« 単語「再構成」について、村上春樹と対話妄想 | トップページ | ピアニスト小山 実稚恵、被災地の子ども達に音楽と夢を届ける。 »

「悟っている人」って、よくいますが、どんな人か考えてみると

悟っている人
至っている、達している人とは

深く強く高く、本当に
「自由な人」が正解でしょう。

何にも縛られず開放され
何からも自由な人。

「悟り」の英訳を「Freedom(自由)」という。

訳者という方は、一つ一つの言葉の
本質を核をきちんと研究されている
のですね、すごいですね。

違う、側面から言うと

「悟っている人」とは
深く強く高く自分の幸せを
確信している人といえます。

今だ、悟った人で不幸な人は
見た事も聞いた事もない、、、でしょ?

自己認識、世界認識、宇宙認識において
実に明快で画期的で
気持ちがよくて楽しい人たちだと予想します。

「幸せ」の確信に満ちている人の特徴は
感謝に溢れています。

悟っている人は、自由で
感謝に溢れていると
推察します。

|

« 単語「再構成」について、村上春樹と対話妄想 | トップページ | ピアニスト小山 実稚恵、被災地の子ども達に音楽と夢を届ける。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「悟っている人」って、よくいますが、どんな人か考えてみると:

« 単語「再構成」について、村上春樹と対話妄想 | トップページ | ピアニスト小山 実稚恵、被災地の子ども達に音楽と夢を届ける。 »