« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

経費節減して健康にもなる。

家の風呂に入らず
大衆浴場に行く。

風呂には炭酸水や温泉と
種類も多く、サウナや水風呂がある。

特に冬場のサウナと水風呂は
ゼナと遠赤外線ストーブとによって
ウィルス殺傷システム
風邪撃退及び予防のため私には
無くてはならないものだ。

しかし、場所によって違うが
500円から~680円で
一月に少なくても8000円前後程度は
風呂代に消えている。

もちろん、ストレス発散や
気分転換、リフレッシュの効果も
考えれば、タバコも吸わない、ギャンブルしない
酒も飲みに行かない、女の子のいる店はさらにいやと
お金の掛からない男なので
これくらいはいいかと思っている。

しかし、仕事がハードで
疲労が溜まったり、肩こり・腰痛が酷くて
体調が悪い時など、1,000円から
3,000円程度のマッサージを一月に
何どもいく場合がある。

肩こり・腰痛は、根本的な原因として
運動不足もある。

ここのところ1~2ヶ月で6~7キロ程度
ダイエットに成功し血圧も最低・最高とも
10以上低下し、健康状態はいい。
さらに、運動すれば最低血圧が下がるらしく
高めの私は運動をすれば
ほぼ完璧な対応だ。

ということで
風呂代くらいの経費で
風呂もサウナもシャワーもプールもあり
もちろん運動の様々なマシンがあり
マッサージ機もありでマッサージ代も浮くというジムが
さらに幸運にもすぐそばに出来たら
そんな最高なこと無い。

しかし、そんな幸運で最高なことが
この春に起きそうだ。
今日、そこに問い合わせ施設のパンフを
貰って来た。待ちどうしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エムズにドトール。最高の散歩コース・仕事場誕生

Dscn0227 歩いて5、6分の
大型書店エムズに
なんと、今日行ったら
工事中のレストランが
ドトールコーヒーになって
オープンしていた。

ドトールのコーヒーは
マック以上スタバー未満の
200円。

カウンターには
ノートパソコンを使う人のために
コンセット差込がある。

喫煙ルームも、また
静かで落ち着くオシャレな
空間で素晴らしい。

エムズは、これからますます
最高の散歩コース、
仕事場になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しあわせな人は、日々、報告しながら生きている

りっぱな人、進化する人
しあわせな人は
古今東西
誰かに日々、瞬瞬
報告しながら生きている。

天国の
父ちゃんだったり
母ちゃんだったり
あるいは、神さま
かもしれない。

「えらいな」
「りっぱだな」
「頑張ってるな」
「すばらしいな」と褒めてもらえる
生きて存在する心より尊敬する
人生の師匠や先生、はたまた
上司や先輩がいるものだ。

さらに、その生活に、人生に
「軽蔑されたくない」
「尊敬されたい」
「愛されたい」と思える
心ときめき、深く愛する異性が
いるのであれば、それに勝る
しあわせはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミリオンダラベービーを5年ぶりに再び見た。

2005年のアカデミー賞の
作品賞を取った名作。

最近、なぜか
友人とのおしゃべりの中
ミリオンダラベービーが
話題になる。

もう一度、無性に
見たくなった。

5,6年ほど前に見た時は
主人公の女性ボクサーの
ヒラリー・スワンク演じるマギーに
不運といったらこれ以上の不運
と不幸は無いという
とにかく救いようの無い
悲惨な運命を見たという記憶がある。

それは、今回もそうであったが
今回は、クリント・イーストウッド
演じる老トレーナーを頼りにし
尊敬し愛するマギーの純粋な思いが
せつなく身に沁みた。

まだ、観てない人のために
あらすじなど言わないが
人生の不条理と切ない愛
そして自分の人生の
平穏としあわせに気づくには
素晴らしい映画だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しあわせな人生のための2つの質問

1つに、誰かを心から愛してますか?

2つに、この人生で
これだけのことをしたら
こんなことが出来たら
こんなことを為し遂げたら
納得できる、満足できる
人生の終了がやって来ても
諦めがつくというものを
明確にし、出来ることから
出来る分、行動してますか?
そういう今日になってますか?
そんな明日を計画してますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小林一茶のコトバとその展開

小林一茶は言う。

「お金がないから何もできない
 という人は、お金があっても
 なにもできない」

なるほど、うまいことを
簡単なコトバで言いえている。

ならば

「時間が無いから何も出来ない
 という人は、時間があっても
 なにもできない。」

というのも真実でなかろうか。

さらに

人脈が無いから何も出来ない
 という人は、人脈があっても
 なにもできない。」

というのも真実でなかろうか。

ということで、あなたも
この文脈にコトバを入れて
人生の真実を発明しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな言葉の一つ

「人事を尽くして天命を待つ」

この言葉は
中国、南宋初期の儒学者
胡寅(こいん)のもの。

出来る限りの手を打ち
後は天に任せるというもの。

いいも悪いも
私たちのできるのは
人事を尽くすことだけだ。

自分の全力以外に
私たちが創れる
最善、最高のそれ以上の人生はない。

そこには後悔が無い。
後悔しようがない。

諦めもつくし
充実感もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災、被災地の今は?

3・11東日本大震災の
被災3県の小中生
13500人の
アンケート結果が
テレビのニュースで。

・今も嫌な夢を見る
・なかなか眠れない
・自分を責めてしまう
・現実と思えない

のいずれかの状態に
40%の子ども達が
苦しんでいるいるという。

中古だが車を買うことにした。
ダイエットも6キロ成功し
血圧も上も下も
年齢相応の健康状態に
なった。

車所有再開の当初
決めていた諸条件を
ほぼ満たした。

車が来たら、被災地方面
海岸沿いに行きたいと
思っている。

被災地の厳しい冬
被災地の今を
見に行こうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1964年

私は5歳になっていた。

北ベトナムのトンキン湾で
北ベトナム軍の哨戒艇が
アメリカ海軍の駆逐艦に
2発の魚雷を発射したとされる事件勃発。
これをきっかけにアメリカは
本格的にベトナム戦争に介入、
北爆を開始した。

この年、日本でオリンピック
第18回オリンピック東京大会
が開催された。

私は中古の白黒テレビで
人形劇「ひょこりひょうたん島」と
アニメ「トムとジェリー」に首っ丈。

私はトムとジェリーの声マネをし
兄や姉、母親に聞かせ
そっくりだと褒められては
調子こいていた。
一日に何どもやっていた。
みんな飽きてたと思う。

この年お腹の大きかった母親から
春の日、4月に
赤ちゃんが生まれた。
男の子だった。
弟の誕生だ。

6歳、7歳と私は5つ離れた弟を
1歳、2歳とおんぶ紐でよくおんぶした。

金具の付いた黄緑色のおんぶ紐。

家の前の路地を抜けて
道路に出ると、今は下水になって
ほとんど街中に無いが
堰というか小さなどぶ川があって
私はそこがお気に入りでよく
その側で弟をおぶりながら
そのどぶ川の水面を見ながら
歌を歌ったり、話も出来ない弟を相手に
笑わせようと変な声を出したり
なんか一人でふざけていた。

あの頃の私には人間というもの、
弟というものがよくわからないで、
動くおもちゃのように面白く
かわいい犬コロかなんかのペットのように
可愛がっていたのだと思う。

都はるみが唸りながら「アンコ椿は恋の花」を
大ヒットさせ、「幸せなら手をたたこう」が
大流行した。

みんなが照れずに幸せを求め
目指していた古き良き時代だ。

1971年6月ニューヨーク・タイムズのニール・シーハン記者が、
報告書『ベトナムにおける政策決定の歴史、1945年-1968年』
こと“ペンタゴン・ペーパーズ”を入手、トンキン湾事件は
アメリカが仕組んだものだったことを暴露した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の不幸にしっかり責任を持とう!

何はともあれ、何をおいても
自分の不幸にだけは
しっかりと責任を持とう。
楽しくない心とその生活
不機嫌な心とその生活に
100%の責任を持とう。

もちろん
楽しくない人、不機嫌な人とは
自分のその楽しくない原因
その不機嫌な原因を
深層で何かのせい
誰かのせいにしているから
楽しくなく不機嫌なわけであって、
私は矛盾したこと、背反事象を
言っているわけだが

それでも、やっぱり

自分の不幸に責任を持とう。
楽しくない心とその生活
不機嫌な心とその生活に
100%の責任を持とう

と言いたい。

わかりやすい事例を一つ言っておこう。

同じ出来事が起きても
あるいは同じことを言っても
まったく不快にも
不機嫌にもならない人もいれば
腹煮えくり返り手足が振るえ
血圧200を越えんが人もいるわけで

出来事自体が不幸や不快を作っているのでなく
各自がその各自の持っている
心、感情、人格のシステムが
不快をつくり憎しみや悲しみをつくり
不幸を作っているのである。

だから幸せになりたければ
楽しく生きたければ
世界を変えようとか、
楽しいことがいっぱいあるというパラダイス
を求めて旅をしたり
今生きて暮らしているそこを逃亡したりせずに

出来事、人と向き合い
それを受容、受信する
自分のシステム変更を早急に
プログラミングすることだ。

この星での
この人生を少しでも長く多く
楽しく幸せに生きるため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の夢の前に立ちはだかるもの

「自分の夢と
 私の間に
 立ちはだかっている壁は
 自分である。」

なんて、カッコいいことを
言うやつは誰だ。

夢を見るのもこの自分
実現するのもこの自分
しかし
それを押さえ邪魔し
後ろから自分をひっぱり
続けているのも自分。

そして

夢は実現可能な
自分の目標の集積で
無ければならない。
妄想とは違う。

夢はこの人生を
ドラマ仕立てにしてくれ
今日の日を満ち足りたもの
エキサイティングにしてくれるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり厳然と存在する吉田拓郎の歌魂

吉田拓郎を
久しぶりにギャオで聞いた。

「結婚しようよ」を
歌う拓郎の
歌声もメロディーも
存在も懐かしい。

この前、ラジオにも出ていた。
トークも面白かった。
DVDが出たらしい。
ベストテンに入る売れ行きで
拓郎とパーソナリティーの話では
随分いいDVDらしい。

今、ギャオで流している
ミュージックビデオが
そうなのかも知れない。

私は拓郎の歌を
何百、何千?回歌いながら
ギターを覚えた。

中島みゆきの歌と
オリジナル曲で
若き日はライブハウスで
稼いだ。

今も、突然、一時間くらい
ギターや電子ピアノで歌いまくる。

ストロークだけの単純な
ギター演奏で歌い抜ける拓郎は
やはりその詩と詩情とその歌心、魂に
確かに力がある。

私はやはり拓郎が好きだな。

今日はもう遅い。
夜中の一時半。

明日の午前中は
久しぶりに拓郎を歌おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚れた世界

奴隷制に反対の意志を表明し
アメリカ初の民主主義詩人
ウォルター・ホイットマンは言う。

「気持ちと行動が
 汚れている者には
 この世界は
 汚れたものになる。」

なんと明快な
人間と世界の関係を
言い当てた言葉だろう。

1000人いると
1000の世界がある。

60億の人間がいると
60億の世界がある。

この世界はただ一つしかないと
思っている人は
まず、このことを出来るだけ
実感を持って深く
理解認識しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

癌予防に一番利く野菜

人の出入りが多い分
ウィルスを持って来る人も
多い。

毎日、朝晩は風邪との
戦いだ。

朝な、夕なと
サウナで汗を掻き
水風呂に浸かり
ゼナで仕上げて
何とかウィルスを撃退
している。

サウナのテレビで
やっていた。

アメリカ国立癌研究所の
最新発表によると
癌予防に効く野菜は
「キャベツ・にんじん・大根・生姜」
そして一番は「ニンニク」
だという。

ニンニクを食べましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「『勉強』を利用する」という言い方

イギリスの哲学者
フランシス・ベーコンは
言いました。

「愚かな人は勉強を軽蔑し
 単純な人は勉強を
 無条件にほめたたえ
 賢い人は勉強を利用する。」

勉強を利用すると言い方が
とてもステキですね。

勉強は、楽しく生きるため
自分が望むような人生を送るための
情報を収集しそのための智慧を
学ぶこと。

その前に楽しい人生がどんなものか
楽しい人生にはどんな人生があるか
それを知るのが、まず重要な勉強。

勉強は自分を
自分が望むような自分に
変えるためにするもの。

つまり勉強の重要なもう一つの目的は
自分の望むような
顔、体、心、感情、人格に
変えること。
自分を理想の自分に変えれるような
自分になるために勉強するとも言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルソーのことば

フランスの偉大なる日曜画家
素朴派のアンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソー
ではなく、フランス革命にも影響を与えた
スイスの最も有名な哲学者の一人
ジャン・ジャック・ルソーのことばである。

人生の最初と最後の四分の一は
 あっという間に過ぎる。
 そして、その間にある四分の二は、
 自分の自由にならない
 忍耐の時間である

なるほど、その通りだ。
なんと人生はつまらないものだろう。
なんて人生は何も出来ないものだろう。
ため息が出る。

まさに、これこそがルソーの狙いだ。

深くこの気分に打ちひしがれた者だけが

ーそうだ、何かしょう。何か一つでもやろう。
 いやだ、いやだ、楽しもう、楽しく生きなければー

と、思う、気づく。それは正しい落ち込みと
正しい気づきだ。

創造的人生の開始のやっとスタート
地点に立てる、立たせるための
ルソーの人類へのことばによる
仕掛けづくりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「キューポラのある街」を観た。吉永小百合を観た。すごかった。

埼玉県川口市は鋳物の街である。
「キューポラ」とは、鋳物をつくるために
鉄を溶かす溶銑炉のことだ。
鋳物工場の屋根から飛び出た煙突が
あちらこちらで煙をたなびかせている。

こんな昭和36年の映画
演技も臭く、ストーリーも単純で
なんか今の時代見ると
恥ずかしくなる労働、青春ものかと
思っていたところが正直あった。

まったく、予想外。
想定外の素晴らしさだった。

吉永小百合は、単なる国民的美少女から
演技派女優へ抜け出し、主演女優で
ブルーリボン賞を受賞し、この映画以降
日本国内に多くのさゆリストを生み出していく。

ナチユラルで演技も臭くなく
本当に豊かな目つき、表情で
パフォーマンスで演じていた。

余談だが、出演時、彼女は現役高校生。
まもなくビクターから『寒い朝』でレコード
デビューもし20万枚のヒット
橋幸夫とのデュエットで30万枚の
大ヒットとなった『いつでも夢を』で
「第4回日本レコード大賞」受賞している。
さらには歌だ、映画という多忙な中
なんと正規の4年で早稲田の文学部を
次席で卒業しているから手がつけられない。

話をキューポラに戻そう。

いや、驚いたのは、彼女だけじゃない。
小さな鋳物工場が大工場に買収されると決まって、
そこに長年勤める東野英治郎演じる石黒辰五郎
杉山徳子演じる母親のトミ
小百合演じるジュンの弟のタカユキ、
その友達の朝鮮人の子、サンキチ。
菅井きん演じるサンキチの母親
すべての役者がナチュラルな演技で
それぞれの役どころを、この時代を
見事に演じていた。

子役もすごい、いい演技だ。

この時代の日本の演出、監督、役者の
凄さを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尊敬するキング三浦和良様

サッカーの三浦和良こと
カズがテレビに出ていた。

さすが、カズという感じであった。

司会の鶴ベーや同席していた
ゲストのお笑いタレントたちの誰より
トーク、返しすべてが面白く人の広さと
人間の質の良さを感じさせるもので
場の雰囲気を和らげ盛り上げていた。

しかし

インタビュー録画の中で
ドイツにいる内田が
まじめに日本の海外組みの
足りないものは何かと
意見を求められ
司会者がその答を求めると
何も奇をてらうわけでもなく
朴訥と静かに語った。

「僕は、みなさんが思ってるような
 頑張ってるとか何とかでなく
 ただただサッカーが好きで
 うまくなりたいというだけで
 これまでもそうだしこれからもそう。

 そうですね。

 目の前のことを
 一生懸命やるだけですよね。」

なんて謙虚で自然で
かっこつけようなんて微塵も思わない
男の、人間の本当のかっこよさが
溢れている。

ヨーロッパで活躍する長友を初め
俗称、カズ会の後輩たちの事を
聞かれた時にも

それは、謙遜や自嘲やふざけや
口先だけの実は上から目線の
余裕から来るものでなく
心からの誠実な

「尊敬してます。」

その言葉のとその言葉の響きと
心の真実が伝わりぐっと来た。

司会の鶴ベーが
何で61歳の私は40数歳の
カズさんにこんな上がっての?
と言うのは頷け清々しく笑えた。

確かにカズは面白いことをいい
誰より面白く笑いもとっているのだが
本当に年齢不詳の感じがし
鶴ベーより若いんだか年取っているんだか
まったくわからない、そういうことを越えた
人間の大きさが感じられる。

そもそも人と対峙する時
年齢をすぐ気にしたり持ち出す人は
本質権威的で年下の人間には
威張る人、威張りたがる人が多い。

まっ、それは余断として、いずれ

本当、カズはすばらしい
私は、カズのブラジルでの若き日の映像
コメント、そしてスタジオでのトークを
聞きながらずっと涙を流していた。

日本国民の宝、世界のサッカー界の宝
尊敬すべき人ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉を増やそう。

やはり人間は
言葉で思考する。

言葉なしでも
精神活動
創造活動もする。

しかし

言葉は構築的知的思考には
最高に便利なツールであり

頭と心の複雑さ
客観的にその人間の
精神的豊かさや面白さは
やはり豊潤な言葉の
貯蔵庫のある人の方が
やはり素晴らしい。

もちろん、言葉とは
あるいは言葉による表現や
伝達能力は言葉の量だけでなく
言葉同士のつなげ方
結び付け方にもよるし
むしろその方が、表現と創造においては
重要かもしれない。

限られた数の言葉でも
言葉同士のつなげ方の
魔術師、天性の天才は
人として大切なものや
感動的なもの宇宙の本質に
触れる重要なメッセージを
その口やペンから生み出すだろう。

しかし、そういう素質のある人が
豊かな言葉と発想の人の多くの話を聞き
多くの書籍を通して脳と心に
豊潤で潤沢な言葉を刻み
仕入れていったら
申し分ない。

しあわせなことだ。

辞書自体、今流行のテーマ別
図画豊富な辞典類の読書

さらには

ネットが繋がっていれば
それ以外お金の掛からない
学習方法もある現代は
覚えたい言葉群のキーワードを
打ち込めば、気持ちのいいくらい
誰かが、何らかの組織や団体が
その見事な情報を一瞬にして
提示してくれる。

PCに使われず
自分のしっかりとした人生像
目指すべき人間像があれば
決めれば、PCをその実現の
情報収集方法として
使いこなしていけるだろう。

いずれ、勉強しよう。

何かを学んでいる人は
どこかしまっている感じが
やっぱり、臭ったり漂ったり
感じたりするものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何も出来ない私たち、何もない人生。

人生なんて
何も出来ないし
何も手に入れられないのだ。

だから、欲張らず

一番大切ことを、大切にし
一番大切なことだけを

まずしよう。

寿命とエネルギーに余力があったら
二番、三番のことをすればよい。

私たちの生活は、その人生は
勇気がなくあるいは
心がすっきりしていなく

そして

永遠の生を確信するでもなく、かと言って
確実に訪れる死を実感も出来ず
成り行きや時間つぶしの感覚と似た気分で
生きているものだから、生きて来たものだから
この生活と人生でやることと言えば
5番、10番はたまた、それ以上
あとの順番のことばかりをし
よくわからないまま、そう、私たちは

生きているのか、死んでいるのか
はたまた、そもそも生きているとは
どういうことか、そして
私はほんとに生きているのか
それさえも解らずに、私たちは
ただ、いや取り合えず存在している。

だから、この自分という意識体が
一番大切なことをなんと捉え
捉えたそのことはこの自分が
こだわり重要と考えてあげて

さあ、行動しよう。

今日から、たった今から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1963年

私は4歳になっていた。
来年には大事件が起こる。
弟が春の日、4月に
生まれるのだった。

しかし、それに先立つこと
日米で二人の偉人が亡くなった。

この年11月に
ケネディ大統領が暗殺され
奇しくも日米間の
テレビ宇宙中継が成功し
この映像が衝撃を持って
日本に映し流された。

アメリカは、おっかね~国だ。

日本では力道山が
暴力団員に腹を刺され
12月15日に死亡。

アメリカ鉄砲、日本包丁
どっちもおっかね~。

テレビでは鉄腕アトム
鉄人28号が暴れ
日本中の幼少年が
狂気熱中した。

未来ってスゲ~んだな。

明るいニュースといえば
「上を向いて歩こう」が
全米で大ヒットした。

日本は高度経済成長の時代に
突入していく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美大を受けない皆さん用の試験問題

美大受験生を日々、しごいています。
美大を受けない皆さん用の試験問題を
作ってみました。

お時間ある人、やつて見てください。

【問題】
条件にしたがって、「しあわせ」をテーマとした
自由に色彩による平面を構成しなさい。

また、あなたの考える「しあわせ」論を1000字
以内で自由に記述しなさい。

条件
1 .  解答用紙の中央に20センチ四方の
       正方形を描きなさい。
2 . 解答用紙の枠内はすべて彩色すること。
3 . 彩色に使用する色数は自由とする。
       なお、白を使用する場合は必ず白色で
      彩色すること。
  また、どの色面もニジミやボカシなどが
        ないようムラなく彩色すること。

配付物
a . 問題用紙 1 枚
b . 解答用紙 (画用紙・B 3判) 1枚
c . その他
d 下書き用紙 (上質紙・B 4 判) 2枚
e.原稿用紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリーポッター全8巻DVD観終わる

今日、最終巻の
「ハリーポッターと死の秘宝PARTⅡ」
観終わりました。

さすがに最終巻、力の入った
素晴らしい作品であった。

結局、悪い魔法使い軍団との
戦いの話なので、正直途中
げんなりする時期もありましたが
これほどの原作、映画ともに
歴史的ビックセールになった作品
研究のつもりで頑張って観ました。

この最終巻は
その戦いのシーンも
テンポも展開も映像も素晴らしく
息を呑む暇も無いままに観れた。

戦いも終わり、最高の魔法の杖を
手に入れるもポッターは
その杖を主役トリオの
ハーマイオニーとロンの前で
へし折り谷底に捨てる。

そのシーンに著者のローリング女史の
このハリーポッターのテーマを感じた。

ー魔法は人を幸福にはできない。
 魔法以上のものがある。
 愛、友情としあわせー

と。

そして、愛、友情としあわせの獲得は
魔法以上に難しいとも言え

その生活と人生に愛と友情に満ち
しあわせに生きている人は
魔法使い以上の存在
、あるいは
最高の魔法使いともいえる。

ポッターと死んだ校長先生との
再会シーンが終盤であった。

校長先生がポッターに言う。
「言葉は魔法である。」

なるほど、言葉は魔法だ。
魔力、良くも悪くも
大いなる力を持っている。

人を変えたり
人生や世界を変えたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お元気ですか?」

「お元気ですか?」

という、言葉が大好きだ。

かって愛していた人たち
今も変わらず尊敬している人たち
年月が経つほどに、
ますます
感謝すべき人たちを
思い出し

日々の出来事に流されている日常を
新鮮にし膠着したその平凡な日常に

風を吹かせてくれる。

「お元気ですか?」

私も元気で
頑張ってますが
まだまだ、本当にしたいこと
しなければならないこと
行きたいところ
手に入れたいもの
至りたい境地には
今だまだまだです。

今からもっと頑張るつもりです。

この世界、この人生で
どんなスタートも
遅いことはありませんよね。

お元気で!

See  you agein.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「私は運がいい!」という人の特徴

タイトル買いの本です。

佳川奈未さん著の
「運にいいこと」だけをやってみよう!」 

その中に、こんな記事がありました。

「私は運がいい!」という人の特徴
①明るく、元気で、いつも機嫌がいい!
②思考も言葉も肯定的で、建設的で、
  創造的で、発展的!
③キラキラ夢みて、コツコツがんばる
④うきうき、わくわく、自発的で行動的
⑤楽しそう、うれしそう、幸せそうなムード
  を放っている
⑥「ありがとう」「おかげさま」という感謝の
  気持ちを大切にしている
⑦ユーモアセンスがあり、自分もよく笑うし、
  他人も笑わせ、なごませる
⑧スケールが大きい・小さいにこだわらない
⑨制限や限界や壁がなく、何にでも
  可能性を求めている
⑩親切で、優しく、思いやりがある
⑪愛と慈悲と情がある
⑫みんなの幸せを願っている

その逆の人間を考えてみた。

①暗く、元気がなく、いつも機嫌が悪い!
②思考も言葉も否定的、破壊的で、
  非創造的で、縮小的!
③いつもどんより夢みることはなく、
  なまけものである。
④うきうき、わくわくすることがなく、何事にも消極的
⑤楽しくなさそう、うれしくなさそう
  不幸せそうなムードを放っている
⑥「ありがとう」「おかげさま」という感謝の
  気持ちがない。
⑦ユーモアセンスがなく、笑うことがなく
  他人を笑わせ、なごませることもない。
⑧スケールが大きい・小さいにこだわる。
⑨制限や限界や壁を何事にもいつも感じ
  可能性を追求する気持ちが無い。
⑩不親切で、冷たく、思いやりがない。
⑪愛と慈悲、情がない。
⑫自分の幸せばかりを願っている。

なんかとても嫌な人間ができちゃいましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

模倣と進化

生物は模倣して進化する。
人間の子が親を、兄姉を模倣して。

問題は悪いところも
自然に模倣してしまうことだ。

親と似てない子は
存在しない。

しかし、赤ちゃんの頃
子どもの頃は仕方が無い。

大人になったら
意志と知性を持って
いいところだけを模倣
吸収することだ。

親の中に嫌いなこと
いやなところがある人は
それは顕在しているか
潜在しているかは別として
すでに吸収してしまった
自分の性質として認識して
反面教師として自分の意識と意志が
しっかりしている間に
出来る限りと矯正し
改正することだ。

大人になれば、家族という枠を超えて
あらゆる手段を用いて情報を収集し
世界を拡大して魅力ある人間を知ること
出会うことだ。

家族以外、友人や恋人や配偶者から
魅力ある心のあり方と行動を
模倣することだ。

同僚や先輩、上司や師匠、経営者から
魅力的な心のあり方、行動を
模倣することだ。

そして、猿真似、模倣することだ。

我々は猿だ。猿真似は上手に出来る
潜在力を持っているのだ。

猿真似、模倣は、最も正しく、
最も効率的な進化方法だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凄い!感動 新海誠 原作・脚本・監督「秒速5センチメートル」

78438282山崎まさよしさんの
『One more time,One more chance』を
テーマソング3話からなる60数分の
しびれるアニメーション。

天才の仕事だ。
新海誠氏もこの歌が
大好きで、この歌を使ったのだが
私もこの歌が大好きで
初めてこの歌を聴いたときは
何日もこの歌だけ
朝から晩まで聞いていた。

美しくせつなくキューンと
胸の痛くなる。日本アニメーションの
世界に誇る一つではないだろうかと
私は、今、勝手に思い込んでいる。

ちなみに秒速5センチメートルとは
桜の花びらが地面に向かって
落ちる速度だと云う。

このタイトルだけでも
やられた。ギブアップだ。

借りるのでなく
買って時々観たい映画だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2月1日 手紙の書き方

今日から一ヶ月。
手紙を書く時は
こんな言葉で始めればいい。

「春寒の候、立春の候、残寒の候、
 晩冬の候、余寒のみぎり、
 初午、節分、寒明け、雪解け道、
 梅のつぼみもふくらみ、春まだ浅きころ、
 春の訪れを思わせる」

私は筆まめだ。
ぱっと手紙を書く。

たとえば何かの折に写真を撮ると
なるべくはすぐに現像して
送ってあげる。

人生のすべての瞬間は
特別であるけれど
せめて写真に留めた瞬間だけでも
大切にし分かち合いたい。

と、いいこと言っているが
知人や友人に、まめだとか
しっかりしてるとか思われたい
だけなのかもしれない。

まぁ、動機とかどうでもいい。
人の本心も本性も
自分も人も解りはしない。

だから、大切なのは
その行動や行為のもたらす事の
良し悪しだけでいいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »