« 自分の不幸にしっかり責任を持とう! | トップページ | 東日本大震災、被災地の今は? »

1964年

私は5歳になっていた。

北ベトナムのトンキン湾で
北ベトナム軍の哨戒艇が
アメリカ海軍の駆逐艦に
2発の魚雷を発射したとされる事件勃発。
これをきっかけにアメリカは
本格的にベトナム戦争に介入、
北爆を開始した。

この年、日本でオリンピック
第18回オリンピック東京大会
が開催された。

私は中古の白黒テレビで
人形劇「ひょこりひょうたん島」と
アニメ「トムとジェリー」に首っ丈。

私はトムとジェリーの声マネをし
兄や姉、母親に聞かせ
そっくりだと褒められては
調子こいていた。
一日に何どもやっていた。
みんな飽きてたと思う。

この年お腹の大きかった母親から
春の日、4月に
赤ちゃんが生まれた。
男の子だった。
弟の誕生だ。

6歳、7歳と私は5つ離れた弟を
1歳、2歳とおんぶ紐でよくおんぶした。

金具の付いた黄緑色のおんぶ紐。

家の前の路地を抜けて
道路に出ると、今は下水になって
ほとんど街中に無いが
堰というか小さなどぶ川があって
私はそこがお気に入りでよく
その側で弟をおぶりながら
そのどぶ川の水面を見ながら
歌を歌ったり、話も出来ない弟を相手に
笑わせようと変な声を出したり
なんか一人でふざけていた。

あの頃の私には人間というもの、
弟というものがよくわからないで、
動くおもちゃのように面白く
かわいい犬コロかなんかのペットのように
可愛がっていたのだと思う。

都はるみが唸りながら「アンコ椿は恋の花」を
大ヒットさせ、「幸せなら手をたたこう」が
大流行した。

みんなが照れずに幸せを求め
目指していた古き良き時代だ。

1971年6月ニューヨーク・タイムズのニール・シーハン記者が、
報告書『ベトナムにおける政策決定の歴史、1945年-1968年』
こと“ペンタゴン・ペーパーズ”を入手、トンキン湾事件は
アメリカが仕組んだものだったことを暴露した。

|

« 自分の不幸にしっかり責任を持とう! | トップページ | 東日本大震災、被災地の今は? »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1964年:

« 自分の不幸にしっかり責任を持とう! | トップページ | 東日本大震災、被災地の今は? »