« 自分の夢の前に立ちはだかるもの | トップページ | 1964年 »

自分の不幸にしっかり責任を持とう!

何はともあれ、何をおいても
自分の不幸にだけは
しっかりと責任を持とう。
楽しくない心とその生活
不機嫌な心とその生活に
100%の責任を持とう。

もちろん
楽しくない人、不機嫌な人とは
自分のその楽しくない原因
その不機嫌な原因を
深層で何かのせい
誰かのせいにしているから
楽しくなく不機嫌なわけであって、
私は矛盾したこと、背反事象を
言っているわけだが

それでも、やっぱり

自分の不幸に責任を持とう。
楽しくない心とその生活
不機嫌な心とその生活に
100%の責任を持とう

と言いたい。

わかりやすい事例を一つ言っておこう。

同じ出来事が起きても
あるいは同じことを言っても
まったく不快にも
不機嫌にもならない人もいれば
腹煮えくり返り手足が振るえ
血圧200を越えんが人もいるわけで

出来事自体が不幸や不快を作っているのでなく
各自がその各自の持っている
心、感情、人格のシステムが
不快をつくり憎しみや悲しみをつくり
不幸を作っているのである。

だから幸せになりたければ
楽しく生きたければ
世界を変えようとか、
楽しいことがいっぱいあるというパラダイス
を求めて旅をしたり
今生きて暮らしているそこを逃亡したりせずに

出来事、人と向き合い
それを受容、受信する
自分のシステム変更を早急に
プログラミングすることだ。

この星での
この人生を少しでも長く多く
楽しく幸せに生きるため。

|

« 自分の夢の前に立ちはだかるもの | トップページ | 1964年 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の不幸にしっかり責任を持とう!:

« 自分の夢の前に立ちはだかるもの | トップページ | 1964年 »