« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

しあわせなあなたへ

あなたは

最高に好きな人がいますか?

最高に尊敬できる人がいますか?

いたら、あなたは
誰になんと言われようが

ブスとか、不細工とか
貧乏人とか、アホとか
バカと言われようが
最高の幸せものです。

あなたは

その最高に好きな人に
あなたがなりなさい。

その最高に尊敬できるその人に
あなたが自身がなりなさい。

あなたがそうなる
そうなるための努力と挑戦の日々を
その現実の生活の具体的な場面場面で
過ごすだけで、あなたの人生は
エキサイティングになり
別物になり、楽しくて
たまらないもになる。

人生で、この世界で
大好きな人がいる
心から尊敬できる人がいると言うのは
ダイヤ10個、金の延べ棒100本
各種資格証10枚、マンション1部屋、
別荘1棟持っていることより
さらに数倍、数十倍
本当にステキなことなんだ。
本当に幸せなことなんだ。

大好きな人、心から尊敬できる人がいるけど
マンションの方がいいとか、金の延べ棒100枚と
言わずとも50枚の方が言いなんていわないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもと大人の違い

感情のコントロールができるのが大人
感情のコントロールが出来ない人が子ども

怒りたい時に怒りたいように
怒りたいくらい怒るのが子ども。

怒りたい時に笑える
怒りたい時に理路整然と語れるのが大人。

気持ちが乗らないと
だらだらし行動できない、しないのが子ども。
気持ちが乗らなくても
行動できるシステムを持ち
一定以上のクオリティーある仕事
結果を残し行動出来るのが大人。

欲しい衝動を抑えられず
駄々をこねたり無理をするのが子ども。
欲しいものの最善最高な手に入れ方を
状況に合わせて策定し行動できるのが大人。

勝つことしか出来ず
負けてあげることができないのが子ども。
自ら2番になることも
びりになることもできる
譲ることができるのが大人。

私は、子供か?大人か?
あなたは大人になれてますか?
それとも体の大きな年だけ取った子どもですか?

大人は

悲しい時、微笑むことが出来
苦しい時も、いらいらしない。
やつあたりしない、言葉が険しくならない。

辛い時でも、心のバランスを取り
精一杯頭を整理しながら
誰かのために何かをして上げられる。

つまらない時、つまらないと
そこを立ち去るのでなく
そこを楽しくすることに
頭を使い心を砕くことができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「優しい」とは「優れる」とも読む。

優しいというのは
優れていること
優れていなければ
出来ないことである。

何が優れているか
脳が優れている。

その人の
その行為の
その状況の
周囲を背景を環境を想像できる

時間軸には
過去を想像し
未来を想像することができる。

つまり、空間と時間に
おいて高度な想像力
脳力が必要とされるのが
優しいということであり

よって脳として
人間として優れているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木工作品を展示に無ら里へ

Dscf0821_3                      

                          『はだかの王様』

                                 注意してくれる人
                         耳に痛い事を言ってくれる人を
                                遠ざけないこと。
                             たいせつにしなさい。
                                  空しい人生と
                                  しないために。

  

雨、落雷、ゲリラ豪雨の続く今日この頃
今日は、ぽつりぽつり午後に雨粒が
降りては来たが、南の方角の無ら里の
ある花巻に向かうにつれ入道雲見事な
青空が気持ちいい。

8月1日からの展示会で、イラストは既に
展示していたが木工作品は本日搬入。

レストランのステキな庭に羊を中心に
ストーンサークルのように日時計を作って
設置した。

Dscf0904_3 店内には、『夢に出てくる生きもの』
『はだかの王様』『ありがとう犬』の
木工オブジェ。

希望としては、いや、予定としては
お盆休み明けには、イラストも
可能な限り差し替え、
木工オブジェは追加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いつかでなく、今でしょ。」と誰かも言っている。

「この人生でいつか・・・」とか
「生きている間に一度は」とか

と思っていることを
今出来ないか?

今日や明日の予定に出来ないか
今月やここ数ヶ月や今年に
スケジュールできないか?

と、時々、考えてみる必要はある。

自分も変わっている。
状況も変化している。
世界も日進月歩
変化している。

時々、あらためて
この人生で、一度は
いつか絶対ということを
検討してみる必要がある。

それは、すでに
今から出来るかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝すること、夢見ること。

私たちは本質ケダモノだ。
歴史も今日現在の
世界の状況もその証明に
充分すぎるほどに
その証拠と事例を列挙する。

せめて

「感謝する猿」
「夢(ビジョン)見る猿」

であろう。

この猿の最後の砦
せめての死守すべき
感謝の心と夢見る脳だ。

この二つで
人と言う猿は猿なりに
自分の生命活動を
しあわせに出来るよう
プログラムされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「数秒で問題が解決、あるいは問題自体が消滅すること」もある。

ものスゴイ問題も
長く自分を苦しめて来た問題、課題も
瞬時に、数十秒で解決できるものもあれば
出来る時もあることは、たえず
それらの問題と向き合う時
頭に入れて置かねばならない。

「そんな、簡単じゃない。」
「人生、そんなに甘くない。」
などとばかり言い続け
信じ続けてばかりではいけない。

問題を固定化、固着化すること
問題に対する自分の向き合い方の固定化をさけ
たえず、多角的に、近づいたり俯瞰したり
斜めから観たり、後ろからみたり
「問題」と思っていたことが
裏から見たらなんとその正体が「しあわせ」
だったりもするのだ。

人は意外と悩みたがる。
苦しみたがる。
楽しく生きていくいき方と
誰でもない、この自分の
楽しい人生というものの
ビジョンがモデルが見えないからだ。

人生が、いつまでも難しいままがいいのか
問題・課題が簡単に解決してしまっても
何も悪くない、いいのではないか?

深層で寂しいのだろうか?
解決した後の自分の生き方
生活の仕方、やる事が
思いつかないのか?

楽しくない問題、課題など
一秒でも早く解決して
受動的、苦悩の日々から
能動的な充実した苦労の日々に
人生を早く早くシフトしよう。

肝心なのは

問題は解決させることが出来るか
どうかではなく、私たちがその問題に対して
自分の現状、能力で出来る
最善の行動選択をするこことと
その実行である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの安比高原。記憶は頼りない。

私のアトリエに通うメンバーが
安比でペンションをやってもいて
行こう、行こうといつも思いつつ
随分と構えていた。

西根までは近い。
というか抵抗がない。

ないというのも、私が大学卒業後
この田園地帯の西根で一年間
教員をやり住み通いなれているのもあるし
実際、物理的にさほど遠くはない。

しかし、西根から安比までは
随分あると脳が間違った記憶を
データー化していた。

随分と近い。

10~15分も国道286号線を
真っ直ぐ走るとあっと言う間に
安比高原に着いた。

広大で見晴らしのいい安比グランドホテル前の
駐車場では、地元の高校の吹奏楽部の
生徒たちが岩手山にこだまさせながら
練習をしていた。のどかだ。

先週の作品展の作品を返し
記録レジメを渡し、少々
生き帰りの山道で、木片や古木を
拾って帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナチュラルナに自分をよく変える方法

「深く認める」ことは
修得です。

自分が、そうする
頑張って近づくとか
真似る、手本にするなどという
頑張りは必要ありません。

自分は、まずはどうあれ
どうしようがお構いなし
考えない。

ただ、自分の親、兄弟、親戚で
友人、知人で、あるいは職場で
何らかの自分の関わる組織・団体の
先輩、後輩、同輩、同志で
はたまた、広げてしまうなら
第二段階、第二グループとして
テレビ雑誌や書籍で
目にする著名人や歴史上の人物までの
名前とその人の、素晴しいところ
尊敬でき、憧れ、魅力を感じ
ときめくところを、思いつくままに
ノートに箇条書きしましょう。

ただただ、素晴しいな、ステキだな、かっこいいな
えらいな、しびれるな、尊敬するなと
楽しい気分で大らかな気分で
みんなのいいところを気まぐれに
書き出せばいいのです。

ノートの表紙には、たとえば

「私のまわりの、この星の素晴しい人たち
 ステキな人たちノート」

とでも太マジックで書こう。

あなたは、結局、認め文字に書き表したことで
ほとんど書くごとに瞬時に体得するか
この近い将来、半年から2,3年のうち
少なくても生きている間に、そのほとんど全てを
体得、修得、体現するだろう。

それが、認識と脳と
世界あるいは宇宙と自分の
関係なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナカムラユウコウの木工オブジェとイラスト展

雨降る中、花巻は
ギャラリー・レストラン
「無ら里」(ぶらり)に行ってきた。

8月1日より一ヶ月ここで
私のイラストと木工オブジェの
作品展をする。

木工は初めて。
6月の寺山修司の舞台美術で
古木で羊のオブジェを
作って味を占めた。

童心に帰っての制作は
楽しい。

設計図も企画書もない。
あっても一枚の全体像の
ラフスケッチか、頭の中ノートに。
全ては行き当たりばったりで
木片の形に反応して
オブジェを作っていく。

今日は主にイラストの搬入。
28日に木工オブジェのほとんどを
持っていく。

無ら里のランチはやはり美味しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝7時のお墓の散歩

友人の父が死んだ。
お墓を作りたいと言う。

書家の字ではなく
絵描きの字を墓に彫りたいと言う。
私は恐縮したが、友人は
やがて自分も入る墓だから
是非に私に文字を書いて欲しい
デザインして欲しいという。

それでは
なんといっても、まずはお墓を立てる
場所をまず見ておきたいと思い
今朝、二人で墓地までお散歩。

盛岡の町を見下ろす高台
ロケーションのいい場所だ。

○○家というのは小さく
一文字大きく墓石に彫る。

その一文字は「宙」(ソラ)

いい文字だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌で食い、食い続けていく、たいへんそう!

Dscf0543 調べ物があって
大学の図書館に行く。

昼休み、中央学生食堂付近で
大音量で音楽が流れている。

ライブだった。

学生かと思ったが
その歌唱力と器量の良さで
彼女たちのMCを聞くまでもなく
すぐプロと解った。

市内のライブハウスでの
コンサートへの客の呼び込み
アピールだった。

開催都市の大学構内に
ミニライブまでして集客に
一生懸命なんだと
感心した。

歌で食ってくこと
食い続けて行くのも
たいへんそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欅裕子展開催21(日)~26(金)まで

Img7241221070001 私のアトリエに通っているメンバーです。
素晴しい作品が目白押しに展示されていますので
是非、観に行ってあげてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

挑戦すること。

数日前に書いた
小さな紙片のメモが
パラリと読みかけの
文庫本から落ちる。

テレビを見てのメモだ。

TV「向井理 夢の扉 」
100万くらいで宇宙を飛ぶ
飛行機 スペースプレーンを
夢見て九州工業大学の
川口真一郎先生とその
学生たちのドキュメント。

感動した。

川口氏は言う。

「技術より根性 」

最終的には
なんでもそうかもしれない。

さらに、名言は続く

「挑戦しないものに失敗はない、
 しかし、成功もない。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一瞬でちっぽけなもの、永遠で巨大なもの

なんと、実は、あなたは

この世界、この宇宙で
最も取るに足らない
どうでもいいいもの

しかも一瞬でちっぽけで

だから

あなたがあなたを大切にしなければ
ならない。

100%あなたが
あなたに関して
責任を持って
あなたを楽しく
生きさせ存在させよう。

一瞬でちっぽけなあなたを
あなたが自らの内側
あなた側から永遠にし
巨大にするのだ。

秘密を話そう。

「一瞬でちっぽけなあなたを
 永遠で巨大にすることが出来るのは
 神様でもなく、この宇宙であなただけなのだ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の中でも、話すことは同じ。

目覚めた時、夢の内容を
こんなはっきり覚えているとは
随分珍しい。

夢の中では、何か
大きなホテルの宴会場で
料理を前に百人程度の方がいて
昨日終えたアートクラブONTP
作品展の打ち上げをしていた。
出品者、メンバーは13名だというのに
いったいその他のたくさんの方たちは
誰だったのだろう。
私は、なぜか、その席上
料理を前に、語っていた。

夢でもやはり、あいかわらず
いつも話していること
書いている事を語っているものだ。

     ●

人生は選択です。
自由に、自分の今の力や
状況など関係なく
自分のしたいことや理想から
自分の未来をデザインし
今日の行動を選択し
実行することです。

しかし、ただ
人生には時間の制約があり
実は思いのほか短い。

それを考えなければならない。

だから、2番目、3番目でなく
1番目のことに直球勝負で行こう。

なぜなら
そのたった一つの一番目のことに
直進突進、最短距離で行っても
時間は足りない。

しかも、以前、私が出会った
カミサマはおっしゃっていた。

「人生にはいくつも
 不思議な仕掛け
 粋な仕掛けがあって
 本気でたった一つの
 ただ一つのこと、
 心の一番のことに向かった時、
 本当の人生が始まり
 その一番目の一つに
 心一つに人生と生活を集中すると 
 やがて全てを手に入れるという仕組みが
 仕掛けられている。」

ともどもに一番大好きなこと
一番したいことに、これからの人生
今日からの日々をスタートしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「願いごと」との向き合い方、対処法。

自分の願い事を、
はっきりする、書き出すことで
実現の可能性とそのスピードは増す。

なんでも、一度、書いてみよう。

そういう願いを持つ
持っている自分と
その願いに対する自分の人生の
今の有り様も確認してみよう。

特に魅力のある願いを
取り出してみよう。

そして、その願い実現のため
今の自分、今の生活、今の自分の力で
出来ることを3つ考えよう。

そして、その3つを
あるいは、その1つか2つを
今日から、たった今から
手をつけ、つばをつけ
開始しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のパン屋tuk-tuk移転。

Dscf9680 古木を集めに朝、森に行く。

美味しい小岩井農場近くの
Dscf9681 森の中のパン屋さんtuk-tukが
盛岡の駅後ろの本宮地区に
移転していた。

美味しいドイツ系統パンと
水出しコーヒーがうまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きとういこと、的を絞るということ。

「好きにかけては負けてたまるか。
 誰が、どう思おうと
 こんな人生が楽しい。」

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で
圧倒的なクオリティのフィギュアを
作る心優しいおたくおじさんこと
模型会社社長・宮脇修一さん56歳の言葉。

突き詰めたものにこそ、魅力は宿る
「マニアがうなる模型会社
知る人ぞ知るニッポンの匠」
幾多の苦難、誹謗中傷を
越えての売上24億円の
会社を経営。

感動の番組でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回O・N・T・P作品展の私の出品作品

Dscf0476_2現在も存続運営しているN・T・P
ナカムラ・トータル・プランニングの頭文字。
その、OB&OGの展示会。
私のアトリエに来て絵を描いている
現役のメンバーは、個展をしている。
私の今回の出品は3点。

1.「人は皆、私という美しい花」
2.書籍、松田十刻「ホタテの神さま」
  の装丁の裏表紙の帆立貝
3.木工オブジェ

尚、女の子二人は、作品ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回O・N・T・P開催~15日(月)祝日まで

Middle_1373559605_2今日は、搬入。
それぞれ独自の世界で
バリエーションに富んだ
作品展になりそうだ。

私も、今回は木工によるオブジェの
立体作品を出している。

是非、お時間ある方は
ご来場ください。

DM上が代表の木田さんの作品。下が私のイラスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲惨な日本人移民の実話の物語「汚れた心」

200いや~。久しぶりに
救いのない悲惨な映画を
観た。

しかし、歴史の事実として
歴史を学ぶ意味において
観る価値はあるだろう。

だが、しかし

第二次世界大戦後に
ブラジル日系移民同士に
こんな悲惨な抗争、殺し合いが
あったなんて悲しすぎる。

人間が狂う可能性と
人類の愚かさ、悲しさ
そして戦争の悲惨さに
深くめいる。

めいりやすい人
今、ちょっと元気ない人には
お勧めできない。

元気な人は見てください。
伊原剛志主演、常盤貴子が
熱演、実力出している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生の迷い、進路の決定

今日のお昼は
明日、東京に向かい
明後日にはカナダに向かう
教え子と壮行会としてのランチ。

音大で声楽をやっていたが
少し声楽からは離れて
カナダで英語を修得し
見聞を広げたいとのこと。

時に人は、若い時には
あるいは、何かを物にする過程で
どっぷりつかっていたものから
離れることも必要な状況も
あるかもしれない。

本当に好きなのか
他にもっと楽しく情熱を
傾けられることがあるかと
人生の初めから
3分の1くらいまでのところでは
特に検討が必要
かもしれない。

そして3分の1を使って
その実現に向け精進し
3分の1でその展開をし
発展させて自分の一生
人生とする。

私はバンクーバーで
個展を開催したことがある。
バンクーバーのことを
魚に楽しいランチをした。

バンクーバーは本当に風景は美しく
繁華な街中はクリーンで
食べ物は美味しい
素晴しいところだ。

ワシントンの大使館で
アメリカでの邦人の様々な
トラブル対応の部署にいた友人がいるので
いざという時には相談せよと
さらに、家に送りしな、親御さんとも
会話を交わし、何かあって私に
カナダに行ってほしい状況が発生したら
親が交通費を出せば
いくらでも行ってあげるという
冗談とも本気ともつかない
約束をして笑って別れた。

実際、私は、非常事態発生で
依頼を受ければ、戦闘モードに
スイッチが入り、住所を書いた小さなメモを
握り締めどこにでも行くのでは
行けるのでは・・・・と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も早朝から古木集め。

Dscf0160 知らない道走り
知らない場所を

Dscf0180 見つけるのは
とてもたのしい。

田んぼの中に
ハスの群生する所
またまた、野生の
ケシの花の咲く所を見つける。

リンゴ畑に出くわせば
今はまだ、実は小さく青い。

夏麦のオレンジ色の帯が
突然に広がったりする。

古木、集め
趣味になりそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

この世界は美しく、すばらしい人がたくさんいるこの世界はすばらしい。

たいへんなことが重なったり、
家や自分の生活が
暗くて悲しくてなんかつらい人も
そのことに耐えているだけが
自分の生活、人生にならないよう
絶えず想像力を働かせ
楽しいことを努めて考え
世界が楽しいことを
忘れないようにしよう
むりくり思い出そう。

この世界には
本当に本当に底なしに優しくて
強い人がいることを

人に気も、心も配りながらも
疲れるどころか、そのことで
ますます生命力を増し
輝く惚れ惚れする人がいることを

本当に本当に
しびれる人がいることを
そして、あなたも
しびれる人になるがいい。

あこがれの人格
みごとな人格
シビレる人格への
自己変革の闘争、創造の旅は
最もエキサイティングな
退屈なしの旅である。

この世界は美しい所も
ステキな所も、楽しい所も
たくさんあるし、そして
自分はそういうところを
知らな過ぎるし、でも
そういうところは、実際たくさん
たくさんあることを

この世界は素晴しく楽しく
そして素晴しい人もたくさん
いることを期待し
忘れないで欲しい。

この世界は素晴しいとの
思い込みが大切だ。

素晴しい人生にしようと
思った人だけが
素晴しい人生を創れるし
生きるのだという
基本原則をあらためて
再認識して今日から
生活しようね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアニスト小山 実稚恵、被災地の子ども達に音楽と夢を届ける。

P7030044 小山さんは中学の時の同窓生。
P7030015_2 岩手、宮城、その他、被災地を
精力的にボランティアで演奏して
回っている。

世界一流の演奏を小学、中学時代に
聴ける事は、すばらしい。

世界一流の人と出会い、交流することは
子ども達の未来に夢を、明るいベクトルを
与える。

すばらしいことだ。

7月3日(水) 滝沢東小学校
7月4日(木) 13:55 陸前高田市立高田小学校
7月5日(金) 13:35 洋野町立宿戸中学校
7月7日(日) 14:00 山田町中央公民館 

そして、7月9日(火)は、
岩手県民会館コンサート・サロン2013   
第187回 小山実稚恵ピアノ・リサイタル
開演18:30 会場:岩手県民会館中ホール 

小山 実稚恵(こやま みちえ )
日本の女性ピアニスト。1982年、チャイコフスキー
国際コンクール第3位、1985年、ショパン国際
ピアノコンクール第4位と、二大国際コンクール
の両方に入賞した日本人で唯一のピアニスト。

宮城県仙台市に生まれ、岩手県盛岡市で育つ。
東京芸術大学卒、同大学院修了。
6歳からピアノを始め、チャイコフスキー国際コンク
ールを受けた後に、ピアニストになることを志す。
吉田見知子、田村宏に師事。

レパートリーは古典から近・現代まで幅広く、
バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、
アルベニス、グラナドス、ファリャ、ラフマニノフ、
スクリャービン、ベルクなど。

コンチェルトのレパートリーは60曲にも及び、
国内外のオーケストラや著名指揮者とも
数多く共演を重ねている。

国際コンクールの審査員としては、第10回
チャイコフスキー国際コンクール(1994年)、
ロン=ティボー国際コンクール(2004年)、
第16回ショパン国際ピアノコンクール(2010年)
に参加している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「悟っている人」って、よくいますが、どんな人か考えてみると

悟っている人
至っている、達している人とは

深く強く高く、本当に
「自由な人」が正解でしょう。

何にも縛られず開放され
何からも自由な人。

「悟り」の英訳を「Freedom(自由)」という。

訳者という方は、一つ一つの言葉の
本質を核をきちんと研究されている
のですね、すごいですね。

違う、側面から言うと

「悟っている人」とは
深く強く高く自分の幸せを
確信している人といえます。

今だ、悟った人で不幸な人は
見た事も聞いた事もない、、、でしょ?

自己認識、世界認識、宇宙認識において
実に明快で画期的で
気持ちがよくて楽しい人たちだと予想します。

「幸せ」の確信に満ちている人の特徴は
感謝に溢れています。

悟っている人は、自由で
感謝に溢れていると
推察します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

単語「再構成」について、村上春樹と対話妄想

村上春樹「海辺のカフカ」の上巻

大島さんがカフカ少年に語る。

「愛というのは
 世界を再構築することだから
 そこにはどんなことだって
 起こりうるんだ。」

再構築。

そう、人は未来だけでなく
過去をも変えることができる。

もちろん、今は、変えられる。


自分の人生と自分の生きている世界を
まったく別ものにすることができる。
それに「愛」は有効であり、
その他の手段として
「深く強い覚悟」
「衝撃的感動」
とかも人生と世界
過去と現在と未来の
再構成を可能にする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡彫刻シンポジウム  7月13日まで

Dscf9712_2 川沿いに蔵のある街 盛岡
美しい街だ。

彩園子は蔵を改良して
ギャラリーと喫茶にした
ステキな場所だ。

今から30年以上も前になる
私の学生時代には
才能の有る、精力的な先輩は
ここで個展をし、私たちは
憧れた。

Dscf9704_3 懐かしい所だ。

しばらく行ってなかったが
今日、うちのメンバーの個展と
グループ展のDMを置きに
訪ねた。

岩手大学芸術美術専攻の
彫塑科の学生たち、OB、先生方が
中心になってギャラリーⅠ・Ⅱの
両方を使って見ごたえのある
展示会をしていた。

ギャラリーもいいし
展示も面白いのがたくさんあったので
見てください。

彩園子へのアクセス
〒020-0887 岩手県盛岡市上ノ橋町1-48 1-48
営業時間 : 10:00~19:00 ○定休日 : 日曜
○交通手段 : JR東北新幹線盛岡 駅から
岩手県交通盛岡都心循環バスでんでんむし
右回りで15分、上の橋下車、徒歩3 分 ..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒツジはお散歩。ヒツジとお散歩。

Dscf0093 今日、目覚めたら
アトリエの看板前に
座らせていたヒツジが
いなくなっていた。

天気もいいので
散歩にでも出かけたのだろう。

6月の寺山修司演劇祭で
作った舞台美術の木工オブジェの
ヒツジ君だ。

見つけました。

取り壊しの古いアパートの
空き地の草の中
風に吹かれて気持ちよさそうに
日向ぼっこをしてました。

「散歩がすきなの?」
「どこか行きたい?」

ということで、私たちは
手をつなぎ

ーお手手、つないで、野道を行けーば~ー

Dscf9891 と歌いながら野道ではなく
街中を通り抜けて
川原まで行った。

記念撮影、パチリ。

近々、恋人やお友達を作って
あげなくちゃ。

ということで、8月1日より1ヶ月
花巻の「カフェレストラン無ら里」で
ナカムラユウコウの木工オブジェと
イラスト展、開催の運びとなりました。

よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備すること

本番に強い人がいる

でも準備は
しっかりすることだ。

不確定要素はなるべく入れない。
運任せは、弱さでしかない。
甘さであり無責任さに通じる。

まずは、
準備万端にしてこそ
本番の緊張感が程よくプラスされて
実力以上、練習以上
想定以上の力が発揮され
時にミラクルな状況も生まれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »