« ピーター・ドラッカーの凄過ぎる言葉たち | トップページ | »

東和町ギャラリーめぐり

Pa100132 今日は、弟と
東和町にギャラリー回りに
行って来た。

まずは、けやきラウンジギャラリー。

弟の高校時代の美術の宮本先生の
作品展。新象展の重鎮。
絵の中味、好き嫌いは別として
大きな作品はいいな。
制作が楽しそうだな。
おいしいコーヒを飲みながら
二人で無言でしばし見入りました。

Pa100136 次は、ギャラリーPult。
盛岡でギャラリーをされていた
たいへんお世話になった方が
この東和に移られて開いている。

かわいくおしゃれでステキな
ギャラリーだ。
橋本尚恣さんの版画展を開催していた。
銅版画一点ものという
独特な技法で楽しく興味深い
世界を作っている。

ここでは、販売もする小作品が中心だったが
萬鉄五郎記念館の隣の八丁土蔵ギャラリーで
大作も展示しているというので
オーナーと十分いろいろと
3人で思い出話も含めて
語りあった所で
その大作を見に移動した。

大作品には小品にはない感動が
あったが、それはそれとして
ギャラリーが良かった。
蔵造のステキな2階建てのギャラリーで
盛岡にも是非、欲しいような
展示スペースだった。

ギャラリーを3軒はしごし
十分アートを堪能したところで
食欲の秋。

目当てのレストランは
本日の分打ち止めの繁盛で
通りの小さなひなびた
食堂で焼きそばと野菜炒めを
食べ、通りで採れたての
ぼりなどのキノコを買って岐路へ。

Good day!

|

« ピーター・ドラッカーの凄過ぎる言葉たち | トップページ | »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東和町ギャラリーめぐり:

« ピーター・ドラッカーの凄過ぎる言葉たち | トップページ | »