小さな命展」

Pa120167 80数名のイラストレーター、画家による
バリエーション多彩で、心を込めた
素晴らしい100点を越える作品が
会場に溢れている。

1点1点、プロフィールと作家たちの
コメントも読んだ。

すばらしい展示会だと思う。

明日、10月13日(土)、14日(日)
10:00am~7:00pm
最終日は6:00pm

是非、お時間のある方は
ご来場ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「震災で消えた小さな命展2」の全国巡回展
釜石を皮切りにスタートした県内巡回展の盛岡展が明日より開催!

私と弟の中村太樹男も作品制作の作家として参加しています。

◆岩手県盛岡市:大通会館リリオ
2012年10月12日(金)~14日(日)

10:00am~7:00pm 最終日のみ6:00pm

〒020-0022 岩手県盛岡市大通1-11-8

お問い合わせ先, 019-623-  2520

Middle_1348777887_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東和町ギャラリーめぐり

Pa100132 今日は、弟と
東和町にギャラリー回りに
行って来た。

まずは、けやきラウンジギャラリー。

弟の高校時代の美術の宮本先生の
作品展。新象展の重鎮。
絵の中味、好き嫌いは別として
大きな作品はいいな。
制作が楽しそうだな。
おいしいコーヒを飲みながら
二人で無言でしばし見入りました。

Pa100136 次は、ギャラリーPult。
盛岡でギャラリーをされていた
たいへんお世話になった方が
この東和に移られて開いている。

かわいくおしゃれでステキな
ギャラリーだ。
橋本尚恣さんの版画展を開催していた。
銅版画一点ものという
独特な技法で楽しく興味深い
世界を作っている。

ここでは、販売もする小作品が中心だったが
萬鉄五郎記念館の隣の八丁土蔵ギャラリーで
大作も展示しているというので
オーナーと十分いろいろと
3人で思い出話も含めて
語りあった所で
その大作を見に移動した。

大作品には小品にはない感動が
あったが、それはそれとして
ギャラリーが良かった。
蔵造のステキな2階建てのギャラリーで
盛岡にも是非、欲しいような
展示スペースだった。

ギャラリーを3軒はしごし
十分アートを堪能したところで
食欲の秋。

目当てのレストランは
本日の分打ち止めの繁盛で
通りの小さなひなびた
食堂で焼きそばと野菜炒めを
食べ、通りで採れたての
ぼりなどのキノコを買って岐路へ。

Good day!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーター・ドラッカーの凄過ぎる言葉たち

Image ドラッカーは

「寝床につくときに、
 翌朝起きることを楽しみにしている人間は、
 幸福である。」

と言います。

さて、あなたは、今
しあわせですか?

ドラッカーはさらにこうも言っています。

「最も重要なことから始めなさい。」

重要でないことばり
して生き続けてきませんでしたか?
そして、今日も今も
重要でなことばかりしていないか
お互い点検してみましょう。

「チャンスとは、
 ひとつのことに一心に集中することによって、
 かろうじて見つけることができるものである。」

また

「いまさら、自分を変えようとしてはならない。
 うまくいくわけがない。
 自分の得意とする仕事の
 やり方を向上させることに、
 力を入れるべきである。」

とも言っています。

本当に勉強になりますね。

経営者たちが愛読、お勧めの
ダントツの経営学者、社会学者ですね。

ドラッカー、極めつけは

The best way to predict the future is to create it.

ー未来を予言する最高の方法は
 未来を創りだすことである。ー

なんと知性、叡智と力に満ちた言葉でしょう。

ドラッカーに楽しく入門するためには
岩崎 夏海さん小説
「もしも、野球部のマネージャーが
ドラッカーの『マネージメント』を読んだら」読むか
AKBの前田敦子主演でその小説が映画化された
DVDを見るのも手かも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本さがし

Scf9327大学推薦入試の
提出読書感想文を
見て欲しいというので
その課題図書を
探しに出かけた。

課題図書は
岩波新書、毛利衛さんの
「宇宙から学ぶ
ーユニバソロジのすすめー」で
自分でも読んでみたい本だったので
3軒ほど大きな本屋を回ったのだが
無かった。

代わりになんとも過激な
タイトルに魅かれて
幻冬舎新書を2冊買った。

榎本博明氏の
「病的に自分が好きな人」

中村仁一氏
「大往生したけりゃ医療と関わるな」

今後は、本探しはアマゾン。
本を楽しむのは本屋さんと
割り切ってしまおうと思った一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんな人からも何かを学べる人

Gvxqteufあの歴史上
世界一有名な天文学者
ガリレオ・ガリレイは言った。

I have never met a men
so ignorant that Icoudnt learn
something from him.

ー学ぶべきものがないほど
 無知な人には
 会ったことがないー

この宇宙とこの星から
学ぶ天才は、あらゆる人間からも
学びとる天才だったようだ。

どんないやな人間
むかつく人間
おろかに見える人間からも
学ぶものがないことはない。

学ぶものがないのでなく
こちらの学ぶ力の問題。

あらゆる人間を分析し分解して
自分の未来の創造に必要な部分
必要なように加工して摂取し
導入する技術の問題だ。

いやな人間によるいやな場面に
遭遇した場合、こういうことや
こういうことに似たことを
この自分は本当にしていないか?
してこなかったか
まず、心して分析することだ。

していなかったら
反面教師としてその行為を
完全により強い決心で
自分の現在と未来の人生において
完全排除すればいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困難に立ち向かう!

72kanninn Facing Difficulties!

困難に立ち向かう!

夢が過去より
小さくてはいけない。

この人生の夢は
自分の過去より
大きく楽しくエキサイティング
でなければならない。

そうでなければ人生は
どんどん縮小していく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サル踊り

F1eef78a145377500fae0f58695bb0cf拝啓 チハル君
お元気ですか?

キミが生きていれば
語り合いたかったことが
次々と起きている。

たとえば、ここ数年
脳の研究と宇宙物理学は
目覚ましい発展を遂げている。

それらは機器の目覚ましい発展と
天才というより無数の秀才たちの
努力のたまものだ。

特に私の近年の最大の感動は
この宇宙に存在しているもの、物質は
全宇宙のものを集めても4%で
あとの96%は、暗黒物質
ブラックマター、非物質という
算出結果と宇宙の実態の
洞察に人類が至ったことだ。

キミが生きていれば
どんなにわくわくして
想像に妄想を重ね
妄想に想像を掛けて
宇宙と存在することの不思議
に思いを馳せながら
ブラックマター談義に花を
咲かせたことだろう。

その96%のその世界には
現在、物質の最小単位である不思議でミステリアスな
ニュートリノを生成するであろう物質以前の何かや
その他、さまざまなの未知のもので満ちているのだという。
つまりこれまで何もない真空と言われる宇宙のその真空も
その未知なもので溢れかえっているのが分かった。

もちろん真空にさえ溢れかえっているのだから
まっして、この地上の空気中にも
その未知なるものは溢れかえっている。

ニュートリノでさえ我々の意志や意識が
影響すると言われており、まっしてや
これらのさらに微粒で元なる物のさらに元なるものとして
それゆえ自由なる可変、可動性の高い
デリケートな未知なる性質を
持っているのではないか。

私は、このデリケートな96%のもののことを
考えると、思いの力に大きな期待と
その力の予感を感じる。

創造の根源、さらには存在の組成の核として
思いこそ万能でり、万物組成の根源的エネルギー
なのではないかとときめいている。

思ってあげる。
願ってあげる。
祈ってあげる。

思いや、願いや、祈りやが
この世界でとても大きな働きを
しているのではないかと
感じている。

この96%の未知なるものを
心は影響を与え動かすことができ
強い思い願いは、強い影響を
与えるのではないか。

そう考えると、この星で今、起きていることも
今までこの星で起きたことも説明がつく。

人は空にあこがれ自由に飛び回る羽を持ち
宇宙にあこがれ宇宙に飛び立った。
ニュートン力学を越え
アイシュタインと共に宇宙空間を
周回するに至ったサルだ。

漫画は10年、20年、30年後
ほぼ現実となり、特に物質的な思いが
実現するスピードはさらに
加速度的にアップしている。

思いを増幅させ思いを集中させ
物質化させるスピードの加速度は
前頭葉大脳新皮質の爆発的な
人類における溶質肥大と智慧を蓄積できる
能力によって、とどまる事を知らない。

たとえば、私の人生に起きた数々の幸運や
奇跡だって、そしていいことだって
悪いことだって、人生そのものの物語の
裏付けも全て見事に語ることができる。

私の人生の形成は、私自身の願いや思い、
決心や覚悟はもちろん
母や兄弟を初め、幼い頃からの多くの友人や
その後出会い、私を愛してくれた人たちの
思いによって出来ている。

思いによって宇宙と人生は形成されるという
感謝と感動に根ざした宇宙の構成モデルを
予感、盲信、確信する私は
しあわせなホモサピエンス
「知恵あるサル」だと思う。

そんなことや、あんなことをチハルと語り
「そう僕たちはしあわせなサルなんだ。」と
言いながら人目もはばからず
二人で喫茶店で踊ったにちがいない。

場合によっては、触らぬ神にたたりなしと
そこに居合わせた見知らぬお客たちも
笑顔で手拍子したかもしれない。

生きている友達を大切にしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神様の次の人

Kimg_2685神様の次にステキな人
かっこいいキミ。

思ったことや
思ったいいことを
照れず、迷わず、ためらわず、
踏みとどまらず
タイミング外さず
次々、行動できる人。

そんなキミは
神様の次にステキな人だ。

そんなキミは
神様の次にかっこいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「家族新聞」という写真文集

5332648652_18235fbc67_zいろんな家族
いろんな人生
いろんな人生の最終章
人生のいろんな幸せな出会い
人をたいせつに思うしあわせ
たいせつな家族
家族をたいせつに思う心

そういうもので溢れ
しあわせな気分にいつしか包まれ
文字も大きくついつい
ぱらぱらとページをめくってしまう。

自分の家族を考え
あらためて自分の人生を
おもんばかるいい機会にもなる。

これは写真集である。
浅田政志氏が写真を撮影し
共同通信社の記者たちが
文章を書いている。

記者たちの文章なので
精査されていて過度の感傷も
無駄な妄想も無く読みやすく
洗練された良文だ。

先月、仙台のメディアテークの
ブックコーナーで買った写真集だ。

いい本を買った。
友人の写真やイラストの個展が
この10月あるので、是非また
仙台詣でをし、メディアティークにも
また立ち寄りいい本を仕入れたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡眠時間のコーディネート。分割睡眠。

Img_5949朝、4時、5時に起きて
生活を変え人生を変え
創造していくという方には
たくさん実際にも本でも
出会ってきた。

分割睡眠という手を
使っている方を別冊宝島で知った。

斉藤栄治さん。

脳・神経科学者。

「世界一わかりやすい速読の教科書」
「世界一上達が速い「英語耳」勉強法」
(共に三笠書房)既に43冊書籍を世に出している。

その斎藤氏が27年間この
夜9時に寝て、2時に起き
3時間仕事や、勉強をし
5時から7時までまた寝るという。

慢性的な時間不足で悩んでいたが
無理して睡眠時間を削ると
睡眠不足で頭が回らず、早朝起きると
早めの時間に疲れ切って動けなくなくなり
結果、効率が悪いくなり
悩んでいた所で、分割睡眠法に
出会ったという。

トータルで充分な睡眠を確保し
無理も疲れも無く目覚めのスッキリした
気分とその時間帯が二度取れるし
何より夜中の2時間、3時間は
何にも誰にも邪魔されず
最高のクリエーティブな時間と
なるとのことである。
参考にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衣替え 2012年10月1日

P1050177夏が終わり秋が来た。

今日、今まで来ていた
衣を脱ぎ捨て

体も心もゼロから鍛え直そう。
造り直そう。

細胞の中身、成分から
心のコア、核から創り直そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »