« 沖縄から友達来たり | トップページ | 本を借り、ランチを食べ、本を買い、スタジオへ。 »

生まれて初めて酔っぱらいのようにアトリエの玄関に眠る

ブラジル対日本戦。
世紀の番狂わせ
勝ちに行くと言っていた日本だが
3対0。
前回のマッチでは4対0なので
点数的に少々良くなったと言えるだろうか?
しかし、フィジカル・テクニック・雰囲気と
学生とプロの戦いの様で
プロ同志という感じの試合ではなかった。
試合数日後、インテル長友自身言っているので
実感としてそうだったのだろう。

この深夜というか早朝の
サッカー観戦が利いた。

この日は、連続の二つの肉体労働。
「梅沢空世絵画展」
大きな会場での、大きな作品の
展示会の搬出。

寺山修司「星の王子さま」の
舞台仕込み。

どちらも会場の時間の関係上
休む暇もなく駆け足での
作業だった。

10時半にアトリエの玄関を開ける。
靴を脱ぐ、そのまま床に寝る。
目覚める事、12:00
一時間半、熟睡。いい眠りだった。
疲れたといっても、初めての体験。
睡眠不足で二つの大仕事は
さすがキツイお年になってきた。

|

« 沖縄から友達来たり | トップページ | 本を借り、ランチを食べ、本を買い、スタジオへ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生まれて初めて酔っぱらいのようにアトリエの玄関に眠る:

« 沖縄から友達来たり | トップページ | 本を借り、ランチを食べ、本を買い、スタジオへ。 »