« 「優しい」とは「優れる」とも読む。 | トップページ | しあわせなあなたへ »

子どもと大人の違い

感情のコントロールができるのが大人
感情のコントロールが出来ない人が子ども

怒りたい時に怒りたいように
怒りたいくらい怒るのが子ども。

怒りたい時に笑える
怒りたい時に理路整然と語れるのが大人。

気持ちが乗らないと
だらだらし行動できない、しないのが子ども。
気持ちが乗らなくても
行動できるシステムを持ち
一定以上のクオリティーある仕事
結果を残し行動出来るのが大人。

欲しい衝動を抑えられず
駄々をこねたり無理をするのが子ども。
欲しいものの最善最高な手に入れ方を
状況に合わせて策定し行動できるのが大人。

勝つことしか出来ず
負けてあげることができないのが子ども。
自ら2番になることも
びりになることもできる
譲ることができるのが大人。

私は、子供か?大人か?
あなたは大人になれてますか?
それとも体の大きな年だけ取った子どもですか?

大人は

悲しい時、微笑むことが出来
苦しい時も、いらいらしない。
やつあたりしない、言葉が険しくならない。

辛い時でも、心のバランスを取り
精一杯頭を整理しながら
誰かのために何かをして上げられる。

つまらない時、つまらないと
そこを立ち去るのでなく
そこを楽しくすることに
頭を使い心を砕くことができる。

|

« 「優しい」とは「優れる」とも読む。 | トップページ | しあわせなあなたへ »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもと大人の違い:

« 「優しい」とは「優れる」とも読む。 | トップページ | しあわせなあなたへ »