« 「大宮政郎展」東和町、萬鉄五郎記念美術館。 | トップページ | 今日の英語のお勉強「better」 »

「街はアトリエ」尾崎行彦著

尾崎さんは大学の先輩、奥さんは同級生。
仙台でアートスクール、
ギャラリー、スタジオを経営。

Dscf7194_2今や、全国的に有名になった
定禅寺ストリートジャズフェステバル
その形が出来ていくまでのドラマは
感動ものだった。

絵画指導をする人間の
覚悟や努力、精進のすべてが
本当にただただ敬服、感服
様々勉強になり、様々に
未来にインスピレーションを
頂いた。

この本に出会ったことは
幸運であった。

定禅寺ストリートジャズフェステバル
あのヒゲの委員長(実は画家)が本を書いた!

著者は画家・版画家。
定禅寺ストリートジャズフェステバルの
実行委員長を務め、説教させてよ!と開いた
「おやじカフェ」に多くの若者を集めた。
街に絵筆をふるうには?
画家として生きるには?
街で絵を教え、
ギャラリーを運営するには?
「内幕と哲学」を詰め込んだ愉快な1冊。

定価987円<本体940円>
発行・メディアデザイン
発売・有限会社本の森

<書籍の帯コピーより>

|

« 「大宮政郎展」東和町、萬鉄五郎記念美術館。 | トップページ | 今日の英語のお勉強「better」 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「街はアトリエ」尾崎行彦著:

« 「大宮政郎展」東和町、萬鉄五郎記念美術館。 | トップページ | 今日の英語のお勉強「better」 »