« ナカムラユウコウの木工オブジェとイラスト展 | トップページ | 久しぶりの安比高原。記憶は頼りない。 »

ナチュラルナに自分をよく変える方法

「深く認める」ことは
修得です。

自分が、そうする
頑張って近づくとか
真似る、手本にするなどという
頑張りは必要ありません。

自分は、まずはどうあれ
どうしようがお構いなし
考えない。

ただ、自分の親、兄弟、親戚で
友人、知人で、あるいは職場で
何らかの自分の関わる組織・団体の
先輩、後輩、同輩、同志で
はたまた、広げてしまうなら
第二段階、第二グループとして
テレビ雑誌や書籍で
目にする著名人や歴史上の人物までの
名前とその人の、素晴しいところ
尊敬でき、憧れ、魅力を感じ
ときめくところを、思いつくままに
ノートに箇条書きしましょう。

ただただ、素晴しいな、ステキだな、かっこいいな
えらいな、しびれるな、尊敬するなと
楽しい気分で大らかな気分で
みんなのいいところを気まぐれに
書き出せばいいのです。

ノートの表紙には、たとえば

「私のまわりの、この星の素晴しい人たち
 ステキな人たちノート」

とでも太マジックで書こう。

あなたは、結局、認め文字に書き表したことで
ほとんど書くごとに瞬時に体得するか
この近い将来、半年から2,3年のうち
少なくても生きている間に、そのほとんど全てを
体得、修得、体現するだろう。

それが、認識と脳と
世界あるいは宇宙と自分の
関係なんだ。

|

« ナカムラユウコウの木工オブジェとイラスト展 | トップページ | 久しぶりの安比高原。記憶は頼りない。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナチュラルナに自分をよく変える方法:

« ナカムラユウコウの木工オブジェとイラスト展 | トップページ | 久しぶりの安比高原。記憶は頼りない。 »