« 自信について | トップページ | 幸せになったものなどいない。 »

デカプリォの映画について

118083623910516409118ディカプリオの映画は
外れたことはない。

今日、ディカプリオの
「ブラット・ダイヤモンド」
を見た。

これも、しっかりとした
きちんとしたかなり緻密な
情報収集、取材、検証による
アフリカのダイヤモンド採掘と
そこに群がるブラックな
闇取引の世界の映画だった。

ディカプリオを始めて見たのは
ギルバート・グレイプ(1993) 。

彼は自閉症の少年役。
見事な演技。
そして映画は、秀作、名作だ。
私がこれまで国内外何百と
見てきた映画のベスト10、
ベスト5に入る。

今まで見たディカプリオの映画は

インセプション(2010)
ブラッド・ダイヤモンド(2006)
ギャング・オブ・ニューヨーク(2002)
タイタニック(1997)
ギルバート・グレイプ(1993)

近々、見ようと思う映画は

タイタニック 3D(2012)
J・エドガー。

|

« 自信について | トップページ | 幸せになったものなどいない。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デカプリォの映画について:

« 自信について | トップページ | 幸せになったものなどいない。 »