« 大船渡へ。松田十刻著「ホタテの神さま」出版記念祝賀会 | トップページ | 春、いよいよ社会に旅立ち、自分の人生の創造開始。 »

「自分を褒める」効用

自画自賛
ナルシズム
うぬぼれや自慢話さえも

自己否定や
自己卑下の話を聞くより
ましだ。

耐えられる。

いづれ

自分で自分を
誰にも知られない所で
褒めるのは
誰にも迷惑をかけない。

著書も多数出し著名な
精神科医の保坂隆氏も
朝、晩、自分のいいところを
声を出して自分で自分を褒めることを
勧めている。

心の病は
大方、自己否定から来る
この世界否定や、人生否定だ。

自分のいいところをよく考えて
気づく、引き出す、意識してあげる。

自分にないものばかり気になり
目に付くというクセを廃し
自分にあるものに気づく
それに目を向けるという行為を思考を
意志を持って意図して行うことが
大切だ。

生的エネルギーはそこから
かなり充電される。

湧水のように溢れ出す。

ほんの小さな自分のいいところ
自分の持っているものへの気づきや
発見は、意外にもやがて
自分の全存在肯定に
繋がっていく。

しあわせな人生が
創造的な人生が
意思的な人生が
開始される。

|

« 大船渡へ。松田十刻著「ホタテの神さま」出版記念祝賀会 | トップページ | 春、いよいよ社会に旅立ち、自分の人生の創造開始。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自分を褒める」効用:

« 大船渡へ。松田十刻著「ホタテの神さま」出版記念祝賀会 | トップページ | 春、いよいよ社会に旅立ち、自分の人生の創造開始。 »