« 億万長者はぶらりと「無ら里」へ | トップページ | 居住環境 »

「夏の終わり」という小説、「夏の終わりと」という映画

O0600085012517449695 テレビで瀬戸内寂聴さんが出ていた。
400近くの著作の中で一番が
この「夏の終わり」という
小説だと言う。

この小説に忠実な映画「夏の終わり」が
満島ひかり主演で8月31日に全国公開。

今、若手女優の演技派ナンバーワンの
満島ひかりが小林薫演じる年上作家との不倫
今や主婦から若い女性層まで絶大なる人気の
綾野剛演じる年下の男との愛欲にも満たされぬ
業深き女の人生を演じきる。

楽しみな作品だ。

瀬戸内さんが400にも及ぶ自分の作品の中で
一番よく、他のものはそれを越えようとして書いたが
結局越えられなかったという作品だというので
読まないわけには行かない。

Image_4さっそく、本屋へ直行。
新潮文庫430円。
映画にもなっているので棚ではなく
文庫にも関わらず平済みで
店頭に置かれていた。

|

« 億万長者はぶらりと「無ら里」へ | トップページ | 居住環境 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夏の終わり」という小説、「夏の終わりと」という映画:

« 億万長者はぶらりと「無ら里」へ | トップページ | 居住環境 »