« 2012年総括 | トップページ | 眩しく輝き走る光、心。 »

心を生んだもの

心を生んだ星、地球。

この星は、心を生んだのか?

それとも宇宙は
もともと心を持っているのか?

あるいは、宇宙そのものが
心なのか?

宇宙がこころそのものであったり
宇宙に心があったりしたら
宇宙の心と
我々一人ひとりの心の関係は
どうなのか?

宇宙の心と我々一人ひとりの
心は、非常に違うのか
それともよく似ているのか?

我々一人ひとりの心の
関係はどうか?

まったく違うのか?
ほとんど違わない似たもの
いや、同じものなのか?

私たち一人ひとりにも
宇宙と私たちとの間にも
差も境界も存在しないのか?

だとしたら、いやこうやって
心のことを考えていると
私たちはもっとリラックスして
しあわせな気分で存在し
憎んだり恨んだりせず
もっと愛し、愛され
楽しくこの星に存在しなければ
ならない生命体なのではないか

という気がして来る。

|

« 2012年総括 | トップページ | 眩しく輝き走る光、心。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心を生んだもの:

« 2012年総括 | トップページ | 眩しく輝き走る光、心。 »